膀胱がんぼうこうがん

カテゴリ
尿路の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

膀胱がんとは

膀胱がんとは、膀胱に起こる悪性腫瘍です。女性より男性に多く見られます。
筋層に達していない表在性膀胱がんで経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)によって治療が行われます。再発の可能性が高い時にはBCGや抗がん剤の注入療法が併用されます。筋層を超えて進んでいる浸潤性膀胱がんでは病期により手術や抗がん剤治療などが行われます。

膀胱がんの症状

膀胱がんに多い症状は、無症候性肉眼的血尿です。
無症候性肉眼的血尿と判断された人の13~28%の人が膀胱がんと診断されています。膀胱がんを疑う初期症状の一つで、頻尿や残尿感などの膀胱刺激症状を感じる人もいます。

表在性膀胱がんの場合は、内腔にカリフラワーのように癌が大きくなります。膀胱壁への浸透はないため、命にかかわるほどの疾患ではありません。膀胱がんになった人の約7割がこの表在性膀胱がんです。再発を繰り返す特徴があるため、注意が必要です。
浸透性膀胱がんの場合は、膀胱壁に浸透しているため、リンパ節や他の臓器に早い段階で転移しやすい上、進行も早いです。

膀胱がんの原因

膀胱がんの決定的な原因は喫煙で、膀胱がん患者のうち男性は50%以上、女性は約30%が喫煙によって発症したとされています。また、ナフチルアミンやアミノビフェニルなどの職業性暴露も、発症のリスク要因とされています。発展途上国では、ビルハルツ住血吸虫症が主な発症要因です。

なお、非喫煙者でも、カフェインを過剰に摂取すると、発症リスクが高まることが確認されています。特にコーヒーの摂取が膀胱がんリスクを高めています。カフェインの摂取によって細胞周期やアポトーシスが乱れることで、発がんを促します。非喫煙者の方が、喫煙者に比べて尿中のカフェインが多く、カフェインの消失がゆっくりなことが確認されています。

膀胱がんの治療法

喫煙者は非喫煙者の2~4倍膀胱がんが発生する可能性が高いため、禁煙が予防につながります。

治療法は外科的治療や放射線療法、化学療法や膀胱内注入療法があります。
外科的治療は、経尿道的膀胱腫瘍切除術や膀胱全摘除術です。膀胱の摘出後には、膀胱の代わりを再建する施術を行います。
放射線療法は放射線によってがん細胞を死滅させ、がんを治したりがんによる症状をコントロールしたりする効果があります。
化学療法には2種類以上の抗がん剤を使用します。膀胱内注入療法には、BCGや抗がん剤を膀胱内に注入します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください