神経調節性失神しんけいちょうせつせいしっしん

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

神経調節性失神とは

神経調節性失神は、神経の反射によって引き起こされる失神(一時的な意識消失)です。
失神の原因が心血管系や脳疾患でなく、排尿や咳、食後など特定の状況で発症するもの、精神的なストレスで発症するものなどの総称です。
原因のよくわからない失神は、ほとんどがこの神経調節性失神だと考えられ、いわゆる「脳貧血」もこれに該当します。
幅広い年齢層に現れる疾患ですが、どちらかといえば若年層に出やすく、女性のほうが発症しやすいという傾向があります。

神経調節性失神の症状

神経調節性失神の症状は、一般的な失神と同じように、意識を一時的に失うものです。前駆症状として、気分の悪さや吐き気、動悸、多量の発汗などが認められます。これを我慢していると、次第に目のかすみやめまいなどが現れ、やがて顔面蒼白となり、意識を失って倒れてしまいます。
  
神経調節性失神が発症するシチュエーションとして特に多いのは、長時間立ち続けているときです。満員電車で長時間立ち続けている女性が急に気分を悪くして失神してしまうというケースは、神経調節性失神の典型的症例です。

神経調節性失神の原因

一般的な失神の原因は脳に血液の供給が減少することですが、神経調節性失神の場合には、自律神経の作用によって脳血流が減少してしまうことで起きるものです。長時間同じ体勢をしていると血液の循環が悪くなります。
  
すると、体の中のメカノ受容体と呼ばれる部位が中枢神経に働きかけ、交感神経の活動を抑制し、副交感神経の活動を活発化させようとします。その結果、血圧低下や心拍数の低下などが起こり、失神に至るのだと考えられています。失神の引き金としては、脱水症状や発熱、疼痛、飲酒、排尿などがあります。

神経調節性失神の治療法

神経調節性疾患を予防するには、生活に気をつけて神経系の動きを正常にすることが大切です。まずは、長時間立ち続けることを避けることが大切です。十分な睡眠をとって、適度な運動をするようにするとよいでしょう。
  
そして、定期的な水分補給を心掛けることも不可欠です。血圧に問題のない人であれば、塩分の補給も血流の促進に有効です。特に夏は、発汗や排尿などで脱水状態を招くことが多いため、一度でもこの失神を経験したことのある人は重点的に水分補給をすべきです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください