歯周炎ししゅうえん

カテゴリ
歯・歯肉の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

歯周炎とは

歯周炎とは歯周病の一種で、歯肉以外の組織にまで炎症が広がった状態のことです(歯肉炎が進行すると歯周炎になります)。歯周炎が続くと歯の周囲の組織が次第に破壊されていき、最後には歯を抜かなければならなくなります。日本では、長寿化や残存歯数の増加などにより、歯周炎の患者数も増えています。

歯周炎の症状

歯周炎はまず、歯肉炎として発症します。当初歯肉だけだった炎症の範囲が次第に歯を支えている歯槽骨など歯周組織にまで広がってくると、歯がぐらぐらしたり食べ物が噛みにくくなったりといった自覚症状が現れます。これが歯周炎です。
   
やがて、噛み合わせの際に痛みを生じるようにもなります。さらに歯周炎が進行すると、激しい痛みが出たり、歯の周囲が腫れやすくなったり、出血しやすくなったり、口臭が出たりといった症状が見られるようになります。処置が遅れると、歯を保つことが不可能になり、抜かなければならなくなります。
  
非常に多くの人が感染する病気であり、働き盛りの中高年では8割が罹患しているといわれます。歯がある限り誰も無縁ではありません。

歯周炎の原因

歯周炎の原因はいくつかありますが、多くはプラーク(歯垢)によるものおよびプラークと何かの複合的な理由によるものです。デンタルケアが不充分であったり、噛み合わせが悪かったりなどすると歯周炎のリスクは高まります。
  
しかし、プラークの一切関与しないタイプの歯周炎もあります。また、歯周炎の発症には個人の因子による部分も大きく、発症頻度や進行速度も個人差が非常に大きい病気です。環境的因子としては、糖尿病患者の発症リスクが高いことがわかっています。
  
さらに、歯周炎によって糖尿病もますます悪化するという悪循環に陥るケースも報告されてます。ほかには、心筋梗塞やパージャー病、メタボリックシンドロームなども歯周炎の因子として知られています。

歯周炎の治療法

歯周炎の予防には、まずは適切なデンタルケアを徹底することです。正しい歯みがきの仕方を理解している人は意外と多くありません。歯科医などに学び、ケアを心掛けましょう。また、歯肉炎を発症したとしても歯周炎にまで進行させないことも大切です。
  
治療法としては、主因子であるプラークの除去や歯周ポケットの?爬などが挙げられます。しかしながら、歯科医院においてプラークを除去してもらったところで、日常生活が改善されなければまたすぐにプラークが溜まってしまいます。歯周炎は再発しやすい病気です。最も確実な治療法は、デンタルケアへの意識を高めることしかありません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください