食道がん

カテゴリ
食道の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

食道がんとは

食道がんは、日本人においては約半数が胸の中の食道中央付近から発生し、次いで1/4が食道の下部に発生するといわれます。食道がんは、食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生します。食道の内面をおおっている粘膜から発生したがんは、大きくなると粘膜下層まで広がりさらにその下の筋層に入り込みます。男性に多く、喫煙などがリスクとなると考えられています。

食道がんの症状

初期には自覚症状がないことが多く、健康診断や人間ドックのときに内視鏡検査などで発見されることが20%近くあります。無症状で発見された食道がんは、早期であることが多く、最も治る確率が高くなります。食べ物を飲み込んだ時に胸の奥がチクチク痛んだり、熱いものを飲み込んだ時にしみるように感じる、胸骨後部違和感、背部違和感といった症状は、がんの初期の頃に見られるので、内視鏡検査を受けることをお勧めします。
  
がんがさらに大きくなると、食道の内側が狭くなり、食べ物がつかえて気がつくことがあります。特に丸呑みしがちな食べ物を食べた時、あるいはよく噛まずに食べた時に突然生ずることが多い症状です。窒息感などで喉や食道に何かが詰まっているかのように、言葉を出すことができません。
  
過食や速すぎて食べること、いくつかの食道疾患、消化不良などでもこのような症状がありますが、食道がんは頻繁におきます。柔らかいものは食べられるので食事は続けられますが、喉の検査を受け、異常が見つからないときは食道も検査する必要があります。さらに大きくなると、食道をふさいで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずにもどすようになってしまいます。

食道がんの原因

喫煙と飲酒が確立したリスク要因とされています。特に発生頻度の高い扁平上皮がんでは、喫煙と飲酒が相乗的に作用して、リスクが高くなることも指摘されています。また、粗い食物や、熱い飲食物が食道粘膜を刺激して、リスクを上昇させるという研究結果も多く報告されています。
  
食道損傷やいくつかの食道の病気には、例えば、腐食性食道熱傷や食道狭窄、胃食道逆流性疾患、食道アカラシア、食道憩室などがあります。これらの疾患では、慢性炎症や、潰瘍、慢性的な刺激が食道上皮過形成や食道がんを引き起こす危険因子です。近年、欧米で急増している腺がんでは、食べ物や胃液などが胃から食道に逆流する「胃・食道逆流症」に加え、肥満により確実にリスクが高くなるとされています。
  
食生活でいえば、動物性タンパク質、脂肪、新鮮な野菜や果物不足です。また、ビタミンA、B2、Cの摂取量が不足しています。疫学調査によって、食道がんの多い地方では、いくつかの微量元素は、食糧や水や土壌中に低い含量です。例えば、モリブデン、銅、ホウ素、亜鉛、マグネシウムや鉄があります。モリブデンの欠乏は体内で植物の硝酸塩蓄積を引き起こせます。
  
食道癌の発生は、家族集積性を示していることがあります。家族歴陽性(父系・母系)や、リンパ球染色体遺伝子異常とも、食道がんに関連する要因かもしれません。

食道がんの予防/治療法

がんのリスク因子を避けることは、特定のがんの予防につながる可能性があります。リスク因子には、喫煙や過体重、運動不足などがあります。禁煙、健康的な食事、運動などの防御因子を高めることでも、がんを予防される場合があります。
  
食道 扁平上皮がんは、タバコの種類を問わない喫煙、およびアルコールの摂取と強く関係しています。禁煙により、この種のがんのリスクが低下する可能性があります。食道腺がんは、胃食道逆流症(GERD)に強く関係しています。胃食道逆流症は、胃の内容物が食道下部に戻ってしまう状態になる疾患です。胃食道逆流症により食道に炎症が生じ、それが続くとバレット食道になることがあります。バレット食道は、食道下部の内側を覆っている細胞が損傷した状態です。これらの細胞が変化したり、異常な細胞と置き換わったりして、食道腺がんにつながることがあります。

手術やその他の薬物治療により胃の逆流を防止することで、食道腺がんのリスクが低下するかどうかは分かっていません。手術や薬物治療によりバレット食道にならないようにできるか検証するために、臨床試験が実施されています。非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を用いることで、 食道がんのリスクが低下する可能性があることを示している研究がいくつかあります。非ステロイド性抗炎症薬には、アスピリンの他に、腫れや痛みを抑える薬があります。しかし、非ステロイド性抗炎症薬の使用は、心臓発作、心不全、脳卒中、胃や腸における出血、腎臓障害などのリスクを高めます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

食道がんの相談

食道がんに関するコラム