卵巣腫瘍らんそうしゅよう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

卵巣腫瘍とは

卵巣腫瘍とは、卵巣にできた腫瘍を指します。良性腫瘍から境界悪性腫瘍、悪性腫瘍まであり、エコー、CT,MRIなどを用いて診断が行われます。良性の場合には経過観察し、ある程度大きくなるようなら手術が行われます。悪性腫瘍では通常子宮を含めて広い範囲を手術で摘出し、腫瘍の種類に応じて抗がん剤治療が行われます。

卵巣腫瘍の症状

卵巣腫瘍には様々な種類があり、おおまかに悪性度から分類すると、良性と悪性の他に、境界悪性(良性と悪性の中間)というものに分けられます。さらに良性、悪性、境界悪性の中にさまざまな種類の腫瘍があります。

正常の卵巣は、通常2~3cmほどの大きさですが、卵巣腫瘍ができると、大きなものでは20-30cmほどの大きさになることもあります。必ずしも大きいから悪性というわけではありません。

また、良性、悪性にかかわらず腫瘍が小さいうちは、無症状であることが大半です。しかし、腫瘍が大きくなるにつれて、腹部膨満感や下腹部痛、頻尿といった自覚症状が現れます。性器からの出血を伴うケースもあります。

また、卵巣腫瘍はお腹の中で捻れることがあり、茎捻転と呼ばれます。この場合下腹部の激痛が起こります。
卵巣腫瘍はお腹の中で破裂することもあり、この場合も下腹部の強い痛みとなって現れます。
捻転や破裂は基本的に良性である皮様嚢腫(成熟奇形腫)という腫瘍でよく見られます。
皮様嚢腫では、腫瘍の中に皮膚や髪の毛、歯など様々な組織が混在します。甲状腺由来の組織が含まれる場合に、まれに下痢や顔面紅潮(カルチノイド症候群)や頑固な便秘(新カルチノイド症候群)を起こすこともあります。

悪性の卵巣腫瘍では腹水がたまることがありますが、良性の卵巣腫瘍(特に線維腫)でも、腹水や胸水がたまることがあり、メイグス症候群と呼ばれます。

卵巣腫瘍の原因

卵巣腫瘍には多くの種類がありますが、卵巣腫瘍のうち8割は「卵巣のう腫」と言われる基本的に良性のものです。卵巣のう腫は卵巣の中に液体が溜まる腫瘍の総称で、液体がたまることで卵巣がおおきくなります。
種類によって内部に溜まる物質が異なり、液体に脂肪や皮膚、髪の毛、歯の成分などが含まれる「皮様嚢腫(成熟奇形腫)」や、漿液というさらさらの液体が溜まることによって起こる「漿液性のう腫」が多いです。
子宮内膜症が卵巣内で発症し、月経の度に出血した血液がたまるものは、「チョコレートのう胞」といいます。

一方、「充実性腫瘍」は、液体ではなく中身の詰まった腫瘍です。この場合、良性のこともありますが(「線維腫」など)、悪性の腫瘍が比較的多く卵巣がんといわれるものです。
卵巣がんの原因ははっきりわかっていない点も多いものの、出産経験のない方にやや発症しやすいことが知られています。子宮内膜症や肥満、脂肪の多い食事などもリスクを高めると考えられています。

卵巣腫瘍の治療法

卵巣腫瘍のなかでも、卵巣がんを予防するためには、原因の一つとされる高カロリーで脂肪分の多い食事を避けて、栄養バランスのよい食生活を送るようにしましょう。
また、出産の予定がなければ、低用量ピルを服用することで、卵巣がんのリスクを低く抑えることができますが、ピルの使用は乳癌のリスクは逆に高めると考えられています。

卵巣腫瘍の治療は、良性で小さなものであれば経過観察となることが多いです。あるていど大きい場合や、症状があるときには手術での摘出が必要です。とても大きい時には開腹手術を行いますが、多くの場合には腹腔鏡手術が可能です。
一方、悪性(卵巣がん)のときには、手術で腫瘍だけでなくリンパ節なども切除することがあります。また術後には抗癌剤による治療が行われることがあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください