りんご病/伝染性紅斑りんごびょう/でんせんせいこうはん

カテゴリ
感染症
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

りんご病/伝染性紅斑とは

主に幼児や児童に多くみられるほほが赤くなる症状の事を言います。ヒトパルボウイルスB19の感染により頬がリンゴのように赤くなるのでリンゴ病と呼ばれることが多い病気です。医学的な正式名称は伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)と言います。小児科などを受診されるとお医者さんは分かり易く説明するためにリンゴ病と言われることがあります。

りんご病/伝染性紅斑の症状

伝染性紅斑では、両頬が赤くなり、後半になると全身(腕・腹部・大腿部・臀部)にギザギザしたのこぎりの歯のような紅斑現れる場合があります。色白の子どもであれば直ぐに発見できると思いますが、普段から頬が赤い子供であればわかりにくい場合があります。全身に紅斑が現れた場合は自己判断せずに直ぐに病院受診をしてください。人によっては痒みを伴う事もあり、掻き毟ってしまうと症状が悪化するので掻かないようにしましょう。

伝染性紅斑の皮膚症状が現れる前に、発熱、鼻水、鼻づまり、咳など風邪様の症状がでることが多いです。

妊娠中の方が感染してしまうとお腹の子供が早産や流産に至る場合もありますので注意が必要です。

りんご病/伝染性紅斑の原因

ヒトパルボウイルスB19というウイルスによっておこる病気です。感染は人の唾液や咳、くしゃみによる飛まつ感染で起こります。
幼稚園や保育園や人ごみなどの大衆の中にいると本人がわからないうちにこれらの分泌物と接触する事で感染することが多いです。

症状としては両頬に紅斑が現れる前が最も感染力が強いので、症状が出てきたころには殆ど感染力が弱まっています。症状が現れてから幼稚園や保育園などをお休みする子供が居る場合もありますので気が付かないうちに一緒に遊んでいるお子様にまで二次感染も起こりやすくなり拡大することが多いでしょう。医療機関のよっては感染力が弱い病気ですので登園させても良いと言われる事もあります。子供も普段通りの生活を居ているといつのまにか症状が改善することが多いですので医療機関や、通わせている幼稚園や保育園とよく話し合い登園時期を決めてください。

りんご病/伝染性紅斑の予防/治療法

発症してしまった場合は日光に当たると痒みを伴う場合もありますので、外出を控えるかなるべく日光に当たらず、外出の際は帽子や長袖、長ズボンを着て日光から予防をしてください。お薬は痒みがひどい場合に処方される場合もあります。
風邪症状が落ち着き紅斑が出てくるころには感染力はあまり強くありませんが、周りに発症された方が居る時は感染者とは出来る限り接触を控えてください。
手洗い、うがいなどが予防となります。
妊娠中の方はお腹の子供に問題がでないように感染者が疑われる人との接触を控えましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

りんご病/伝染性紅斑の相談

りんご病/伝染性紅斑に関するコラム