虚血性大腸炎きょけつせいだいちょうえん

カテゴリ
腸の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

虚血性大腸炎とは

虚血性大腸炎とは何らかの原因によって腸の血流が悪くなり、酸素や栄養が十分にいきわたらなくなることに起因して、大腸の粘膜に炎症や潰瘍を発症する病気です。そのため突然強い腹痛に襲われ、下痢や下血を引き起こします。

虚血性大腸炎の原因

虚血性大腸炎の原因は、動脈硬化と便秘が関与していると言え、もしくはその両方の問題が合わさって発症すると考えられています。

動脈硬化


動脈硬化
動脈硬化が原因となって大腸周辺の血管に血栓や塞栓ができ、大腸の血流が阻害されたため十分な酸素や栄養素が送られなくなります。

その為、大腸組織にびらんや潰瘍ができてしまうのです。

便秘


便秘
便秘や浣腸が原因となり、大腸内の圧力が高まることによって大腸内の血流が減少し、大腸組織の壊死につながります。

虚血性大腸炎の症状

左下腹部痛の男性
虚血性大腸炎の典型的症状は、突然の左下腹部痛とその後の下血です。

特に左下腹部に強い痛みを感じることが多く、虚血性大腸炎の診断基準にもされています。

痛みは徐々に良くなってきますが、下血は数日間は続きます。

主な症状


・突然の激しい左下腹部痛
・下痢
・下血
・冷や汗
・吐き気
・発熱

症状が治まる期間


ほとんどの場合は数日で症状が治まる一過性のものですが、1週間以上続く場合には腸が狭くなる狭窄を引き起こしている場合もあります。

虚血性大腸炎の発症年齢

20代女性の腹痛
虚血性腸炎の原因の多くは動脈硬化ですので、50歳以上の高齢者の方に多いとされる疾患でした。

しかし近年は、20代でもストレスやダイエット等で便秘をしやすい女性の間にも増えています。

虚血性大腸炎の危険性

大腸の病気

腸の壊死


症状があまりにも激しいタイプの場合には腸に穴があく壊死を引き起こす事があり、非常に危険です。

いずれにしろ入院治療が必要ですので、症状が現れたら早期に病院を受診する事が大切です。

大腸がん


虚血性腸炎は症状から診断することは容易ですが、大腸がんが原因で似たような症状を起こすことがあります。

少なくとも症状が落ち着いてから大腸内視鏡検査を受けた方が良いです。

再発


原則的には再発は稀ですが、動脈硬化がひどい場合などには再発することもあります。

虚血性大腸炎の検査と診断基準

内視鏡検査


  1. 血液検査

    大腸内の炎症反応や白血球の上昇を確認する。




  2. 大腸内視鏡検査

    腸粘膜のむくみ、腸管内粘膜のただれ、潰瘍などを調べる。 病変と正常部分の境界がはっきりしているのも特徴。



  3. 腹部超音波検査&CT検査

    病変部分の腸管が肥厚を認める。


虚血性大腸炎の治療方法

点滴を受ける患者

内科的治療


絶食や点滴などによる内科的治療によって、症状は数日で消失します。

抗生物質を投与して腸管内の細菌の増殖を食い止め、粘膜の壊死を間接的に抑制したりもします。

外科的手術


■ 大腸壁の壊死
腸管を切除する外科的手術(腸管部分切除術)が行われます。

■ 狭窄型、壊疽型
少ないケースですが外科的手術を要し、特に壊疽型は緊急手術になりやすいです。

治療薬


■ 入院が不要な場合
・整腸剤
・酸化マグネシウムなどの下剤

■入院した場合
・抗生物質
・点滴
・整腸剤
・鎮痛薬

■ 急性虚血性大腸炎
緊急度が高いので、次の薬剤を使用する場合もあります。
・血栓溶解薬(血栓を溶かす薬)
・血管拡張薬(腸間膜動脈を広げる薬)

治療期間の目安


■ 内科的治療のみ:10~14日程度
■ 手術をした場合:3~4週間程度

虚血性大腸炎の予防法

食物繊維の野菜
日頃から動脈硬化や便秘を予防するような、食生活や適度な運動、ストレスを溜めないよう心がけることが大切です。

食事


特に生活習慣病を抱えている人は注意が必要です。

糖分や脂肪、塩分の摂取を控え、食物繊維の多い食材や十分な水分を摂るようにします。

水溶性食物繊維は、海藻類、サトイモ、長芋などの食材に多く含まれます。

ストレス


日常生活において過度なストレスにさらされる状態が長いと、自律神経系が乱れ便秘や下痢になってしまうことも。

肉体的にも精神的にもストレスは良くありません。適度な運動や休息を取ることも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください