虚血性大腸炎きょけつせいだいちょうえん

カテゴリ
腸の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

虚血性大腸炎とは

虚血性大腸炎とは、動脈硬化などにより大腸の血流が悪くなり、粘膜に変性や潰瘍を起こす病気です。

突然強い腹痛に襲われ、下痢や血便を引き起こします。血液検査や大腸内視鏡検査、腹部超音波検査やCT検査で診断されます。

虚血性大腸炎の症状

虚血性大腸炎の典型的症状は、突然起こる左下腹部痛とその後の血便です。血便が数日間は続きます。

主な症状


・突然の激しい左下腹部痛
・下痢
・血便
・発熱
・冷や汗
・吐き気

病院に行くべき症状


血便がでる、腹痛が強い場合には消化器内科受診をしてください。

症状が治まる期間


ほとんどの場合は、点滴・絶食により1週間程度で症状が治まる一過性のものです。しかし、1週間以上症状が続いている場合は、クローン病・潰瘍性大腸炎・腫瘍など腸が狭くなる狭窄を起こしている可能性があります。

虚血性大腸炎の原因

虚血性大腸炎には、主に動脈硬化便秘が関係していることがわかっています。

動脈硬化


動脈硬化になると、脳や心臓だけではなく、大腸周辺の血管にも血栓や塞栓ができます。そうなると大腸の血流が阻害されてしまい、酸素や栄養素が十分に送られなくなります。

その結果、大腸に炎症や潰瘍ができてしまうのです。

脂質異常症や糖尿病などの既往がある人や高齢者は、動脈硬化のリスクが高いため注意が必要です。

便秘


便秘が続いたり、浣腸をしたりすると、大腸内の圧が高まり、大腸内の血流が減少してしまいます。そのため、慢性的に便秘の人は、再発につながりやすい傾向にあります。

虚血性大腸炎の治療

内科的治療


一過性の場合は、基本的に絶食や点滴などによる内科的治療で改善します。整腸剤や鎮痛薬、酸化マグネシウムなどの下剤を用いることもあります。

外科的治療


まれではありますが、狭窄型や壊死型と診断され症状が改善しない場合は、手術が検討されることもあります。

虚血性大腸炎の予防

日頃から動脈硬化や便秘を予防するため、食生活や適度な運動、ストレスを溜めないように心がけることが大切です。

食事


高血圧や脂質異常症など生活習慣病を抱えている人は特に、食事に注意が必要です。

糖分や脂肪、塩分の過剰摂取を控え、食物繊維の多い食材と水分を十分に摂るようにします。

海藻類、サトイモ、長芋などの水溶性食物繊維が豊富な食材もおすすめです。

ストレス解消


過度なストレスにさらされる状態が長いと、自律神経が乱れて便秘や下痢になってしまうことがあります。

適度な運動や休息を取って、肉体的・精神的なストレスを解消することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください