医師監修

筋ジストロフィーとは

筋ジストロフィーは、破壊や再生を繰り返しながら徐々に筋力が低下していってしまう筋肉疾患です。遺伝性の筋肉疾患の総称ですが、発症年齢などによりさまざまな型に分類されます。それぞれで症状の違いはありますが、共通するのは進行していく筋力低下です。

筋ジストロフィーの症状

筋ジストロフィーは、発症年齢などにより、分類がされており、型により症状の違いがあります。幼児期に筋力低下に伴い、転びやすいなどの症状が現れ、自分の体を登りながら立ち上がる経過をたどり、10歳前後で歩行困難に陥ります。個人差があり、軽度では、進行が遅いベッカー型筋ジストロフィーなどのタイプも存在します。思春期においては呼吸不全となり、人工呼吸器を使用しなければならないほど、呼吸を要する筋肉の低下も発症します。
筋力の低下が現れる場所は上肢、下肢、指、握力等があり、歩行が可能なステージ1から寝たままで体動不能なステージ8まで、日常生活における障害度によって分けられています。

筋ジストロフィーの原因

筋肉細胞の変性や壊死がみられる遺伝性の疾患です。原因となる遺伝子は複数あります。その為、病状の程度や進行速度に違いのあるいくつかの型に分類がなされていて、最も多いのがデュシェンヌ型筋ジストロフィーといわれるもので進行も速く重要な型といえます。
骨格筋だけでなく心臓の筋肉や呼吸を担う筋肉まで侵される疾患です。

筋ジストロフィーの治療法

筋ジストロフィーは遺伝子異常の遺伝に伴い発症するという特徴があります。遺伝的原因による疾病のため、これといった予防法はありません。しかし、家族に筋ジストロフィーを発症した方がいる場合は、血液検査による遺伝子検査で遺伝の可能性について確認する事ができます。筋肉の生検(筋肉を少量採取して顕微鏡で検査すること)も診断の一助となります。
また、筋力低下に伴い、変形などが進むため、早期から訓練を行うことによってある程度阻止することが可能です。軽めのストレッチなどを通して現状の筋力を維持することも変形から予防する一つの方法といえます。心疾患の進行予防に高血圧のお薬の一種を用いたり筋力を改善するためにステロイドを用いたりもします。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

筋ジストロフィーの相談

筋ジストロフィーの体験談

  • 筋ジストロフィー症体験談

    47才筋ジストロフィーの体験談

    42歳頃です。農機具のメンテナンスをすることもあるような営業職から内勤の事務職へ異動になり、体調が悪く感じていました。だるかったり、力が入らないような感じです。最近ボールペンより重たいものを持っていないから力がなくなったのかなと思っていました。続きをみる

筋ジストロフィーに関するコラム