医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

化膿した傷かのうしたきず

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

化膿した傷とは

切り傷・すり傷などの傷口が細菌に感染・増殖すると、傷が化膿することがあります。化膿した傷には、傷の周辺が腫れる、赤くなる、膿が出る、痛みや熱感などの症状が見られます。

膿には、壊れた白血球や死んだ細菌が含まれ、粘りやにおいがあり黄色や緑色をしています。

軽症であれば自然に治ることもあります。しかし、傷口が深かったり、動物に噛まれたりした場合などは、形成外科や外科、小児外科への受診が必要です。

緊急で受診が必要な場合

以下のような場合は、緊急で受診が必要です。
・傷に異物が入っている
・動物に噛まれた、引っ掻かれた
・刃物などで深く切った
・赤く腫れている
・受傷後に38℃以上の発熱している など


傷が化膿する原因

傷が化膿する原因となる細菌には、以下が挙げられます。
・緑膿菌
・連鎖球菌
・黄色ブドウ球菌 など

化膿した傷への対処法

水道水と石鹸で洗って清潔を保つ


傷口は、水道水と石鹸の泡で優しく洗って清潔にし、悪化しないように様子を見ましょう。市販の化膿性皮膚疾患用薬を使用する際は、薬剤師に使用方法等よく確認しましょう。

また、膿は無理やり絞り出さないでください。絞り出した膿が付着した部分から新たな感染が起こり、炎症が広がる可能性があります。それだけではなく、膿を絞り出すことで皮膚にダメージを与えてしまい、傷跡が残ってしまうリスクもあります。

悪化している場合は早めに受診を


怪我をした際に正しく処置をして、傷が化膿してもすぐ対処すれば重篤な状態になることは基本的にありません。

しかし、糖尿病などの基礎疾患を持っていたり、抵抗力が落ちていたりすると、まれに敗血症などの重篤な感染症を引き起こす可能性があります。

化膿した傷がなかなか治らない、悪化しているという場合は、形成外科や外科、小児外科などで処置してもらいましょう。膿んだ部分の切除や抗菌薬などで治していきます。

傷を化膿させないための予防

軽い傷は「湿潤療法」で処置


湿潤療法とは、これまでの「傷口を乾かしてかさぶたを作る」治療とは逆の「かさぶたを作らせず、傷口を湿らせたままにする」治療法です。

痛みが少ない、傷跡が残りにくい、回復が早いというメリットがあります。湿潤療法用の絆創膏は市販されており、処置は簡単です。浅い傷の場合は、湿潤療法を行ってみましょう。

1:傷を負ったときに消毒液は使わず、水道水で傷と周囲をよく洗い流す

2:出血している場合は、清潔なガーゼ等で圧迫し止血する

3:湿潤療法用の絆創膏を貼る


貼り替える方法や交換のタイミングなどは、添付文章の記載に従ってください。

※湿潤療法用の絆創膏がない場合は、ラップとワセリンでも対応が可能です。ラップにワセリンを塗り、傷にあててテープや包帯でとめます。少なくとも1日に1回は貼り替えましょう。

傷を化膿させないためのポイント


傷を負ってしまったときは、化膿したり、傷の治りが遅くなったりしないように以下のことに気をつけましょう。

・消毒しない
消毒液には殺菌・消毒の効果はありますが、治ろうとしている細胞も殺してしまいます。消毒液を使わないことで、皮膚の自然治癒力が失われず、毎日洗うことで化膿の原因となる異物が流されキレイな傷の表面を保てます。

・乾かさない
傷からしみ出す浸出液には、皮膚細胞の再生を促す白血球などの成分が含まれます。乾かすと傷の保護ができなくなり回復が遅れます。

・ガーゼをあてない
ガーゼをあてると、傷を治すための浸出液を吸い取ってしまいます。更に、ガーゼ交換の際に再生した皮膚の細胞をはがしてしまったり、出血をともなったりして、回復が遅くなってしまいます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください