異物誤吸入いぶつごきゅうにゅう

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

異物誤吸入とは

異物誤吸入とは幼児やお年寄りなどが引き起こしやすい症状です。これは発見次第直ちに病院を受診する必要があり、最悪のケースになれば命を落としてしまう場合があります。異物の種類としてはピーナツなど豆類が多くみられるようです。

症状

異物誤吸入の症状はまず異物を飲み込んでしまう事で一瞬激しく咳き込む場合があります。その際に異物が上手く排出される場合もありますが、子供は咳をする力がまだ弱いのでそのまま気道に異物が落ちてしまう場合があります。一度気道に侵入した異物は自力で吐き出す事は難しくなり、気道が異物で塞がれてしまうと呼吸困難を引きおこしたり、喉から喘鳴が聞こえる場合もあります。完全に窒息すると、命を落としてしまうこともありますので、緊急の処置が必要です。
呼吸困難が引き起こされた場合には子供は呼吸が出来なくなる為に直ぐに周囲も異常に気づくはずです。しかし元々子供が喘息を引き起こしやすい体質の場合には、喘鳴が異物誤吸入の症状だと気付く事が遅れる場合があるので注意が必要になります。
そして豆(特にピーナッツ類)を飲み込んでしまった場合には豆が体内で化学反応を起こし肺炎になってしまう場合もあります。

原因

異物誤吸入が引き起こされる原因は、小さな子供が小さなビーズや消しゴム、ビー玉、硬貨等の異物を口に入れて笑ったり驚いた際に誤って飲み込んでしまう事で引き起こされます。
特に小さな子供は興味を示した物を何でも口に入れる時期がありますので注意が必要になります。そして豆やアーモンド、ピーナッツ、飴等の小さくかたい食べ物は幼児が飲み込んでしまいやすい食べ物です。そしてゼリーやこんにゃく等の柔らかい食品でも上手く噛み切る事が出来ない為に飲み込んでしまう危険性があります。
そして子供が寝そべったり、走ったりしながら異物や食品を口にする事で反射的に口に入っている物を飲み込んでしまいやすくなりますから食事の際はきちんと座らせてゆっくりと食事をとる様に躾ける必要があります。

治療法

異物誤吸入を予防するには幼児が口に入れる危険性がある物は手の届かない所、目の届かない所に片付けて置く事です。
そして幼児が遊ぶおもちゃは口に入らない大きさ(ピンポン玉以上の大きさ)の物を選び、組み立て式のロボット等の手足が小さく分解出来るおもちゃ等も避ける様にします。
そして与えるおやつや食品等も小さくかたい豆やアーモンド、飴はある程度成長するまでは与えない様にします。もし与える場合は小さく親が砕いてから少しずつ食べさせる様にします。
そして日頃から食べ物が口に入っている時は走ったり、寝転んだりする事をしない様に躾ける必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください