狭心症きょうしんしょう

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

狭心症とは

狭心症は、冠動脈と呼ばれる血管が狭くなり、心臓を動かすために十分な血液が足りなくなることで、発作的に胸に痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。
発作の起こり方から「労作性狭心症」、「器質性狭心症」、「冠攣縮性狭心症(異形狭心症、安静時狭心症)」、経過から「安定狭心症」や「不安定狭心症」などといったさまざまな種類に分けられます。

狭心症の症状

狭心症の症状には、胸の奥の痛みや胸が締め付けられる、押さえつけられる、胸が焼けつく感覚のほか、胃や背中の痛み、喉の痛み、歯が浮くような感覚、左肩から腕にかけての痺れや痛みなどがあります。痛みを感じる程度には個人差があり、多少の違和感がある程度から冷や汗をかく程度まであります。
  
また、糖尿病の既往がある人は痛みを感じにくく、症状に気がつきづらい場合があるため注意が必要です。

狭心症の原因

心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈という血管が狭くなって血液が十分に流れなくなり、心臓の筋肉に十分な血流や酸素が送り込めなくなった時に胸の痛みが起こります。このような状態を血管狭窄(きょうさく)といいます。
  
血管狭窄とは、血管がすぼまって狭くなることを指す言葉です。血管狭窄になる原因の大多数は、糖尿病、コレステロール値が高い脂質異常症、高脂血症、高血圧症などに引き続いて起こる動脈硬化です。
  
動脈硬化とは動脈が年齢とともに老化し、弾力性が失われて硬くなったり、動脈内にさまざまな物質が沈着して血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態です。また、血管のけいれんも血管狭窄の原因となり狭心症へ繋がる原因となります。

狭心症の治療

狭心症の治療は、主に薬物療法、カテーテル治療、外科手術(バイパス手術)が行われます。

狭心症の予防

煙草の有害成分は血管を傷つけて動脈硬化を進めてしまうため、まず禁煙することが大事です。そのほかには、以下の生活習慣を心がけましょう。

・栄養バランスのとれた規則正しい食事をする
・塩分を減らす
・脂質やコレステロールを摂り過ぎない
・魚や野菜は積極的に摂る
・肥満の人は肥満を解消する
・飲酒は適量にして休肝日を作る
・ウォーキングなどの有酸素運動心がける
・自分に合ったストレス解消法を見つける

また、「せっかち」「完璧主義」などの性格もストレスとなるため、ゆったりとした気持ちを心がけることも大切です。
  
環境的には、暑さや寒さ対策を十分にし、血管への負担を防ぐことが狭心症の予防につながります。家族に狭心症や心筋梗塞の既往歴のある人がいる場合は、特に気をつけましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「心臓病リスク」チェック

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全...なりやすい人の特徴は?

狭心症や心筋梗塞、不整脈、心不全など、心臓に関する病名は聞いたことがあるものの、実際にどういった症状なのかを調べたり、自分と心臓病との接点を考える機会はあまりないのではないでしょうか?

もしかすると、あなたはすでに心臓病を発症しやすい状態になっているかもしれません…! まずは簡単なチェックで、心臓病を発症する危険性がないか、チェックしてみましょう。

健康チェック画像

「心臓病リスク」チェック

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全...なりやすい人の特徴は?
健康チェックする