線維筋痛症せんいきんつうしょう

カテゴリ
膠原病や原因不明の全身疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

線維筋痛症とは

線維筋痛症は、全身に激しく、慢性的な痛みを伴う全身的慢性疼痛です。リウマチや膠原病などの症状と似ていますが、検査結果に異常が現れず、全身の痛みや不眠などによるストレスから精神的苦痛を感じる場合もあります。

線維筋痛症の症状

線維筋痛症の症状は、人によって症状の重さは異なりますが、全身に激しく痛みが襲い、ちょっとした刺激にも激痛が走ります。
症状は天候や季節によっても変わり、激しく襲ってくる痛みから倦怠感や疲労感、頭痛、微熱、睡眠障害や抑うつなどの症状が現れることがあります。
検査結果でも異常が見られず、原因不明の疼痛であるため、精神的ストレスを感じ、過敏性腸炎や抑うつや睡眠障害なども併発します。
痛みに個人差はあるものの、軽度から重度まで、慢性的に痛みが持続し、日常生活に支障も現れます。重度になると、歩行困難や憔悴感、不安感など精神的な症状が現れ、寝たきりになったり記憶を失うほど深刻な症状で苦しんでいる方もいます。

線維筋痛症の原因

線維筋痛症の原因はいまだ解明されておらず、現在でも原因究明のための研究が続けられています。
中年女性に多い病であり、遺伝的要素も原因の一つとして考えられています。小児性線維筋痛症も近年増えており、症状をうまく説明することが難しい子どもは、発見が遅れるケースもあり、頭痛や倦怠感、微熱など風邪の初期症状に似ているため、適切な診断を受けられない場合もあります。
また、検査結果で異常が見られないため、原因不明として、病院を転々とするため、精神的ストレスから抑うつ状態や睡眠障害などを併発する場合もあります。
原因解明に向けて現在も研究が進められています。

線維筋痛症の治療法

線維筋痛症は原因不明の難病であり、原因が特定されていないことから、予防法や治療法も確立されていません。原因が特定できず、発見が遅れたり、適切な治療を受ける事が難しかったりするため、精神的苦痛から日常生活に支障をきたす場合もあります。
そのため、患者が感じているストレスをできるだけ排除することが重要です。また、周りの理解不足による孤立なども症状を悪化させてしまうため、線維筋痛症についての正しい理解が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください