難聴なんちょう

カテゴリ
耳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

難聴とは

難聴とは、音や言葉が若い健康な人と比べると聞こえにくい状況です。難聴には先天性のものや、病気に起因するもの、薬物性のものや原因不明の突発性難聴などさまざまな種類があります。加齢が原因の老人性難聴もあります。

難聴の症状

難聴は、聴力によって分類することができます。
軽度難聴は、補聴器を使用しなくても日常生活で支障はありません。ささやき声や会議などが聞き取りにくかったり、聞き間違いや聞き返しが多かったりします。
中度難聴は、日常生活を送るには補聴器が必要です。補聴器を使用しないと、大声なら聞き取ることができます。
高度難聴は、補聴器を使用しても会話が難しい状態です。多くの人は手話を使っています。車がそばにこないと気づかなかったり、大声で話しかけても聞こえなかったりします。
重度難聴はほとんど言葉を聞きわけることができませんが、補聴器によっては会話が可能な場合もあります。

難聴の原因

伝音性難聴の場合は、機能障害が原因です。鼓膜や中耳骨、外耳道に大きな耳垢が詰まっているなどが原因となっています。中には外耳道がない人や耳小骨が癒着しているという人もいます。
感音性難聴は、内耳もしくは内耳より奥の神経系の障害が原因です。年齢を重ねることや、大きな音を聞き続けること、薬物の投与などが関係しています。また、血管条や有毛細胞、ラセン神経節細胞などに障害が発生し原因となる場合もあります。
内耳でのウイルス感染や、内耳での循環障害なども原因です。不眠やストレス、遺伝や外傷も原因としてあげられます。加齢も原因の一つです。
難聴の種類によっては、原因がはっきり解明されていないものもあります。

難聴の治療法

大きな音を耳にすることが原因の一つにもなることがあるため、仕事などで長時間大音量の中にいる場合は、聴覚保護具の利用が予防につながります。
加齢性の難聴を予防する方法もあり、進行の遅れを目的としています。まずは先ほどと同じように、大きな音や騒音を避けることです。耳を酷使しないよう、ヘッドホンの音量を避けたり、一定時間ごとに耳を休ませたりすることが大切です。
また、生活習慣病にならないよう気を付けることも大切です。生活習慣病によって耳の中の血管が壊れることがあるため、高血圧や高血糖をコントロールします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください