医師監修

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎とはまぶたの裏側と白目の外側を覆っている粘膜である結膜のアレルギー反応のことです。花粉などのアレルゲンにより炎症がおき、違和感やかゆみ、目ヤニなどを起こす病気です。

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎では、目のかゆみや、目の充血、目がゴロゴロするといったような、異物感がでたりします。
また、目やにが出たり、涙がよく出るようになったり、まぶたの裏にぶつぶつができることもあります。

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー性結膜炎は、目の表面に花粉やハウスダストなどがついて、これがアレルギー反応を引き起こすアレルゲンとなって、結膜に炎症を起こすことによって起こります。通常は、花粉などがついてもアレルギー反応は起きませんが、アレルギー体質であると、過剰な免疫反応が起こることによって様々な症状が起こります。
スギやヒノキなどの花粉が原因となるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といい、原因としてハウスダストや動物の毛、コンタクトの汚れなどがあります。

アレルギー性結膜炎の治療法

アレルギー性結膜炎では、症状に対して、抗アレルギー点眼薬などが使われます。他の症状も合わせ、内服が行われることもあります。症状によっては、ステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などが使われることもあります。

花粉など、症状の出る時期が予想できる場合には、症状が出る前から抗アレルギー点眼薬を使用し、症状を軽くすることもあります。

予防には、外出の際は眼鏡やマスクなどをし、手洗いうがいをこまめにすること、掃除をこまめにすることなどが大切となります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

アレルギー性結膜炎の相談

アレルギー性結膜炎に関するコラム