腸閉塞/イレウスちょうへいそく

カテゴリ
腸の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腸閉塞/イレウスとは

腸閉塞/イレウスとは、腸の内容物の通過に障害が起こり、肛門まで正常に内容物が運ばれなくなる疾患です。
症状が発覚したのち、様態が急激に悪化し、死亡に至ることもあるため、早期に適切な治療を受けることが必要になります。

腸閉塞/イレウスの症状

腸の内容物が肛門へ運ばれなくなるため、腹痛や膨満を感じたり、おならや便が出なくなったりします。また、吐き気や嘔吐などが症状として現れることもあり、腸閉塞が重篤化すると、全身に症状が出ることがあります。これは内容物を排出しきれなくなった腸の入口が拡張し、そこへ滞留した腸液やガスによって腸の内圧が上がることによって、周辺の血管が圧迫され、血流障害が起こるためです。同様に、拡張した腸が横隔膜を圧迫すれば呼吸機能に障害が起こります。
また、腸からの栄養吸収が行われなくなるため、水分や電解質の著しい不足を招きます。このように、複数の症状が相互に作用することで、死亡に至る場合もあるのです。

腸閉塞/イレウスの原因

腸閉塞/イレウスは大きく下記の二つに分類することができ、それぞれに固有の原因がありますが、いずれも腸の閉塞、あるいは狭窄を起こすものです。
・機械性イレウス
例えば異物の誤飲や腫瘍などによる腸管の閉塞、あるいは炎症や手術痕による腸管の癒着などによって、腸が閉塞した状態になります。また、腸のねじれなどの要因によっても、内容物の通過が阻害され、腸閉塞となるのです。
・機能性イレウス
腸の神経に障害が起こることによって、腸の運動が起こらなくなり、内容物が上手く通過しなくなる場合があります。また、腹膜炎による腸管の痙攣などを原因とする場合もあります。

腸閉塞/イレウスの治療法

腸閉塞は腸の内容物の通過が阻害されることによって起こるため、そのような原因を取り除くための生活習慣が予防につながります。例えば、消化に悪いもの(こんにゃく、繊維の硬い野菜など)を一度に大量に摂取しない、適度な運動や水分補給により定期的な排便を促す、などが挙げられます。また、腹部の手術を行った後に腸閉塞を起こす場合もありますので、もし開腹手術などを受けた場合には、その後の生活について医師の指導にきちんと従うことが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください