脂肪肝しぼうかん

カテゴリ
肝臓・胆のう・すい臓の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

脂肪肝とは

脂肪肝は、食べ過ぎやお酒の飲みすぎなどにより、肝臓が脂肪を過剰に蓄積した状態をいいます。放置すると肝硬変や肝がんにも発展し、さまざまな生活習慣病も併発する病気です。肝細胞の中で30%以上の脂肪が確認されると脂肪肝と診断されます。

脂肪肝の症状

脂肪肝は、肝臓に脂肪が蓄積されている状態で、これといった自覚症状がないのが特徴でもあり、注意が必要です。そのため定期的に健康診断などを行い、体の状態を知っておくことが重要になります。
  
食べ過ぎや飲みすぎ、肥満など不摂生が蓄積され、肝臓に脂肪がたまり、脂肪肝になりますが、そのままの生活を続けると、肝機能が低下し、肝硬変や肝がんにも発展してしまいます。
  
肝臓は沈黙の臓器とも言われる臓器なので、健康診断や日頃から体重管理などを行うことによって、体調の管理を図り、体に変化などを感じた場合は早めに受診することが重要です。

脂肪肝の原因

脂肪肝は、食べ過ぎや飲みすぎ、肥満や糖尿病などが原因として考えられています。不規則な生活習慣や、栄養バランスが乱れた食生活、そして暴飲暴食や、過度のアルコール摂取、高カロリーの食事や、脂肪過多のメニューなども脂肪の蓄積の原因となってしまいます。
  
肝臓でアルコールや食べ物を分解しきれていいない状態で、バランスの取れていない食事を取ることは肝臓へ負担をかけてしまう大きな原因の一つです。また、アルコールを飲まない人でも、無理なダイエットやリバウンドを繰り返す事によって肝臓に負担をかけ、知らず知らずのうちに脂肪肝になってしまう場合もあります。

脂肪肝の治療法

脂肪肝は自覚症状がないことから、日常生活で肝臓に負担をかけない生活や食生活を送る事が重要です。日々の生活が重要な予防の一つにつながります。アルコールを飲む方は、アルコールの分解を助ける食品であるタウリンを含む食べ物を食べたり、休肝日を設けることも重要です。
  
低カロリーや低脂肪の食事を取る事で、脂肪の取りすぎを防ぐ効果があります。栄養バランスも気を付け、無理なダイエットはせず、規則正しい生活とバランスの取れた食事を接収するのも有効な手段の一つになります。

治療としても、生活習慣の改善が第一となります。食事を見直す、適度な運動を行う、禁酒、体重を減らす事で、肝臓にたまった中性脂肪が減ります。中性脂肪が減ることで、肝機能が回復するでしょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

脂肪肝の相談

脂肪肝に関するコラム