摂食障害せっしょくしょうがい

カテゴリ
こころの病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

摂食障害とは

摂食障害とは、拒食症と過食症を総称する症状のことで精神疾患のひとつです。
心理的ストレスやコミュニケーション不全などによる依存症として知られています。別名を中枢性摂食異常症とも言われ、難病に指定されている疾患です。

摂食障害の症状

摂食障害の症状は、拒食症と過食症によって異なり、様々な症状があることが特長です。
拒食症は、食事に対する制限が主であり、ダイエットなどから過度に制限するようになることによって食事をとることができない状態になります。極端な体重減少や女性の場合は月経が止まってしまうこともあります。人前では普通に食事をして、直後に吐きだすことを繰り返すケースもあります。顕著な症状が現れていても、摂食障害であるという自覚がない患者も多くいます。
過食症は、短い時間でたくさんの食物を食べる症状が見られる摂食障害です。食べた物を無理に吐きだすことで、喉を傷つけたり、利き手に「吐きだこ」ができたりする場合もあります。

摂食障害の原因

摂食障害の原因には、さまざまな要因が考えられます。
1、「痩せていること」を推奨する社会的傾向
2、心理的背景による
3、脳の障害による
1は、社会的風潮が「痩せ」を賛美することで、体重を減らすために過度のダイエットを繰り返すことが大きな原因となっています。2は、親との関係や対人関係などによる精神的ストレスによって発症すると考えられます。3は、脳内物質であるのセロトニンとドパーミン、オピオイドに障害があるのではないかという研究成果が知られています。
どちらにしろ、精神疾患であることに変わりはありません。摂食障害だと言うことをできるだけ早く自覚して、専門医の診断と治療を受けることが重要です。

摂食障害の治療法

摂食障害の大きな原因は、ストレスです。予防するためには、ストレスを溜めこまない必要があります。
一番の予防法と言えるのは、ストレスを常に解消しておくことが効果的です。適度な運動や趣味の時間を増やして、リラックスできる生活を送ると、摂食障害とは無縁の生活ができます。
また、食事に大きく関わるので、1人きりで食べずに、家族や知人と食卓を囲むことが大切です。精神的に落ち着いた環境と食生活を送ると、摂食障害の予防につながる結果になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください