発達障害はったつしょうがい

カテゴリ
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

発達障害とは

自閉症やアスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害など脳機能に障害があり、その症状が通常年齢よりも幼い低年齢で発症するものを指します。また、生まれつき脳の発達が通常と異なるがために、幼い頃から症状があらわれて一般的な教育や環境ではうまくいかないことがあります。

発達障害の症状

症状の表れ方は、タイプによって様々です。
自閉症スペクトラム障害では、
1歳以降位から、人と目が合わなかったり、指さしをしなかったり、他人に関心がない、などの様子がみられることが多いです。
会話がつながりにくかったり、自分の好きなことや興味のあることには、時間を忘れて熱中することもあります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)では、じっとしていられない多動や衝動性、ミスが多いなど不注意やその両方の症状が現れます。

学習障害(LD)では、知的発達には問題がなくても、読み、書き、計算など特定の分野の習得が難しく、なります。

何れも、成長するに従ってうつなどの原因となることもあります。

発達障害の原因

原因ははっきりとしているわけではありませんが、生まれつきの素質や、遺伝子、出生前環境による素質、保護者との関わりなど、生後の発育環境、学校など、集団生活での社会との関係などが要因となって起こると考えられています。

発達障害の予防/治療法

症状に応じて、障害の理解と適切な療育とともに、ペアレントトレーニングなどが大切になります。
多動や不安症状に対して内服薬が使われることもあります。

日常における困難をとらえ、理解し、それによってアプローチを行うことが大切です。
特別支援学級、通級指導教室、特別支援学校などでの教育的支援によって、後の社会的生活において問題が少なくなることもあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。

ADHD(注意欠陥多動性障害)は発達障害のひとつと言われています。
「うちの子、お友達に比べて落ち着きがない気がする」「宿題を何度言ってもしてくれない」と心配に思っておられるお父さんお母さんも多いかと思います。診断には専門の医師の診察が不可欠です。その前にまずはお子さんの様子がADHDの症状に当てはまるかどうか、セルフチェックしてみましょう。

1 /10

じっとしているのが苦手で落ち着きがない

健康チェック画像

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。
健康チェックする