急性鼻炎きゅうせいびえん

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性鼻炎とは

急性鼻炎は、呼吸する際の空気の通り道である鼻腔の粘膜に、何らかの原因で炎症が生じ、急性の炎症を起こす事を急性鼻炎といいます。鼻腔は血流が多く、分泌物や外部からの異物を防ぐ役割があり、その鼻腔が炎症を起こしているため、さまざまな症状が現れます。

急性鼻炎の症状

急性鼻炎の症状は鼻腔が炎症を起こす事により、鼻腔の粘膜が外部からの刺激である細菌やほこりなどを防御できないため、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの初期症状が現れます。

くしゃみや鼻水などの症状が続いたり、重くなったりすることによって、頭痛や発熱を伴う場合もあり、鼻水が膿のようなねばつきのあるものに変わってきます。咳や食欲不振などの症状も現れてくる場合もあるので注意が必要です。

咳やくしゃみなどは、想像以上に体力を消耗するため、発熱や頭痛の症状も誘発してしまいます。さらに気管支炎や口頭炎なども合併して発症する場合もあるので、注意が必要です。

急性鼻炎の原因

急性鼻炎の原因は、個人差がありさまざまですが、最も多いのが風邪のウイルスが侵入し、感染したことにより、空気の通り道である鼻腔の粘膜に炎症がおこるためと考えられています。その代表的なウイルスにインフルエンザウイルスやコロナウイルスなどが挙げられます。
その他には、粉塵などの吸入なども原因の一つとして考えられています。

急性鼻炎はいわゆる鼻かぜとも言われており、急激な温度変化や、湿度の変化、そして体を冷やしてしまうことにより、ウイルスに感染しやすくなることも原因の一つに挙げられます。
また、細菌による二次感染も炎症を起こす一つの原因になるため、注意が必要です。

急性鼻炎の治療法

急性鼻炎を予防するためには、風邪のウイルスに感染しないように、日頃から健康管理に気をつける事が重要です。ウイルスが流行する冬場の乾燥する時期には、手荒い、うがいを徹底し、部屋の湿度を一定に保つことも予防法の一つといえます。

しかし、不測にもウイルス感染により、急性鼻炎になった場合は、安静にし、症状を悪化させないように休養を取ることが大切です。保湿を心掛け、部屋の温度や湿度を加温加湿に保つことで重度化するのも防ぐ効果が期待できます。

急性鼻炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
急性鼻炎は鼻腔で粘膜が炎症が急激に生じる症状をさし、鼻風邪と呼ばれることもあります。急性鼻炎では、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、鼻腔の乾燥などの症状があらわれます。原因の多くは風邪のウィルスにより引き起こされます。急性鼻炎の治療には風邪の治療と同様に、抗ヒスタミン剤や消炎剤や抗生剤などが有効です。特に鼻づまりの症状に悩まされている場合には点鼻薬を使用するとよいでしょう。抗ヒスタミン剤や消炎剤や抗生剤は内服薬タイプ、点鼻薬は液体の塗り薬タイプです。抗ヒスタミン剤や消炎剤は炎症を鎮めるための薬で、鼻腔の粘膜の炎症を抑えることで急性鼻炎の症状を改善します。抗生剤は病原体を直接死滅させる薬で、急性鼻炎の症状のもととなっているウィルスを殺すことで症状を治していきます。点鼻薬は鼻に直接塗る液体の薬です。鼻づまりへの効果が高く急性鼻炎により充血した鼻腔の粘膜を短期間で治すことができます。点鼻薬には薬液を鼻腔内に滴らせるタイプと、スプレーで噴霧するタイプがあるので自分の使いやすい種類のものを選ぶとよいでしょう。自分の急性鼻炎の症状に合わせて内服薬タイプと点鼻薬タイプ、どちらかのタイプの薬を服用しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください