自律神経失調症じりつしんけいしっちょうしょう

カテゴリ
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

自律神経失調症とは

自律神経失調症は病名ではなく診断名です。身体が活動している時や日中に活発になる交感神経と、静かにしている時や夜に活発になる副交感神経は、脳の視床下部によってバランスが保たれています。何らかのストレスなどで脳の働きが乱れると自律神経にも影響が出てしまいます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症では、はっきりとした異常が認められないのに関わらず、様々な症状が表れます。
よく起こる症状としては、
慢性的な疲労やだるさ、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、お腹のはり、微熱、手足のしびれや冷え、立ちくらみ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、落ち込み、イライラ感などがあります。

自律神経失調症の原因

原因ははっきりとしないことも多いですが、睡眠不足や偏った食生活などの不規則な生活習慣によって引き起こされることもあります。
また、仕事や人間関係、環境の変化などからのストレスが原因となることもあります。また、
ストレスに弱い体質であることや、思春期や更年期なども起こりやすくなります。

自律神経失調症の治療法

症状に応じて鎮痛剤や漢方などの対症療法や不安などに対して抗不安薬などが使われます。
ホルモン療法が行われることもあります。
症状を防ぐとともに、予防のため、規則正しく、バランスのとれた食事や睡眠をとり、ストレスをためないことが大切となります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

自律神経失調症の相談

自律神経失調症に関するコラム