医師監修

頸椎椎間板ヘルニアとは

頸椎椎間板ヘルニアとは、首の頚椎を構成する椎骨の間に存在し、クッションの役割を果たしている椎間板に亀裂が入り、中の組織が外に飛び出して神経を圧迫する病気です。頚椎の神経組織を圧迫することから、手足のしびれや運動機能の低下など、各種の神経症状を示すようになります。

頸椎椎間板ヘルニアの症状

頸椎椎間板ヘルニアにより起こる症状としては、手や足がしびれたり痛みを感じるようになることがあります。また、脱力感によって、力が入れにくいといった病状が現れます。腕に影響が現れた場合には、握力が低下して、指の細かい作業ができなくなります。そのため、ボタンが留められないなど日常生活に不便が生じます。
一方で、脚に病状が現れた場合では、脚のコントロールが難しくなる事から、歩幅が短くなり、階段を上り下りすることも難しくなります。椎間板による神経の圧迫の状態によって、痺れや痛み、さらに手足の機能の低下の度合いが変わってきます。視線を上に向けたり、あるいは咳やくしゃみといった動作で、しびれや痛みの病状が一時的に悪化します。

頸椎椎間板ヘルニアの原因

頸椎椎間板ヘルニアが生じる原因は、頚椎の衝撃を和らげるために存在する椎間板が、神経の組織を圧迫することによるものです。人間は、7つの椎骨を持ち、その骨の間には椎間板が存在します。しかし、椎間板が破れるなどの損傷が生じた場合に、内部の組織が外に露出し、神経の組織(脊髄)を圧迫します。頚部には、脳と四肢を接続する神経が通っているため、手足に対してしびれや痛みといった病状を引き起こすことになります。
こうした椎間板の問題が生じる要因は、多様な原因が関連して生じます。加齢や頚部の運動の負荷、さらには、遺伝的に頸椎椎間板ヘルニアが生じる要因があります。また、頚部への外傷によって、椎間板にヘルニアが生じることもあります。

頸椎椎間板ヘルニアの治療法

頸椎椎間板ヘルニアに対する予防の方法は、頚部にできるだけ負担をかけないことが必要です。姿勢が悪いと、頚椎の不自然な状態が続き、椎間板にも負荷がかかります。そのため、ストレッチなどで筋肉をほぐすことが有効です。また、頚部を温めて筋肉をほぐすことにより、血行がよくなり予防につながります。
もし頸椎椎間板ヘルニアの病状が発症し進行するようであれば、頚部を安静にし、消炎鎮痛薬などを用いた薬物療法を行います。病状が進行している場合には、根本的な方法として外科的にヘルニアの状態を改善する治療を行う事もあります。
頸椎椎間板ヘルニアを疑う症状があれば、早めに整形外科に受診しましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

頸椎椎間板ヘルニアの相談