腓骨神経麻痺ひこつしんけいまひ

カテゴリ
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腓骨神経麻痺とは

腓骨神経麻痺とは、その名の通り腓骨神経が圧迫や傷を受けた際に麻痺を起こす症状です。感覚障害と運動障害を起こし、感覚障害では足の甲から脛の外側部にしびれ感(正座の後に出るようなもの)、足の指と足首を上に向けて(頭の方に向けて)挙げることが出来なくなり下垂足になってしまいます。

腓骨神経麻痺の症状

腓骨神経麻痺に見られる症状は、下肢の外側部分から足の甲にかけてじんじんとしたしびれを感じたり、触っても感じないなど皮膚感覚が鈍くなったりします。
  
また足首や足の指をそらせるように上に向けることができなくなり、下に垂れた状態になるため、歩行の際につまずいたりサンダルが脱げやすかったりなどの困難を感じます。そのため膝を高く上げて歩くなど、歩行にも影響が出るようになります。
  
似たような症状の他の神経麻痺との違いを示す診断基準として、腓骨骨頭を指で叩くとしびれ部分に響く感覚があります。またこれらの症状は、ほとんどの場合、片足にのみ見られます。

腓骨神経麻痺の原因

腓骨神経麻痺を起こす原因は、腓骨神経が外部からの圧迫によるものです。腓骨神経は膝関節の裏側から膝外側の腓骨骨頭を巻き込むように走行していますが、骨の上に乗った形で、皮膚の真下に神経がある状態になります。そのため足を組んだ状態が長かったり、固い床に横向きに寝たりする事などが原因となって麻痺を起こすことがあります。
  
また腓骨神経の周りには足の筋肉が取り囲んでいるため、草むしりなどでしゃがんだ姿勢が長く続いた時にも同様の症状が起こります。関節リウマチや腫瘤が原因となる場合もあるので、思い当たる原因がない場合には検査が必要です。

腓骨神経麻痺の治療法

腓骨神経麻痺を予防するためには、日常生活においては足を組む癖を直すことや膝裏に強いゴムが来るようなハイソックスは履かないこと、しゃがむ作業をする時には足を伸ばすなどの休憩を入れることが大切です。
 
スポーツ選手が間違ったサポーターやテーピングを施したことが原因になることもあるので、膝を固定する時には正しいやり方の指導を受けると良いです。
  
また腓骨神経麻痺は、足の骨折や手術などの際にしばしば発症しています。そのため、足にギブスや牽引をしている時には腓骨頭を圧迫しないよう気をつける必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

腓骨神経麻痺の相談

腓骨神経麻痺に関するコラム