ふけ症/頭部粃糠疹ふけしょう/とうぶひこうしん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ふけ症/頭部粃糠疹とは

ふけ症とは、頭皮の角質がはがれて細かく白い米ぬか状の物質となり、それが落ちてくる皮膚症状のことを言います。乾性脂漏とも言われる病気で、年齢などにあまり関係なく、男女共に生じる症状です。ひどくなると痒みを伴い、頭皮が赤く腫れたり髪の毛が抜けやすくなります。

ふけ症/頭部粃糠疹の症状

ふけ症は、細かく白い米ぬかのような物質が頭皮から出てきて落ちてくる皮膚の疾患です。
ふけ症の症状として、軽度なものから重症までありますが、軽度の場合は髪の毛をくしでとかした際などにぱらぱらと肩のあたりに落ちてくる程度です。けれども重度になると、枕元も白くなり、部屋中にふけが落ちてしまうほどになります。これは衛生上も良くありません。
  
また痒みを伴うこともあり、指先で頭皮を刺激することによりさらにふけが落ちてしまい悪循環になります。痒みがひどくなると頭皮が赤く炎症を起こしたり、また脱毛を伴う場合もあります。
症状がひどい場合には、皮膚科を受診してきちんと治療を行う必要があります。

ふけ症/頭部粃糠疹の原因

ふけ症の原因は、男性ホルモンであるアンドロゲンが影響していると言われています。
また自分の皮膚に合わないシャンプーやリンスを使っており、それが頭皮に悪影響を与えてふけが生じる場合もあります。シャンプーをきちんと洗い流せておらず、頭皮に残っていることが原因になっていることもあります。保湿剤や防腐剤などが頭皮に残ってままになっていると、老廃物となりふけが生じてしまいます。
  
他にも、頭皮が乾燥するとふけが生じやすくなります。皮膚が乾燥すると角質がはがれやすくなり、ふけとなってしまうので、乾燥を防ぐ保湿効果のあるシャンプーを使用することも大切です。
毛嚢に微生物が生殖してふけとなるとも言われています。

ふけ症/頭部粃糠疹の治療法

ふけ症の予防として、毎日使用するシャンプーやリンスをまず見直すことが大切です。強い成分が含まれている場合、皮膚に合っていないこともありますし、またすすぎ方が足りない場合はきちんと洗い流すようにします。
  
また乾燥してふけが生じることがあるので、保湿成分が配合されたものを使用することも大切です。反対にオイリー肌のためにふけが出ることもあるので、そうした人の場合には脂分が多い食事は控えるようにします。
  
ふけ症はストレスも関係しています。きちんと睡眠を取り、運動や趣味などで気分転換するのが予防にもつながります。
そのほかの予防としては、髪の毛を洗ったあとにはしっかりとドライヤーで乾かすことも大事です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください