しもやけ/凍瘡しもやけ/とうそう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

しもやけ/凍瘡とは

しもやけとは、体が極端に冷えたことで部分的に腫れて硬くなったり、かゆみや熱を帯びたりする症状のことです。寒さのために、血行が悪くなったことで体の末端に炎症を引き起こします。特に、手足の先や、鼻、耳などに多く見られます。凍瘡(とうそう)とも呼ばれます。

特に寒い冬に症状が現れます。冷たい雨や雪によって足先や指先が冷え、しもやけが起こります。身体の末端でなくても、汗が引いて冷たくなった衣服が原因で起こることもあります。

しもやけになると、とても強いかゆみが襲います。何をしていてもかゆくてたまらなくなるのです。一度かかると二度とかかりたくないと思うほどのかゆみ。しもやけは雪が降る寒い地域の症状と思いがちですが、実際は寒い地域に限って起こる症状ではないようです。

しもやけ/凍瘡の症状

しもやけは体が冷やされたことにより、血行が悪くなりさまざまな症状を引き起こします。
しもやけの症状は、以下のようなものがあります。
・手足の末端が赤く腫れ
・かゆみ
・熱を帯びること


しもやけの患部は赤く腫れあがる症状が多く見られます。かゆみを伴うため、かきむしると、傷になる場合もあります。また、しもやけの患部を温めることで痛みやかゆみがさらに強くなってしまうこともあります。

しもやけ状態のまま乾燥すると、皮膚がひび割れたり、赤くなって出血したりすることもあります。この症状のことを、ひびやあかぎれと呼ばれています。

●注意!しもやけがよく起こる場所
・指
・頬や鼻
・耳    など

しもやけ/凍瘡の原因

しもやけは、気温と体温の大きな差が皮膚の表面に影響を与えるとわかっています。
しもやけの原因は、冷たい空気などにより身体が冷えることで血行が阻害され、炎症を起こすことにあります。また、靴などによる圧迫もしもやけを起こす原因となります。ヒールの高い靴は、足の血行の障害となる可能性が高くなってしまいます。

湿度もしもやけの原因になります。寒い季節には濡れた手足をすぐに乾かすことが必要です。手足から発生する気化熱が、皮膚の温度を極端に下げてしまいます。外気温と皮膚の表面温度の差をできるだけ少なくすることが重要です。

●しもやけは遺伝する!
しもやけは遺伝や体質も影響していると考えられています。家族にしもやけを患っていたり、しもやけの原因となる冷え性の人がいる場合は、より対策を行うようにしましょう。

しもやけ/凍瘡の予防・治療法

予防法


●血行を良くしよう
しもやけを予防するためには、全身の血行をスムーズにさせることが効果的です。特に、手足の末端などに十分に血液がいきわたるようにすると、しもやけの予防となります。

濡れた手足はすぐに乾かし、同時に靴の湿気も十分にとると良いでしょう。食生活においては、ビタミンEと多く含む食品を取ると予防に効果的です。

体を温めて、血行改善を意識することも重要です。適度な運動もしもやけの予防となります。寒い時期には、足に負担がかかる靴を履かないことも大切です。


治療法


しもやけの治療法として、かゆみ止めやステロイドを塗ってかゆみを抑える方法があります。
しもやけは重症化すると治療が困難になります。かゆみや赤みがよくならないときは医師に相談しましょう。

しもやけ/凍瘡の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
しもやけの症状を緩和させたいならば、外用薬もしくは内服薬を使用する方法が適しています。外用薬として、軟膏やクリームなど手につけて患部に塗る方法が挙げられています。しもやけの外用薬は、ドラッグストアでも購入することができます。けれど、外用薬の種類は豊富ですから、症状に合わせて選ぶことが大事です。もしも選び方について迷った場合は、ドラッグストアに在籍している薬剤師に相談しましょう。しもやけの症状に合わせて、最適と思われる外用薬を紹介してもらえます。

尚、しもやけの内服薬も販売されています。市販品の内服薬も見受けられますが、慎重に選ぶことが重要です。内服薬のラベルに記されている説明書をよく読んで、症状に合う内服薬を選ぶようにしましょう。効能や成分について詳しく記されていますから、念入りに確かめることが大事です。薬剤師に相談すれば、安心して購入することができます。自分の症状を説明して、最適な内服薬を教えてもらうことが大切です。また、医療機関で処方してもらうこともできます。医師にしもやけの症状を診察してもらった後に、内服薬を処方されます。そのために、自分の症状に合う内服薬を服用することが可能です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください