帯状疱疹・水痘(みずぼうそう)たいじょうほうしん・みずぼうそう

カテゴリ
皮膚の病気
感染症
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

帯状疱疹・水痘(みずぼうそう)とは

帯状疱疹とは、水ぼうそうを起こす原因ウイルスと同じ、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。水ぼうそうはほとんどの人が幼児の頃にかかり、1週間程度で治ります。しかし、症状が治まってもウイルスが消滅したわけではありません。体の神経節(しんけいせつ:神経の細胞が集まった部分)に潜伏し、免疫力が低下したときにウイルスが再び活動し、皮膚に帯状の発疹や痛みが出現します。

帯状疱疹・水痘(みずぼうそう)の症状

免疫力が低下すると、水痘・帯状疱疹ウイルスは、神経節から出て活動、増殖し、皮膚に帯状の水疱(水ぶくれ)をつくります。症状は、始めは皮膚にヒリヒリ、チクチクするような痛みが起こります。水ぶくれもないのに痛むのは、神経が傷ついているせいです。ウイルスが神経節で増殖し、神経に沿って体の表面に出てくる際、神経を傷つけながら移動するため、皮膚の症状が出る前に痛みが起こります。

次に、痛みを感じた部分にブツブツとした赤い円形の発疹ができ、小さな水ぶくれとなって帯状に広がります。この症状は、特に胸から背中、腹部などによくみられます。他には顔や手、足にも現れます。症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけなのが特徴で、一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。水泡が出現すると、ほんの少し衣服が擦れるだけでも強烈な痛みを生じ、身動きをしたり横になっているのも辛い場合があります。痛みのピークは皮膚の症状が出始めてから7〜10日目頃で、多くの場合、皮膚の症状が治るとともに痛みも消えていきます。あまりにも痛みが辛く、体力を消耗してしまったり、夜眠れない場合は、先生に相談して痛みどめを処方してもらいましょう。皮膚症状が治っても、増えすぎたウイルスが長期間神経を攻撃し、神経に傷が残ってしまうと、痛みが長期間残ってしまう場合もあります。

帯状疱疹・水痘(みずぼうそう)の原因

水痘・帯状疱疹ウイルスに感染し、それが免疫力の低下で再発することで起こります。このウイルスに初めて感染したときは、帯状疱疹ではなく、水ぼうそうとして発症します。通常、水ぼうそうになるのは子どもの頃で、その時水ぼうそうは治癒しますが、ウイルスは消えずにその後も神経に潜伏し続けます。患者さんの70%は50歳以上の方で、過労や加齢による体力の低下や、何らかの病気で体力が低下した時に潜んでいたウイルスが活発になり、発症しやすくなります。怪我や手術、免疫抑制剤の使用でも体の免疫力が低下し、発症の原因となります。

また、帯状疱疹ウイルスの免疫は、水ぼうそうにかかった後20年くらいで低下してくるため、働き盛りでストレスや疲労の多い20〜30歳代の人もも発症することがあります。帯状疱疹の原因である水ぼうそうのウイルスには、ほとんどの人が感染しているので、一生のうち6〜7人に1人が帯状疱疹になるといわれています。

男性よりも、女性の方が帯状疱疹になる率がやや高く、水ぼうそうとは反対に夏に発症しやすく、冬に少ない傾向があります。

帯状疱疹・水痘(みずぼうそう)の予防/治療法

帯状疱疹ウイルスには、幼少期にほとんどの人が感染してしまいます。帯状疱疹を予防するには、若いうちから適度な運動習慣をつけて、バランスのよい食事と十分な休息をとり、免疫力を高めておくことです。ボールやゴムバンドを使用した軽い筋力トレーニングでも、免疫力が向上する研究結果が得られており、週に2、3回程度、1回20分程度運動するのがよいでしょう。ストレスを溜めないようにすることも大切です。

もし帯状疱疹を発症した場合は、症状の軽いうちに病院を受診すると、薬で症状を緩和して、早期の治癒に繋げることができます。また、強い症状を放置しておくと、長期間にわたって神経が攻撃され、帯状疱疹が消失した後にも神経痛が残ってしまう可能性がありますので、早期の治療をお勧めします。ピリピリしてきて帯状疱疹かなと思ったら、早めに皮膚科など病院を受診して先生に診てもらいましょう。湯船に入ったほうが痛みが和らぐ場合が多いです。患部はシャワーで洗い流し、清潔に保ちましょう。アルコールは血管を拡張させて炎症を悪化させる場合があるので、控えましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください