手の震え

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

手の震えとは

手の震えは年齢を重ねるごとにひどくなる場合があります。高齢者に多く見られる症状で、パーキンソン病などの病気の予兆だったりする場合もあるので気をつけることが大切です。文字を書いている時や、ご飯を食べているときなどでも手が震えたりしていることもあり、年をとるにつれてそういった症状が出やすくなってきています。

手の震えの症状

手の震えの症状として、原因によって手を動かそうとしたときに起こる震え、止めようとした時に起こりやすい震えと、常に起こるような震えなど様々なものがあります。
パーキンソンなどが原因の時は、表情がなくなったり、歩行に支障をきたしたり、お水や食事を取ることが困難になったりすることもあります。人によっても症状がひどくなったり良くなったりもするので、あまりに酷い状態になる場合は早めに病院に行って診察を受けることが大事になってきます。

放置しすぎると悪化してしまうことが多いので、早めの処置をすることが大事になってきます。人によっては長期の治療が必要になってきたりもするので、注意して見ていくことが大切です。

手の震えの原因

手の震えの原因としては、多くは高齢になることによってみられる震えです。また、パーキンソン病、症候群で起こったり、脳血管障害後など神経系統の障害で起こることもあります。
また、代謝系疾患などミネラルが不足して起こることもあります。

手の震えの治療法

手の震えの予防としては、毎日手を動かしたり、体を鍛えたりすることが大切です。ほかにも食生活に気をつけることが重要になってくるので、自分にできる範囲のことで行動していくことが重要となってきます。

また薬の副作用によっても引き起こすことがあるので、服薬中に震えがでたら、必ず受診しましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

手の震えの相談

手の震えに関するコラム