喘息ぜんそく

カテゴリ
アレルギー疾患
呼吸器の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

喘息とは

ここでは気管支喘息について説明します。
気管支喘息は、気管支の炎症を原因として、気管支が敏感になるため、発作的に気道が狭くなることで呼吸が苦しくなる病気です。
空気の通り道である気管支が塞がれることにより、ヒューヒュー、ゼーゼーなどの喘鳴や咳を繰り返します。重症度に応じて発作を予防する薬が用いられることもあり、予防薬を用いていない時には特に、発作が重篤化し死亡することもある病気です。

喘息の症状

気管支喘息は急に息苦しくなり、ヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴や咳を繰り返します。風邪と似たような症状であるため、放置してしまうケースもありますが、軽い症状や重い症状など個人差があります。
  
慢性になると呼吸困難に陥る場合もあるので注意が必要です。一見風邪と似たような症状のため、安易に考えてしまいがちですが、長く症状が続く場合や、いつもの咳などと違う場合には早めに受診し、治療を受ける事が大切です。
  
喘息というイメージでは、アレルギーや遺伝的要素を思い浮かべるかも知れませんが、体質に関係なく、さまざまな要因で発症するため、注意が必要です。

喘息の原因

気管支喘息は現在研究段階で、はっきりとした原因は解明されていません。その原因として考えられているものとして、アレルゲンが挙げられます。ダニや花粉、ウイルスなどの抗体が体内に入ることによって発症するケースも報告されています。
  
また、喘鳴や咳を繰り返す症状を悪化させるものとして、飲酒やストレス、過労なども原因の一つに挙げられます。免疫力が下がっている所に、その免疫を下げてしまうストレスなどの要因が、症状を悪化につながっているのです。季節の変わり目や、台風接近などの気圧の変化、女性は月経によるホルモンバランスの変化も原因の一つとして考えられています。

喘息の治療法

気管支喘息は原因が解明されておらず、現在も研究が進められている病気の一つです。
  
原因は個人差がありますが、花粉やダニなどのアレルギーの自覚がある場合は、こまめな喚起や、自覚するアレルギーを除去することで予防につながります。また、病院でアレルギー検査を受け、自身のアレルギー抗体について把握することも重要な手段の一つにつながります。
  
どのような場合に症状がでるのか記録をつけることで、未然に予防できる場合もあるので、症状の把握をすることも重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「こどものぜんそく」チェック

咳が続く・・・もしかしてぜんそくかも?まずはチェック!

小児ぜんそくとはアレルギー反応によって呼吸困難の発作を繰り返す病気です。
特に1~2歳の子供では気管支ぜんそくかどうかの診断はなかなか難しいと言われています。まずはお子さんの症状が当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。

1 /15

お子さんの家族にぜんそくやアレルギー体質の方がいますか。

健康チェック画像

「こどものぜんそく」チェック

咳が続く・・・もしかしてぜんそくかも?まずはチェック!
健康チェックする