目やにめやに

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

目やにとは

目やにとは、目からでる分泌物のことです。目やには、通常まばたきによって涙と一緒に鼻涙管に流されます。しかし、瞬きをしない睡眠時やコンタクトレンズ使用中、眼精疲労などで、目やにが流れなかった場合には目頭や目尻に目やにが付着します。

目やにが大量に発生しているときや、粘り気があるとき、黄色っぽいときは、結膜炎や角膜炎、ドライアイといった目の病気の疑いがあるため、眼科を受診しましょう。

目やにの症状

目やにとは、目からでる分泌物のことです。 目やにが多くなってしまうと、目が開きにくくなったり、痛みを伴ったりします。アレルギー反応でおこる目やには、サラサラとしていて、涙とともにでてくることが多いです。アレルゲンを除去するとおさまります。

気を付けたい目やに


以下の場合は、ウイルスや細菌に感染している可能性があります。
・ねばねばしている
・量が多い
・目やにで目が開けられない


また、多くの目やにとともに、かゆみや充血、ごろごろ感が続く場合も、結膜炎の可能性があるため受診しましょう。

目やにの原因と対処法

通常の代謝によるもの


少量の目やには、特に心配はいらないことが多いです。 目に入ったゴミやほこり、あるいは目元の老廃物を排出するために涙が分泌してできるものです。

朝起きたときに目やにが溜まるのは、本来まばたきによって涙と一緒に鼻腔に流れていく目やにが、眠っている間はまばたきをしないために蓄積されてしまうからです。 朝の洗顔で洗い流しましょう。

また、コンタクトレンズを長時間装着しているときや目が疲れているとき、太陽の光を多く浴びると目やにが出やすくなります。目薬を用いたり、目を休めたり、コンタクトレンズの装着時間を見直すなどしましょう。

目の炎症によるもの


ウイルスや細菌が目に入ると、異物から目を保護しようとして、通常より多くの目やにが発生します。

黄緑色で粘り気のあるした膿のような目やにが出る場合、細菌に感染している可能性があります。 花粉やハウスダストなどのアレルギーによる炎症の場合は、白や透明でサラサラした目やにがでることもあります。目やにの異常を感じたときは、眼科を受診しましょう。

目やにの予防

目やにの予防として、まずは以下の注意点を意識して、目にウイルスや細菌、ゴミなどを寄せ付けないようにしましょう。

・汚い手で目をこすらない
・部屋を掃除してハウスダストを減らす
・目薬・タオルの使い回しはしない など

目やにの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
目やにの薬での選び方で注意しないといけないのが炎症反応によって作られる目やにを止めるための目薬です。炎症反応で作られた目やにの場合は黄緑色のどろっとした膿状のめやにが出たりした場合は細菌が原因です。こういう場合は抗菌タイプの物を選ぶのが良いとされています。涙のようにさらさらした水に近い目やにの場合は花粉症などのアレルギー反応などで起こる場合が多いのでその場合はアレルギーに合わせた物を選ぶと良いです。目にかゆみがある場合はかゆみを優先に治すのを目的にした物,充血はひどい場合は血管収縮剤を使用している物を選ぶと良いです。理由は目やにを分解する事ができる成分だからです。細菌性結膜炎の場合は抗菌成分が配合されている点眼薬がお勧めです。フル角膜炎,結膜炎、の症状に効果があるとされている成分配合の物もたくさんあります。使い方はどの薬も一回一滴程度を一日2回から5回使用すると効果があります。清涼感に効果がある成分が入っている物は目をすっきりさせる事もできて目やににも効くとされています。白い糸を引くような目やにの場合は早急に病院に行きその後の治療を相談するのが適格です。花粉症による物も点眼薬だけでは治らない場合もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください