急性喉頭炎きゅうせいこうとうえん

カテゴリ
のどの病気
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性喉頭炎とは

喉頭は、喉仏側にある空気の通り道です。急性喉頭炎とは、細菌やウイルス感染、喫煙、声の使い過ぎなどにより、喉頭の粘膜に急性の炎症が起こることを指します。喉の違和感や声のかすれ、咳などの症状がでます。

急性喉頭炎の症状

急性喉頭炎の主な症状としては、以下が挙げられます。

・喉の乾燥感
・喉のかゆみ
・飲み込むときの喉の痛み
・発作性のある咳
・声が枯れる
・声が出ない
・発熱 など


急性咽頭炎を併発している場合は、咳や痰などの症状をより強く伴うことがあります。急性鼻炎を併発している場合は、鼻水や頭痛、くしゃみ、鼻づまり、鼻の乾燥などの症状も起こります。

また、乳幼児の急性喉頭炎は、呼吸困難に陥りやすいため注意が必要です。

急性喉頭炎の原因

感染症


感染症が原因の急性喉頭炎は、いわゆる喉の風邪です。アデノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、コクサッキーウイルスなどウイルスに感染すると、急性喉頭炎が起こります。

また、A群溶血性連レンサ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌などの、細菌による感染の場合もあります。ひき始めはウイルス感染でも、後から細菌感染することもあります。
  

感染症以外の原因


感染症以外の原因には、以下が挙げられます。

・喉の酷使
・たばこ
・飲酒
・乾燥した場所での活動 など


歌手や役者、講師、教師などの、よく声を出す職業に就いている人は、急性喉頭炎になりやすいとされています。また、近年ではPM2.5や黄砂が悪影響を及ぼしているという可能性も指摘されています。

急性喉頭炎の治療

急性喉頭炎は、対症療法を中心に治療していきます。ウイルス感染の場合は、消炎薬や鎮咳薬などを服用して様子を見ます。細菌感染であることがわかり、必要であれば抗菌薬を服用します。

また、吸入器を使って抗菌薬やステロイド薬などを吸入する「ネブライザー治療」を行うこともあります。あとは、十分な栄養と睡眠をとり、休養することが大切です。

小児で呼吸困難を伴う場合は、入院をして呼吸管理をしなければならないこともあります。

急性喉頭炎の予防

急性喉頭炎の予防として、以下のことに気をつけましょう。

・喉を酷使するような声を使わない
・たばこを吸う人は禁煙する
・過度な飲酒を避ける
・受動喫煙を避ける
・部屋の湿度を保つ
・マスクをする
・うがいをする など

急性喉頭炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
喉頭は気道の一部で声を出す発声機能と食べ物を飲み込む嚥下機能を持っています。急性喉頭炎はその喉頭が急激に強い炎症を起こしてしまう症状です。大きな声を出し続け喉を酷使したことや風邪を引いたことにより引き起こされますが、急性喉頭炎が原因で鼻炎や副鼻腔炎、扁桃炎や咽頭炎などの症状も引き起こす原因になることがあります。急性喉頭炎は数日の間声を出さずに安静にしていることでも治療できますが、薬を服用することでも治すことができます。急性喉頭炎の治療薬には抗菌薬や鎮咳薬が有効です。風邪などの細菌が原因で引き起こされる急性喉頭炎の場合には抗生剤も有効になります。急性喉頭炎の治療では呼吸器やネブライザー吸入器を使って喉頭に直接抗菌薬やステロイド剤、血管収縮剤を噴霧してもらうこともできるので直接噴霧の治療を行いたい場合には病院で医師に相談するとよいでしょう。急性喉頭炎を早期に治すためにはなるべく声を出さないよう安静にしてたばこやお酒は控えるのが良いでしょう。また喉頭が乾燥しないように室内の加湿を行ったりこまめに水分補給を行うことも大切です。市販薬の服用では症状が収まらず長期にわたるような場合には病院での治療をおすすめします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください