認知症にんちしょう

カテゴリ
脳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

認知症とは

認知症は、さまざまな原因で健康だった脳の細胞の働きが鈍くなったり死んでしまったために、日常生活に支障が出てしまっている場合をいいます。アルツハイマー病やレビー小体病、脳血管性認知症など、いくつもの種類に分けられます。

認知症の症状

認知症は脳の細胞が死んでしまったり壊れてしまったりすることによって起こり、中核症状が出始めます。記憶、理解や判断力、実行力などに障害が起き、現実を正しく認識できなくなってきます。
  
次に性格や環境、素質、人間関係などが絡み合い、日常生活で困難が生じてきます。行動や心理状態だけでなく、身体的にも症状が出てきます。自信を失い意欲が無くなってしまったり、いろいろなことが面倒になります。ストレスが溜またり、ものを盗まれたなどの妄想が起きたり、暴言や暴力行為、徘徊などが起きてきます。周りの人が、性格や言動が昔と比べて変わったということがあります。症状のすべてが同じように全ての人に起きるわけではありません。

認知症の原因

認知症の原因は、変性疾患と脳血管性認知症の二つに大きく分けられます。
  
前者はいろいろな原因で脳の神経細胞が死んでしまうことで起き、アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、びまん性レビー小体病などです。近年増えているアルツハイマー病の場合は、神経細胞の表面にできたタンパク質のかたまりが情報伝達の働きを妨げ引き起こされます。
  
後者は、脳梗塞、くも膜下出血、脳動脈硬化などが原因で脳の血管が詰まってしまい血液が流れなくなり栄養も届かなくなるため、神経細胞の働きが鈍くなったり死んでしまうことによっておこるものです。
  
その他、脳外傷、薬物、脳腫瘍などが認知症を引き起こす場合もあります。

認知症の治療法

認知症のすべてを予防できるわけではありませんが、アルツハイマー病などは環境に影響を受けることがわかってきていることから、なりにくい生活習慣が明らかになっています。
  
第一に、食習慣です。野菜や果物、魚をよく食べ赤ワインも有効とされています。第二に、運動習慣を付けることです。有酸素運動が適しています。第三に、家に引きこもらず人と接触することです。最後に、知的な行動習慣をつけるために、読み書きをする・美術館にでかける、などです。
  
これらの習慣を続けることが予防につながると言われています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「認知症」チェック

65歳以上の高齢者の15%が認知症!?

厚生労働省の調査により、65歳以上の高齢者で認知症の方は、2012年時点で約462万人(約15%)と発表されています。

今後ますます高齢化が進んでいく日本では、より身近な病気として付き合っていくことになるでしょう。

また、認知症と一口に言っても、ただ物忘れが進むだけではなく、さまざまな症状があります。ご自身や身の回りの人について、認知症の症状が出ていないか、「長谷川式認知症テスト」の代表的な項目をチェックしてみてください。

1 /17

自分の歳が言えない

認知症の相談

認知症に関するコラム

健康チェック画像

「認知症」チェック

65歳以上の高齢者の15%が認知症!?
健康チェックする