マイコプラズマ肺炎まいこぷらずまはいえん

カテゴリ
呼吸器の病気
子どもの病気

PR

医師監修

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマの感染により引き起こされる肺炎です。晩秋から春にかけての感染が多く、幼児から若者の年代に患者数が偏っているのも特長です。痰を伴わない咳を特徴とし、鼻炎や中耳炎、皮疹、重症例では脳炎や心筋炎などを合併することもあります。本来一部の抗生剤がきく菌ですが、耐性菌の増加が問題となっています。

マイコプラズマ肺炎の症状

マイコプラズマ肺炎の初期症状は、風邪とよく似ています。発熱や、全身の倦怠感、頭痛やのどの痛みなど、症状には個人差があります。乾いた咳が特徴で、熱が下がった後も咳が止まらないといった症状も見られます。合併症を併発する可能性もあり、無菌性髄膜炎、脳炎など重篤になる場合もあります。マイコプラズマ肺炎の主な症状として以下の4つが挙げられます。
・喉の痛みや鼻づまり
・37度以上の発熱
・痰の絡む乾いた咳
・呼吸困難

マイコプラズマ肺炎の原因

マイコプラズマ肺炎は、くしゃみや咳、痰や唾液などの飛沫感染で伝染する病気です。特に、集団生活をしている学童や学生の間で広がり易く、一度広がると流行してしまう特徴があります。以前は、4年に1度に大流行していましたが、近年では通年を通して発症が報告されています。
潜伏期間は、感染してから2~3週間です。感染者からの飛沫感染で知らない間にマイコプラズマ肺炎に感染してしまいます。また、比較的狭い地域で感染するケースが多いことも特徴のひとつです。周囲に感染者がいる場合に発熱などの症状が出たら、すぐに専門医の診断を受けることが重要です。

マイコプラズマ肺炎の治療法

マイコプラズマ肺炎を予防するには、流行する時期に人ごみを避け、うがいや手洗いなどが効果的です。マスクの装着も予防になります。家庭内で感染することも多いので、子供がマイコプラズマ肺炎と診断されたら、特に注意が必要です。子供や若者に多い感染症ですが、高齢者が感染すると、命の危険を伴う場合もあります。
この病気には有効的な抗生剤があるため、早期治療が重要となります。また、一度かかっても免疫ができる訳ではないので、流行時期には予防に心掛けることが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

PR

マイコプラズマ肺炎の相談

マイコプラズマ肺炎に関するコラム