医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

転びやすいころびやすい

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

転びやすいとは

転びやすいという症状には性格や成長段階であることばかりで片づけられない場合があります。原因が脳の障害にある場合や筋肉や神経に病気が隠れている場合が考えられます。骨や関節の異常、栄養不足、体力不足などが原因になっている場合もあります。

お子さんが小さい場合には成長にともなって自然に解消する場合がありますし、高齢者や成人の場合でも経過を見守り、随時検査をすることが大切です。

症状

歩き始めたばかりの幼児は体が未発達ですので、転びやすい場合があります。成人であっても体が疲れて横になることが多かったり、フラフラの状態でよろけたりしている場合、転ぶ回数が多い場合には原因となる病気や障害を疑ってみることも必要になります。

足がだるかったり、足を引きずって歩く、歩幅が小さくなる、足が前に出しにくいといった原因が転びやすい症状としてあげられます。転びやすいことを気にするようになると外出する意欲や好奇心がなくなってしまい、うつ病や痴呆を発症しやすくなります。特に高齢者の場合には歩くスピードも遅くなってしまうこともあり、歩くのがおっくうになり、立ち上がりや歩行が困難になっていくケースが見られます。

原因

転びやすいのが幼児の場合には筋力や骨が未発達である場合が多いため、経過を見て診断することになります。年齢を問わず転びやすいのであれば疾患を疑ってみる必要があります。

原因は脳や筋肉、骨、神経、めまい、栄養不足、体力不足など様々なものがあります。具体的には骨粗鬆症や小脳変形症、パーキンソン病や水頭症などがあげられますし、ビタミンの不足や栄養失調によるもの、筋力の低下や平衡感覚の衰えなどが原因になっている場合もあります。

一番多い理由として下肢筋肉の低下があげられますが、変形性股関節症や変形性膝関節症などが多くなっています。また脚力だけでなく視力の衰えによって体全体のバランス感覚が崩れることも原因です。それ以外には足の知覚障害が原因になることもあります。

治療法

転びやすいという癖を予防するためには適度の運動が大切になります。特に足の筋肉が衰えている場合には太ももの前側の筋肉を鍛える必要があります。転倒を予防するためにはウオーキングやストレッチを習慣にしたり、つえをついたりカートに体重をのせたりして補助機能を積極的に利用することです。特に高齢者の場合には転んで骨折し、寝たきりになることが多いためきをつけてあげなければなりません。

病気が原因の場合には病原を特定して治療をしなければなりません。足やひざが変形性している場合には手術が必要になる場合もありますし、ビタミン不足や栄養不足、体力不足が原因であれば生活習慣を見直すことが必要になります。体のバランスを調整するために靴を機能的なものにすることもおすすめです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください