血便・下血けつべん・げけつ

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

血便・下血とは

血便は空腸・回腸・大腸からの出血により肛門から赤い便が出る症状を指します。下血は食道・胃・十二指腸からの出血により黒いタール状の便が出る症状を指します。一概に便の色から出血場所を特定することは難しいため、出血箇所は内視鏡で調べます。

血便あるいは下血をお互いの総称として用いることもあります。

緊急で受診が必要な場合

以下のような場合は、緊急で受診が必要です。
・多量の赤い便がでている
・黒い便が出ている
・激しい腹痛がある
・意識がもうろうとする など

血便・下血の原因

血便や下血の原因は、消化管の何らかの異常です。主に以下の病気が挙げられます。


血便の原因で多いのは、痔です。排便時に痛みを伴い、血が出ます。

胃・十二指腸の病気


胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどがあると患部から出血し、胃液などの作用で血液が酸化し、黒い便として排出されることがあります。

大腸・直腸の病気


直腸ポリープ、直腸がん、大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、出血性大腸炎、大腸憩室出血などが、血便の原因として疑われます。

いずれにしても血便・下血という症状だけでは、病気を特定できません。病院で内視鏡検査などを行い、原因を調べる必要があります。

検査で血便・下血の原因となっている病気の診断が出来れば、その病気に対する治療を行います。例えば、胃潰瘍であれば胃酸を抑える薬の内服などを行います。

血便・下血の予防

血便・下血の原因となる病気によっては、予防できる場合があります。

血便の原因で多く見られる痔の場合は、排便時にいきみすぎないようにするだけでも症状を抑えられます。

また、動物性脂肪の摂取を抑えて食物繊維を摂ることは、大腸がんや直腸がん、ポリープの発生を抑制できることがわかっています。出血性大腸炎は、食事の衛生管理をすれば防げます。

下血の原因で多い胃潰瘍、十二指腸潰瘍はピロリ菌の除菌で再発を予防出来ます。

血便・下血に気づいたら、痔だと決めつけずに早めに受診したり、内視鏡検査を受けたりして、病気を早期発見できるようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください