血便/下血けつべん/げけつ

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

血便/下血とは

血便や下血は肛門から赤い鮮やかな血が混ざった便や黒いタール状の便が出る症状で、赤い場合は直腸や大腸、黒い場合は胃や十二指腸などの上部消化管に何らかの病気がある場合が多いです。
場合によっては深刻な病気が原因のこともありますので、血便や下血を見つけたら、すぐに病院で検査を行う必要があります。

血便/下血の症状

血便や下血の症状は、いずれも肛門から血液の混じった便が出てくることで、混ざっている血液の色で区別します。血便は真っ赤で新鮮な血液が混ざっている状態、下血は真っ黒なタール状の便をさします。これは、出血してから時間が経過して酸化すれば黒くなることによります。

血便の原因が痔によるものである場合は排便時に痛みますが、通常は排便時には痛むことはありません。原因によっては腹痛を伴うものもありますが、全く痛みを感じないものもあります。

また、常時血便や下血が出る場合もありますし、ある程度の間隔をおいて出る場合もあります。場合によっては一度きりということもあるようです。また、量もまちまちで、痔が原因のときなどは便器が血で染まるほどの大量出血になる場合もあります。

血便/下血の原因

血便や下血の原因は多岐にわたります。血便の場合は血液が酸化するだけの時間がなかったわけですから、比較的肛門に近い消化器に問題があります。一番多いのが痔で、この場合は本当に真っ赤な血がでてきます。

あとは直腸ポリープ、直腸がん、大腸ポリープ、大腸がん、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、出血性大腸炎、大腸憩室炎など、場所こそ大腸から直腸にかけての消化器ですが、原因となる病気は様々です。下血の場合は、出血から時間が経過していますから、肛門から遠い消化器に問題があります。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどが原因として疑われます。

いずれにしても血便/下血という症状だけでは特定できませんし、深刻な病気で直ちに治療を行わなければならない可能性もありますから、すぐに医師にかかって検査を行う必要があります。

便秘による腸内への悪玉菌増加が原因で血便/下血になることも

血便/下血の治療法

血便や下血そのものの予防はできませんが、その原因となる病気の予防ならできる場合があります。血便で一番多い痔の場合は、トイレであまりいきまないようにするだけでも症状を抑えられますし、動物性脂肪の摂取を抑え食物繊維をとることは、大腸や直腸の癌、ポリープの発生抑制に効果があるといわれています。

出血性大腸炎は食事の衛生管理をすれば防げます。ただ、潰瘍性大腸炎などの病気になると予防は難しいようです。下血であれば胃、十二指腸が原因になりますが、潰瘍の場合にはストレスが大きな要因になりますので、ストレスをためない生活と、禁煙が効果があると言われています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

血便/下血の相談

血便/下血に関するコラム