声帯ポリープの症状

声帯ポリープは、のどの奥に何かが詰まっているような違和感を抱く症状から始まります。うがいをしてもとれない、イガイガした状態が続き、発声しづらい状態になります。嗄声(声がかすれる)が起こります。
  
人によってかすれ具合は、異なります。少し低音になる程度から、小さい声しか出せなくなる、声を出している途中で止まるほどになる場合もあります。
 
また、飲み物やつばを飲み込むときに、しみるような痛みを感じる場合もあります。まれに声帯ポリープが大きくなりすぎると、呼吸困難を起こす場合もあります。

声帯ポリープの原因

声帯ポリープは、声の酷使や炎症により粘膜が充血し、その状態で声帯にさらに激しい刺激が加わることでできます。

急激に大きな声をだす、声を使いすぎる他に、喫煙や飲酒が多いことなども、原因です。講師や歌手、ナレーターなど声を出し続ける職業の人に多く、職業病とも考えられます。その他に、スポーツで大声を出す場合や、演説などでも症状が発生します。

声帯ポリープの治療

声帯ポリープの治療は、基本的には、安静にするという保存的療法です。なるべく声を出さず、マスクなどでほこりがのどに付着するのを防ぎます。また、こまめに水分を摂り、乾燥に注意します。

ポリープが大きい場合などは、手術によってポリープを摘出することもあります。電子内視鏡やファイバースコープの中を通せる鉗子を使用し、摘出する方法もあります。術後は安静が必須になります。

声帯ポリープの予防

声帯ポリープの予防は、まず声を使い過ぎないことです。しかし、職業などでどうしても、大声などを出す機会が多い人もいます。その場合、加湿器を使用して乾燥を防ぐ、発声後にうがいをするなど、のどをなるべく痛めないように気を付けましょう。
  
のどに負担をかけない発声方法を習得することも効果的です。具体的には、腹式呼吸に近い呼吸で、首や喉に力を入れずに発声します。