白髪の症状

メラニン色素がなくなって色を失った毛髪の状態です。

私たちの地毛の色は、メラニン色素の量によって決まります。メラニン色素が多いほど黒くなるのですが、毛の根本にある色素を形成する細胞の働きが弱くなるとメラニン色素が減り、白髪が増えるのです。

白髪の原因

その原因の多くは加齢やストレスによって、メラニン色素を生み出す細胞の働きが弱くなるためです。

ストレスは体を緊張させ血流を悪くすると言われており、細胞の働きも悪化させます。

そのほか、遺伝的な素因(体質)や食生活の乱れ、薬の副作用などの影響もあるとされています。

病気が原因の場合も


以下のような病気の症状として白髪が発生することもあります。

円形脱毛症
尋常性白斑 など

白髪の予防・治療法

血流を良くする


ストレスを解消して血行を促すために、有酸素運動やヨガなどを取り入れてみるのもいいでしょう。

また、頭皮マッサージも効果的です。両手の5本の指の腹で頭を掴み、頭の表面である頭皮が動く感じを意識しながら手を動かしましょう。

髪のケアを行う


頭皮専用の化粧水や美容液などを使用して頭皮ケアを行うのもひとつの方法です。

紫外線のダメージを防ぐためにUVカットスプレーなども活用してみるのもいいかもしれません。

メラニンの材料「チロシン」を食事で摂取


メラニン色素の材料と言われている栄養素が「チロシン」です。バナナやアボカドなどの果物やチーズに多く含まれています。

チロシンの働きを促す海藻類や魚介類などと一緒に食べるとさらに効果的です。