卵巣のう腫らんそうのうしゅ

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

卵巣のう腫とは

卵巣のう腫とは:卵巣のなかに、液体成分が溜まって腫れている状態の嚢胞性腫瘍で、良性のものです。

卵巣のう腫の症状

卵巣腫瘍の主な症状は、腹部膨満感、下腹部痛、性器出血、頻尿、腰の痛み、便秘等様々です。 一般に、最も多く現れる初期症状は、左右どちらかの下腹部痛で、腫瘍が大きくなると、スカートやズボンなどの衣服がきつくなってきます。

卵巣腫瘍は、こぶし大程度まで大きくならないと症状が出にくい病気で、発見が遅れやすい傾向にあります。卵巣腫瘍がねじれて、卵巣につながる血管がつぶされて血流が滞ると、卵巣と腫瘍が壊死し、炎症を引き起こします。そうすると急に激しい下腹部痛が現れることがあります。これを卵巣腫瘍茎捻転(けいねんてん)と呼びます。多くは直径が5cm以上の腫瘍で引き起こされます。 卵巣がんでは腹水や胸水がみられますが、良性の腫瘍でもみられることがあり、良性腫瘍の場合は腫瘍を摘出すると、それらは改善します。良性の充実性腫瘍は、まれにホルモンを産生することがあり、女性ホルモンによって閉経後に月経様に再出血したりします。また、男性ホルモンが分泌されることもあり、その場合は多毛、筋力発達などの男性化徴候が起こることがあります。

卵巣のう腫の原因

卵巣腫瘍は非常に種類が多く、その発生原因も様々です。原因がよくわからないものも多いです。卵巣のう腫の9割は良性であるといわれています。漿液性のう腫は、思春期以降のどの年齢でも見られ、卵巣嚢腫で最も多いタイプです。卵巣から分泌される漿液(透明の液体)が溜まることで発生します。

粘液性のう腫は、ゼリー状の粘液が溜まることで発生します。かなり大きくなるのが特徴で、閉経後の女性に多く見られます。良性の卵巣腫瘍のなかで比較的発生頻度が高い、成熟嚢胞性奇形腫は、20〜30代の女性に多く見られます。皮様性のう腫ともよばれます。人体の起源となる細胞が腫瘍化することで発生し、どろっとした液体が入っています。時に、皮膚や脂肪、歯や毛髪が一緒に入っています。

子宮内膜症性卵巣嚢腫は、卵巣の内部で子宮内膜が増殖し、月経周期に合わせて出血を繰り返し、卵巣のなかに月経血が毎月たまることで発生します。チョコレート嚢胞とも言います。 悪性の卵巣腫瘍である卵巣がんは、通常、がん抑制遺伝子の異常によって発生すると考えられています。また、食生活の欧米化に伴う動物性蛋白質の摂取量増加や、晩婚化による、子供を産む数の減少にも関係があると言われています。近年、卵巣がんの一部が、子宮内膜症性卵巣嚢腫を母地に発生する可能性が示されてきています。このため、年齢が40歳以上の患者さんにおいて、直径4cm以上の子宮内膜症性卵巣嚢腫は手術が推奨されています。

卵巣のう腫の治療法

卵巣嚢腫は、女性であれば誰にでも発症する可能性がある病気であり、またほとんどの場合に生活習慣によらないことから、卵巣嚢腫を事前に予防することは難しいでしょう。初期には自覚症状に乏しいことからも、定期的に子宮がん検診を受けて、卵巣の状態を診てもらうことが症状悪化の予防に繋がります。

卵巣のう腫がみつかった場合、のう腫の種類を医師に診てもらい、必要な治療を受けましょう。良性で経過観察となった場合は、腫瘍が4〜5cmになると茎捻転を引き起こしやすくなりますから、定期的に病院を受診して腫大の程度を観察してもらうようにしましょう。茎捻転の原因になるため、これまで行った事が無いような激しい運動は避けましょう。過激なダイエットも避けましょう。ストレスが最大の原因と言われているため、ストレスをためないようにし、十分な休息をとりましょう。

茎捻転を起こす前2日〜3日の間に、ほとんどの人が腰痛や腹痛を感じます。もしこのような症状を感じたら、茎捻転の可能性があるので、病院に行って調べてもらいましょう。卵巣がんの場合は、動物性蛋白質の摂りすぎに注意し、野菜をふんだんに取り入れた食生活にすると、発症のリスクを少し下げることができます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください