卵巣のう腫らんそうのうしゅ

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

卵巣のう腫とは

卵巣のう腫とは、卵巣のなかにできる、液体などが溜まって腫れている袋状の腫瘍です。多くの場合良性ですが、悪性の場合もあります。

自覚症状は基本的にないため、定期的な婦人科検診が大切です。

卵巣のう腫の症状

卵巣のう腫の症状は、基本的にありません。しかし、腫瘍が大きくなってくると、スカートやズボンなどの衣服がきつくなったり、腹部膨満感、左右どちらかの下腹部痛などの自覚症状が起こります。

こぶし大ほどまで大きくならないと症状が出にくく、定期検診を受けていない場合は発見が遅れやすい傾向にあります。

卵巣のう腫がねじれて、卵巣につながる血管がつぶされて血流が滞ると、急に激しい下腹部痛が現れます。これを茎捻転(けいねんてん)と呼びます。多くは、直径5 cm以上の卵巣のう腫で引き起こされます。

卵巣のう腫の原因

卵巣のう腫は、内容物によって4種類に分けられ、その発生原因もさまざまです。

漿液性のう腫


漿液性のう腫は、卵巣から分泌される漿液(透明の液体)が溜まることで発生します。思春期以降のどの年齢でも見られ、卵巣のう腫で最も多いタイプです。

粘液性のう腫


粘液性のう腫は、ゼリー状の粘液が溜まることで発生します。大きくなることが特徴で、閉経後の女性に多く見られます。

皮様のう腫


皮様のう腫は、人体の起源となる細胞が腫瘍化することで発生し、どろっとした液体が入っています。時に、脂肪や歯、毛髪が一緒に入っています。20〜30代の女性によく見られます。

子宮内膜症性のう胞(チョコレートのう胞)


子宮内膜症性のう胞は、月経周期に合わせて卵巣の中に月経血(子宮内膜)が毎月溜まっていくことで発生します。チョコレート嚢胞とも言います。

卵巣がんの一部は、子宮内膜症性のう胞を母地に発生する可能性が示されています。

卵巣のう腫の治療

卵巣のう腫が良性と診断され経過観察となった場合は、定期的に検査を受けてのう腫の大きさを確認します。5 cm以上になると茎捻転などのリスクがあるため、手術を行います。悪性の場合は、手術の後に化学療法が行われます。

妊娠の希望があるかどうかによっても、治療方法は変わってくるため、事前に医師とよく相談しましょう。

卵巣のう腫の予防

卵巣のう腫は、女性であれば誰でも発症する可能性がある病気です。しかし、詳しい発症原因はわかっておらず、生活習慣によらないことから、卵巣のう腫を予防することは難しいでしょう。

初期には自覚症状に乏しいことからも、定期的に子宮がん検診を受けて、卵巣の状態を診てもらうことが症状悪化の予防につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください