流産りゅうざん

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

流産とは

流産とは、妊娠したにもかかわらず、出産を迎えるより前に赤ちゃんが死んでしまうことです。
具体的には、妊娠22週未満に妊娠が終わってしまうことが「流産」と定義されています。特に多いのは妊娠12週未満での発症が、全体の8割を占めます。

流産の症状

症状としては、下腹部の張りや痛み、性器からの出血などが見られることがあります。しかしながら、「稽留流産」と呼ばれる種類のものもあり、これはお腹の中で赤ちゃんは死んでしまっているにも関わらず、母体には症状が出ないもので、婦人科検診で初めて判明したという場合も少なくありません。
また、同じような症状を感じていても、赤ちゃんがお腹の中でまだ生きており、持ちこたえる場合もある「切迫流産」と呼ばれる種類のものも存在します。
いずれも違和感を覚えた場合には、すぐに専門の医療機関で受診したほうがいいでしょう。

流産の原因

流産の原因の70%近くは、受精卵の段階で起こった染色体異常です。この場合、胚から正常な胎児の体へと正常に分化することが困難となるため、妊娠を継続できなくなります。妊娠した母体が「仕事をしすぎた」「体を冷やした」「よくないものを食べた」などの行動によって流産の起こる危険性は極めて少ないことが知られています。
残りの30%程度に含まれる原因として挙げられるのは、母体が感染症にかかった、子宮筋腫や子宮の奇形などの異常があった、黄体機能不全が起こった、夫婦間の遺伝子の要因により免疫異常が起こった、などの要素です。

流産の治療法

流産の起こる原因のほとんどが染色体異常であることから、予防するためにできることは実はほとんどありません。もちろん、感染や転倒などの事故でおなかを強く打ってしまうなどの外的要因でも流産は起こりうるため、そうした危険から身を守り、予防することは必要です。
周囲に妊婦さんがいる場合には、日常生活での手助けを心掛けるといいでしょう。また、妊娠初期には自分が妊娠していることに気付いていない人も多いものです。心当たりがあればすぐに検査を行い、自分が妊娠していると早くに知ることが、お腹の赤ちゃんや母体を守るために大切なことです。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

流産の相談

流産に関するコラム