医師監修

吐血とは

吐血は、消化器系の病気によって血を吐くものを指し、食道や十二指腸や胃などからの出血が原因となります。
食道静脈瘤や胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなど様々な病気が原因になりえますが、吐血の量や原因によっては危険な状態になりうるので、特に量が多い時には一刻も早く病院を受診しましょう。

吐血の症状

吐血の症状としては、何度も咳こんでしまいその拍子に血を吐いてしまうということです。最初の咳で吐血してしまう人もいますが、大抵の人は何度も咳をしてしまいそのあとに血を吐くことが多いです。

また血を吐くことによって喉が焼けるように痛かったり、呼吸が困難になってしまうケースもあります。人によって症状は異なります。また数十分の長い間と、血を吐くなどを繰り返してしまうこともあるので、そういった症状に気づくことも大切です。

吐血をする前にも体調が悪かったり、自分の体のことでなにかおかしいと思った場合はすぐに病院に行くか、周りの人に聞いてみたりするという人もいます。見た目では自分の体というのはわからないので、検査をしてもらうことが大切です。

吐血の原因

日々の仕事や生活でのストレスを溜め込んでしまい吐血をする人もいます。

朝から晩まで寝る時間もなく働いていたり、生活しているだけなのにストレスと感じてしまったりと原因は人それぞれです。病気などの原因も考えられますが、ストレスで吐血する人が多くいます。

そういった原因では、自分次第でストレスを発散させることが出来たり、ストレスを感じなくなったりすることがあります。改善することで、病気にもかかりにくくなったり、吐血をすることもなくなります。現代社会ではさまざまな悩みや苦労を抱えていたりする人もいるんで、そういったことで症状を起こりやすくしてしまうことがあります。早めに直していくことが大切になってきます。

吐血の治療法

吐血をしない予防としては、まず自分にとってストレスと感じているものを改善していくことが大切です。ちょっとしたことですぐに人はストレスと感じなくなったり、感じたりする生き物なので、ストレスになるものを把握していることが大事です。

また薬などに頼る人もいます。そうなった場合にはよく医者の人と話し合っていくことが大切になってきます。自分で勝手に薬を選んでしまっては失敗することもあったり、逆に悪化させてしまったりすることも多々あります。周りの人の意見を聞いたり、医者に頼ったりすることが大切になってきます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

吐血の相談