吐血・喀血の症状

吐血は、消化器官からの出血のために口から血を吐いてしまうことです。食道や十二指腸、胃などからの出血が原因となります。

また、咳とともに血が吐き出されることを喀血(かっけつ)と言います。血液の量は、痰に血が混じる程度のこともあれば、大量に吐き出すこともあります。

人によって症状は異なりますが、血を吐くことを繰り返してしまうこともあります。血を吐くことによって喉が焼けるように痛かったり呼吸困難に陥ることもあり、注意が必要です。

吐血・喀血の原因

病気による血管の損傷


吐血
吐血の場合、食道や十二指腸、胃などからの出血が原因となります。

その背景にあるのは食道静脈瘤や胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどさまざまな病気が考えられます。

吐血の量や原因によっては危険な状態になりうるので、特に量が多い時には一刻も早く病院を受診しましょう。

喀血
気管支拡張症非結核性抗酸菌症肺アスペルギルス症肺結核後遺症、特発性喀血症、肺がんなどが原因になる可能性があります。

過労やストレス


日々の仕事や生活でのストレスを溜め込んでしまい吐血をする人もいます。

朝から晩まで寝る時間もなく働いていたり、人間関係にストレスを感じてしまったりと原因は人それぞれです。

吐血・喀血の治療法

まずは病気による吐血・喀血なのかどうかを見極めることが重要です。消化器内科や呼吸器内科、もしくはかかりつけ医に診てもらいましょう。

吐血の予防としては、まず自分にとってストレスと感じているものを改善していくことが大切です。

また、薬の服用もひとつの手段です。

自分で勝手に薬を選んだり服用を中止すると、逆に症状が悪化することもあります。薬を選ぶ際は医者としっかり相談しましょう。