水虫みずむし

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

水虫とは

水虫は、別名「足白癬(あしはくせん)」とも呼ばれる皮膚疾患です。
白癬菌(はくせんきん)が、足の指や皮膚に感染し、炎症を引き起こすことによって悪化していきます。水虫(足白癬)には、「角化型白癬」と「汗疱状白癬」があります。自然治癒は難しい場合も多く、専門的な治療が必要となります。

水虫の原因

水虫の原因

水虫の原因は白癬菌


白癬菌とは、人間を含む動物の毛や爪、角質や鱗などに含まれるケラチンというたんぱく質を好んで栄養素とするカビです。

「白癬菌」と名前の付く菌には、実に約30種類ありますが、その中で人に感染し、我々に「水虫」という炎症を発生させるものは「人から人にうつるヒト好性菌」と呼ばれるものです。

原因菌の白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することによって、皮膚にかゆみなどを伴った炎症が発生します。

足に水虫が集中する原因


水虫は足の病気といわれますが、白癬菌は足以外の皮膚にも寄生することもあります。

しかし、9割以上の感染個所、つまり炎症の発生個所が「足」に集中してしまうのは、「足」という部位が、普段から長時間「靴」などに覆われていて「高温多湿」になっていることが原因だと考えられています。

「高温多湿」の環境が白癬菌にとって過ごしやすい環境のため、「足」に水虫が集中してしまうことになります。

水虫の症状

足がかゆい男性
水虫とは白癬菌という菌が角質層に入ることで発症します。
症状には何段階かの症状があります。

かゆみ


初期段階はかゆみです。白癬菌が角質層に入ることで、異物と認識した我々の体が体内に信号を出して、異常であることを発します。
異常であると発した結果、血管や神経が刺激されてかゆみとなって認識されるようになります。

水ぶくれ


血管などに対する刺激が長期におよんで継続すると、次の段階では皮膚に小さな水ぶくれがぽつぽつと出るようになってきます。

水ぶくれの発生が続くと水ぶくれがくっついたり、破たんすることで皮膚がめくれたりむくれるといったことが起きてきます。

皮膚がめくれてむくれている間にも常に異物であるというサインが放出されているため、かゆみが増加していくことが多いようです。

爪白癬


足などの水虫をさらにほっておくと、爪にまで菌が進行して爪白癬という状況に陥ります。爪が白っぽく弱々しくなってしまい、爪に入った白癬菌は完治することが難しいという嫌な特徴も持っています。

水虫は春から夏にかけて悪化する特徴があります。どちらかと言うと、男性に多い病気ですが、最近は女性の患者も増えているので注意が必要です。

水虫の種類

4種類の水虫
水虫(足白癬)は、皮膚の症状により「小水疱型」「趾間型」「角質増殖型(角化型)」に分類されます。足の水虫をほっておいてしまい最終的に爪まで進行してしまう「爪白癬」という病気もあります。



























水虫の種類 主な症状
小水疱型 透明でやや粘り気のある液体を含む小さな水疱が見られ、土踏まずや足の側面など比較的皮膚の厚い場所に発症し、激しくて強い痒みを伴います。
水疱ができるので、早期に気付きやすく治療の効果も得やすいです。
趾間型 指(特に足の指)の間にできる、最も患者数が多いといわれている典型的な水虫のことで、強い痒みを伴ったり、皮膚がジュクジュクし、白くふやけたり、皮がむけたり、赤くむけてただれたり、腫れたりします。
他の型に比べて気づきやすく、早期から治療を行えば、治療の効果も得られやすいです。
角質増殖型(角化型) 足の皮膚が硬くなる症状が現れます。
かかとや底全体が硬くなったり、皮膚が細かくむけていく症状があります。痒みがあまりないのが特徴です。
一見すると水虫と気付かないことが多いです。皮がむけて落ちやすく、裸足でいるとスリッパなどを介して、人に感染する可能性が非常に高いので注意が必要となります。
爪白癬 白癬菌が爪に感染、寄生した病気・水虫のことで、日本では10人に1人、約1200万人が爪白癬(爪水虫)にかかっているともいわれ、最も完治が難しい水虫ともいわれています。

水虫の治療法

水虫の菌
水虫(足白癬)はしぶとい病気で、放置したままでは治すことができません。完治を目指すためには、自分の水虫のタイプに合った適切な治療を行うことが大切です。

また、水虫は再発を繰り返すと良く言われますが、理由は完治する前に治療をやめてしまったために、治りきらないまま悪化してきたという場合が多いためです。

治りかけには痒みや皮剥けなどの症状が感じられなくなることもありますが、油断して自己判断で治療をやめるということがないようにしましょう。

中途半端な状態で治療を止めた後に悪化するという悪循環に陥らないためにも、きちんと医師の判断を仰いで治すように心がけましょう。

病院に行き治療する


医師
水虫で通院する時に医療費がかかるということで躊躇する人もいるかもしれませんが、長期的に薬を使用するという点から考えてみると保険が適用された通院の方が、様々な種類の市販薬を使い続けるよりも安く済むという場合もあります。

また、下記の場合には積極的に病院に行くようにしましょう。

■ なかなか治らない場合
長年水虫に悩まされている人や、様々な市販薬を試したが効果がないという人は皮膚科に行くようにしましょう。
通院のための時間はかかりますが、医師の診察を受けることによって自分の水虫のタイプを知ることができるとともに、より効果が期待できる薬を処方してもらうことができます。

■ 爪水虫の場合
爪水虫の場合は飲み薬と塗り薬を併用した方が良い場合もあります。
水虫の飲み薬を手に入れるためには処方箋が必要になることから、爪にまで症状がある人は病院に行く方がよいと言えます。

水虫の薬:塗り薬

塗り薬

塗り薬を使う時のポイント




  1. 清潔に足を洗う

    不潔であるとカビが生えやすくなります。




  2. 十分に乾燥させる

    湿潤な状態であると蒸れる恐れがあり、カビが繁殖しやすくなってしまいます。




  3. 水虫が発症しやすい部位に塗り薬を塗る

    水虫の患部だけではなく、他に発症しやすい箇所にも塗り薬を塗るようにしましょう。
    水虫には悪化すると中央から外に広がる傾向があるので、広がる部分を考慮して塗りましょう。

    水虫が発症しやすい部分としては、アキレス腱、指の間、足の指の付け根、足裏とされています。



  4. 使用回数を厳守する

    使用回数を守らず、多く薬を塗ってしまうと、かぶれてしまうことがありますので、注意して使用回数は守りましょう。



  5. 1~2カ月は継続して薬を塗る

    白癬菌は、皮膚の角質層に住み着いて増殖するため、症状が改善されても角質層が新しく変わる約3カ月の間は薬を塗るようにしましょう。




症状に合わせた塗り薬の形


水虫の塗り薬は主に外用薬として使用され、軟膏、スプレー、クリームやジェル状のもの、液剤など、剤型も様々で、使う方ができるだけ不快感なく使用できるように工夫されています。 自分の症状に合わせて使い分けるようにしましょう。




















薬の形
適切な水虫の状態
クリーム状
足の指の間がジュクジュクした状態、足裏の角化した水虫
液状
足の指の間のカサカサと乾燥した状態、炎症はひどくないが皮が剥けている水虫
スプレー状
足の指の間のカサカサした水虫や、広範囲にできた水虫

水虫の薬:飲み薬

薬

パルス療法




錠剤



  • 抗真菌剤イトラコナゾール

  • 服用方法



    • 食後に水やぬるま湯で服用します。1日8カプセルを約1週間続けた後、3週間休薬をするというローテーションを3回繰り返します。

    • 注意点



      • 併用してはいけない薬があり、空腹時に服用すると吸収の効果がかなり低下してしまいます。医師の指示に従って、定期的な血液検査を受けることが必要です。






殺菌的治療法




錠剤



  • 抗真菌剤テルビナフィン塩酸塩

  • 服用方法



    • 毎日1錠の服用を約6カ月間続けます。

    • 注意点



      • 定期的な血液検査が必要です。また、肝機能障害を発症する可能性があるため、医師の指示に従い服用するようにしましょう。



手にできる水虫:手水虫・手白癬

手の周りの菌

原因


通常、白癬菌は湿気が多く、温度が高いところを好みますが、手は乾燥していて、洗うことも多いため、感染するのは稀だといわれています。
手水虫・手白癬ができてしまった場合は、自分自身の水虫が原因であることが多いです。

症状


手水虫、手白癬の特徴は、痒みや痛みがあまり強くないことが特徴です。カサカサとするので、手湿疹との区別がつきづらいため、手水虫と気づかないことがよくあります。
手湿疹との違いは、手白癬の場合片手だけに症状がでることが多いです。

主な症状は下記のようになります。

・カサカサする
・皮膚が硬くなり、ひびが割れて皮膚がボロボロと剥がれおちる
・小さな水ぶくれができる


治療法


手白癬の治療法は、足の水虫と同じように塗り薬や内服薬で治療します。手の爪まで症状が出ている場合には、病院に行き内服薬を処方してもらう必要があります。
完治させるには、根気強く病院で処方された薬を飲み治療していくことが大切です。

爪にできる水虫:爪水虫・爪白癬

爪白癬の説明

原因


爪水虫・爪白癬の原因も、白癬菌です。

爪水虫・爪白癬が発症するのは、ほとんどの場合、足白癬や手白癬の悪化から爪水虫・爪白癬が発症します。
  
また、水虫と同様、タオルやバスマットを介して他の感染者から感染することもあります。

症状


爪水虫(爪白癬)は足の爪にも手の爪にも発症する可能性のある爪の水虫で、爪白癬の症状は、日本人の10人に1人程度に出現しているといわれています。

爪水虫・爪白癬の症状の出方にはさまざまなパターンがありますが、多くの人は以下のような症状が見られます。


・爪の先端部が黄色く濁る
・爪の下の角質部分が厚くなる
・変色した部分がぼろぼろと欠け落ちやすくなる
・爪の表面が白くなる
・爪の付け根部分が分厚くなり、爪の色が濁っていく


出典:爪水虫/爪白癬




足の水虫とは異なり、かゆみなどの自覚症状はほとんどないため、発覚が遅くなり、気づいたときにはかなり悪化しているということも少なくありません。

治療法


爪水虫・爪白癬の治療法は、基本的には薬物治療です。
爪の奥まで白癬菌が入り込んでいることも多いため、根気強く治療を続ける必要があります。

水虫同様、再発する可能性が高いため、爪が完全に生え替わる一年程度治療を続けるようにしましょう。

頭にできる水虫:頭部白癬・しらくも

毛が抜けた部分がある男性

原因


頭部白癬・しらくもの原因菌は同じく白癬菌で、帽子やヘルメットなどで頭部の湿気が多くなり、温度が高くなると菌が繁殖してしまい、感染してしまいます。

症状


頭部白癬・しらくもとは、水虫の原因菌である白癬菌が髪の毛、頭皮まで感染して起こる皮膚炎です。
感染すると、下記のような症状が現れます。

・フケやかゆみが出てくる
・毛が抜けやすくなる
・頭部の皮膚が剥がれおちる


また、症状として円形脱毛症と間違えてしまうことが多く、そのまま頭部白癬を放置してしまうと以下のような症状が現れることがあります。

・身体の他の部分に白癬菌の感染が広がる
・菌の感染が体内に進み、発熱したりリンパ節が腫れたりする


出典:頭部白癬/しらくも




治療法


頭部白癬の治療法としては下記のような心がけが大切です。

・毎日洗髪をする
・帽子やヘルメットなどのかぶり物はずっとかぶらない。
・かぶりものを他人と共有しない


水虫の治療中の方は、患部を触った手で頭皮や髪を触らないように注意しましょう。
頭部白癬に感染してしまうと、皮膚科を受診し、抗真菌薬の処方を受ける必要があります。

治療期間は、感染した髪が完全に抜けて菌がいなくなるまで、2カ月から3カ月かかります。

水虫の予防法

白癬菌の生息地の図

共有をやめる


水虫の原因の白癬菌という菌は、常在菌と言われどこでも生存していくことができるということが特徴です。そのため、感染者(水虫の人)の足のあかなどが落ちたりすると水虫の菌がその場に存在し続けてしまいます。

同居者の中に水虫の感染者がいれば、感染者が使ったタオル、スリッパの共有は避けましょう。

頻繁に洗濯する


水虫の感染者が使い終わったタオルやバスマットには、菌がそのまま残ってしまっている場合があります。
うつることを避けるためにタオル、バスマットの洗濯を頻繁に行いましょう。

蒸れないようにする


水虫の予防で大切なのは、常に足を清潔にし、蒸れない工夫を心がけることです。
高温多湿を好む白癬菌を寄せ付けないように注意しておくことが重要です。

蒸れない工夫としては下記の通りです。

■ 通気性の良い靴や靴下を履く
■ 同じ靴は履き続けない
■ ハイヒールは履き続けない

1日に1回洗う


白癬菌の感染には24時間かかるとされています。

つまり、同居者の中に水虫の方がいて、万が一菌が付着してしまっても、1日に1回菌を洗い流し皮膚を清潔に保てば水虫にはほとんどかからないことになります。

皮膚を清潔に保つために、1日に1回こまめに足を洗うことが大切になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「水虫」チェック

自分で「水虫じゃない」って思い込んでいませんか?

暑くなったり、足がむれたりすると…なんだか足がかゆい。指の間が、かかとが、カサカサ、じゅくじゅく…男性も女性もなりやすい水虫。

一度かかると治療に時間がかかると聞きますよね。「もしかして水虫かも?」なんて一人で悩んでいるあなた! まずはDoctors Me医師監修のセルフチェックで一度確認しておきましょう!

水虫について

1 /8

足の指の間がかゆい

健康チェック画像

「水虫」チェック

自分で「水虫じゃない」って思い込んでいませんか?
健康チェックする