耳鳴りみみなり

カテゴリ
様々な症状
耳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

耳鳴りとは

耳鳴りとは、実際には音がしていないのにもかかわらず、キーンやジーというような音が聞こえるように感じる現象のことを言います。耳鳴りはそれ自体が病気というわけではなく、症状の1つだと言われています。耳鳴りは自分でコントロールすることができない上、他の人にはわからない現象のため、つらい症状だと言えるでしょう。

耳鳴りの症状

耳鳴りは、耳元で「キーン」や「ジー」や「ザー」と言った音が、実際はそんな音はしていないのに、自分にだけしているように感じる現象のことを言います。
人口の10〜15%程度の人が感じていると言われる程、多くの人が感じており、こういった症状が現れる耳鳴りのことを、「自覚的耳鳴り」と言います。

それに対してまれにではありますが、他の人にも聞こえる耳鳴りがあります。それは呼吸や心臓の音、血液の流れる音などの聴診器をあてることで聞こえる耳鳴りです。これを「他覚的耳鳴り」と言います。
この他覚的耳鳴りの場合、聞こえてくる音は心臓や脈の「ドクドク」と言う音や、「シューシュー」という呼吸の音となります。

耳鳴りは聞こえてくる音によって分類されています。例えば、キーンやピーと言った金属音や電子音などの、比較的高めの音が聞こえてくる場合は、高音性耳鳴りに分類されるなどです。また自覚的耳鳴りの症状がある人の約9割に、難聴の症状があると言われています。

耳鳴りの原因

耳鳴りは、健康な人でも飛行機など圧がかかると一時的におこることもあります。また、突発性難聴や老人性難聴、メニエール病、聴神経異常などが原因となり、耳鳴りを発症してしまうこともあります。

耳の機能自体には問題がなく、音がするだけという場合も多いため、原因不明とされる場合が多いのですが、そこには心の問題も関係しているようです。

近年の研究によって、耳鳴りには「ストレス」が原因しているということがわかってきました。ストレスは自律神経系のバランスを崩し、耳鳴りを起こす原因となります。

しかし、耳鳴りを訴える人の多くは、特に疾患や異常を持っていない場合も多いため、原因不明と言われることが多いのです。そして、掘り下げてみていくと、実はストレスを多く抱えていた、過労やストレスによって自律神経系に異常が起こっていた、そしてそれによって耳鳴りの症状が出ていた、というように原因が見つかる場合が多くなっています。

病院へ行っても耳に機能的な問題がないため、耳鳴りがしていても異常なしと診断されて終わってしまいます。そのような場合は一度、ストレスが原因ではないかと疑ってみても良いかもしれません。

耳鳴りの予防/治療法

耳鳴りは、ストレスや疲労、睡眠不足が大きく関わっている可能性が高いため、予防法としてはまず、ストレスを溜めないことが重要となります。ストレスを上手く解消することによって、ストレスが溜まってしまって不調になるのを減らすことができます。
また、疲労をためてしまうとそれがストレスとなり、耳鳴りの症状が出てしまう場合もあります。疲れてきたなと感じたら休む、平日はともかく休日は仕事から離れてしっかり休息を取るということも予防につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください