切り傷きりきず

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

切り傷とは

切り傷ができた場合は、水でよく洗って、清潔を保つことが大切です。傷が小さく浅い場合は、市販の絆創膏や湿潤療法用の絆創膏で保護しましょう。

しかし、深い傷や動物による傷、汚い物で切れた、出血がなかなか止まらないなどの場合は、早急に形成外科などを受診してください。縫合や、感染を防ぐための薬の塗布や内服が必要です。

ガラスや陶器などによる切り傷の場合も受診し、傷口に破片紛れてないかどうか医師に確認してもらいましょう。

切り傷の症状

切り傷は、皮膚が何かしらの鋭利な物で切れたときにできる傷のことを指します。

切り傷を負うと、出血したり、傷周辺の内出血を起こしたりして、腫れることがあります。また、傷口を清潔に保っていないと、傷口から細菌に感染し、化膿してしまうこともあります。

傷の深さや部位によっては、数日間赤く腫れて痛んだり、熱を持つなど炎症を起こすことがあります。受傷後に発熱した場合は、傷口から細菌感染した可能性があるため受診が必要です。体の抵抗力が著しく低下している時は敗血症などの全身疾患につながってしまうこともあります。

切り傷の原因

切り傷は、大きなものから小さなものまで、さまざまな状況下で起こります。

・紙
・皿やコップなどの食器類
・植木鉢や花瓶などの陶器類やガラス製品
・缶詰の切り口や空き缶の飲み口など
・包丁やのこぎり、カッターやはさみといった刃物類
・転倒 など

切り傷の対処法

浅い切り傷の対処法


●圧迫して止血する
清潔なハンカチやタオルで、傷口を押さえて止血します。

●水道水できれいに洗う
切り傷ができたら、まず汚れを水道水でよく洗うことが大切です。生理食塩水でもよいです。消毒液はかけてはいけません。消毒液を使うと、悪い菌と一緒に血小板や白血球などの傷を治したり雑菌をやっつけてくれる細胞までも殺してしまいます。

●湿潤療法を行う
傷が乾かないように、湿潤療法用の絆創膏を貼るか、ワセリンを塗ってラップで密封します。

深い切り傷の対処法


傷が深く、真皮や筋肉、血管が傷ついている場合は、縫合や抗菌薬の内服などが必要となります。合併症を引き起こさないためにも、早めに形成外科などを受診するようにしてください。

傷が浅かったとしても、動物による傷、ガラスや砂などが入った傷、汚いものによる傷などの場合は、化膿する可能性があるため受診が必要です。

切り傷の跡を残さないために


傷口が治ったあとは、保湿と紫外線対策、血行を促進することで傷跡対策を行いましょう。入浴後は、クリームやオイルをしっかりと塗って保湿します。傷口に紫外線が当たると色素沈着を起こしやすいため、なるべく日光に当たらないように気をつけましょう。また、血行をよくすると肌の代謝が促されるため、湯船に使る習慣をつけるとよいでしょう。

セルフケアをしても、傷跡が気になるという場合は、美容皮膚科や美容外科を受診しましょう。傷にもよりますが、レーザー治療で傷跡を薄くすることが可能です。

切り傷の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
切り傷の薬には、抗生剤のような飲み薬と、患部に潤いを与える塗り薬があります。

抗生剤のような飲み薬は、病院で処方されます。微生物の増殖や機能を阻害する抗生物質が含まれており、切り傷での細菌の繁殖を防げます。細菌の繁殖を防ぐことで膿を出さないようにして、切り傷の回復を早めます。抗生物質のような飲み薬は、できれば怪我をしたその日のうちに飲むようにします。早ければ早いほど効果があるので、処方されたらすぐに飲むようにすることが大切です。

病院に行って抗生剤をもらう必要のない軽い切り傷ならば、患部に潤いを与える塗り薬を使用する方法があります。傷口を乾燥させないことで、早くきれいに治すことができます。使い方としては、水道水で患部の細菌を洗い落としたあとに、清潔なハンカチやガーゼで水気を取ってから塗り薬を使用します。いきなり患部に塗り薬を使用してしまうと、細菌が残ってしまい感染症の恐れがあります。また、切り傷の飲み薬はかさぶたがない状態で使用するほうが良いです。かさぶたの下では、真皮が乾燥した状態で存在しています。体液も乾いているため、治りが遅く、衛生的にも良くありません。絆創膏を使用する際も、潤いのあるタイプを使用すると回復が早いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください