急性扁桃炎きゅうせいへんとうえん

カテゴリ
血液・造血器の病気
内分泌系の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性扁桃炎とは

急性扁桃炎とは、口蓋扁桃がウイルスに感染することによって、急性炎症を起こしてしまった状態のことを指します。口蓋垂に強い腫れや赤みが確認されることが特徴ですが、扁桃の表面が白く変色した状態になることもあります。

急性扁桃炎の症状

急性扁桃炎の主だった症状は、喉に感じる強い痛みです。食事を摂る際や、飲みものを嚥下する際にも痛みを感じるため、食欲の低下なども懸念されます。これに加え、全身のだるさ、悪寒や発熱なども併せて現れることが多く、38度以上の高熱につながることも、ままあることです。
  
この他の症状としては、
・頭痛
・関節に鈍い痛みを感じる
などのものがあり、重篤な状態になると、リンパ節の腫れや扁桃腺周囲炎につながることがある疾病です。また、中耳炎を併発してしまうケースもあるため、この場合には併せて耳の痛みなども感じます。

急性扁桃炎の原因

急性扁桃炎を発症する原因は、ウイルスや細菌などに感染することです。特にリスクの高いウイルスとしては、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌などが挙げられます。
  
主に、風邪やインフルエンザの発症後に扁桃炎を併発するケースが多く、口蓋内で繁殖した菌によって、強い炎症が引き起こされます。通常、身体が健康を維持している状態であれば、自己の免疫機能が口蓋扁桃を守りますが、疲労やストレスなどによって弱った状態においては、感染症にかかりやすくなります。炎症が出たときに発熱する現象は、ウイルスを排除するために起こるものです。

急性扁桃炎の治療法

急性扁桃炎は、自身の免疫機能を維持・増強することによって予防できることが知られています。たっぷりと良質な睡眠を取ることや、栄養のある食事を規則正しく摂取することなどは、ウイルスに感染しない身体を作るためには効果的であるとされています。
  
また、喉の乾燥もウイルス感染のリスクを高めます。外気が乾燥する季節などには、マスクをかけて外出するなどして、喉を守ることも大切です。急性扁桃炎を発症してしまった場合には、安静を心掛け、水分・栄養素の補給を行うと良いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください