肉離れ・筋断裂にくばなれ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肉離れ・筋断裂とは

肉離れ(筋断裂)とは、筋肉の収縮動作が急激におこなわれることで筋肉が断裂してしまうことです。ほとんどが下半身に起こります。いつも通りの生活を送っていれば肉離れは起こりにくく、普段はしない急激な運動によっておこりやすいと考えられます。普段から運動前にはストレッチをする習慣を大切にして、しっかりと準備をしてから運動するようにしましょう。

肉離れ・筋断裂の症状


肉離れの主な症状は痛みです。
急に強い痛みを感じ、患部を動かすことができなくなります。

症状は肉離れをした部分の損傷の程度にもよります。
重症の場合は一人で歩行するのが困難なほどの痛みを伴います。外部から観察しても筋肉の損傷部位がへこんでいることが分かります。さらに、内出血を伴う場合もあります。筋肉が損傷を受けた際には、断裂音が聞こえる場合もあります。

程度の軽い肉離れの場合には、自覚症状を感じない場合もあるため注意が必要です。足が肉離れを起こしたとき、歩行はできるけれど走ったりすることで痛みを感じることが多いです。

肉離れは完治させないと長期にわたり、治療が必要となります。もし筋断裂や肉離れを起こしてしまったら、まずは完治するまで無理をしないこと、そして完治してからも専門家の指導のもとでリハビリを行うようにしましょう。


肉離れの初期症状とは


肉離れは、スポーツをしている時や重い物を持ったりした時に、急に筋肉に力がかかってしまい筋肉が傷ついてしまう事をいいます。
肉離れは特にスポーツをしている時のスタートダッシュや、重量挙げでバーベルを持ち上げた時などの瞬間に起こりやすいです。
初期症状としては、その筋肉の損傷時に強い痛みが出現するのが特徴です。バレーボールでジャンプをした時などは、強い痛みの為にそのまましゃがんでしまい、立ち上がれなくなってしまいます。
また、初期症状は強い痛みが生じますが、その後肉離れを起こしているところの部分の腫れや熱感、内出血が出現することがあります。肉離れを起こしたら、痛いからといって揉んだりしてはいけません。また、受傷直後は温めてもいけません。
肉離れを起こした際には、まずは安静にすること、そして氷水や湿布などで冷やすことが大切です。肉離れの場合、数日痛みが続き歩いたり日常生活での違和感を感じることもありますので激しい運動はなるべく避け、患部に負担のかからない生活をします。1週間以上強い痛みが続く場合には、肉離れではなく筋肉が断裂してしまっている場合もある為、整形外科などの医療機関に受診して診てもらいます。


出典:DoctorsMe体験談






筋肉のケガ3種



  1. こむら返り
    筋肉がロックした状態


  2. 肉離れ
    急激な筋肉の収縮によって筋膜や筋線維の一部が断裂する症状


  3. 筋・腱断裂
    筋繊維が切れてしまった状態




医師からのアドバイス


激痛が走っているけど、肉離れと断言できるのか分からなくて困っていませんか?
また、肉離れになりやすいタイプの人もいます。チェックしてみましょう!
【医師監修】肉離れってどういう状況?なりやすいのはどんな人!?





肉離れの初期症状について


私は去年、肉離れを起こしました。部位はふくらはぎだったのですが、状態はとても悪く、痛みで足が動かなくなってしまうほどでした。
そして治療後は長期間のリハビリも必要でしたし、もうこんな思いはしたくないと、予防法について自分なりに調べていたときのことです。私は、肉離れは突然起きるものではなく、段階を踏んで少しずつ悪化していく場合もあることを初めて知りました。
初期症状といえるものは、不快感やけだるさだそうです。まだ具体的な症状として現れていない状態なので、病院に行こうなどと思う人は少ないでしょうし、運動をしている人だとそのまま無理をして体を動かし続けることもあるかもしれません。わたしもそう考えていた者の一人でしたし、まさか足の不快感が肉離れの始まりだったなんて思いましていませんでした。しかし実はこの時点で、病院に行くべきだったのです。
そしてそのような初期症状が確認できたにもかかわらず、無理を押して足を動かそうとすると、徐々に痛みや腫れがでてきます。これが言ってみれば第二段階で、さらに悪化させると私のようになってしまうということです。
肉離れを酷くさせないため、また再発させないためには何よりも早めの受診が必要です。多くの人が、肉離れの初期症状について認知することが大事だと思います。


出典:DoctorsMe体験談




■肉離れの痛みの経過
肉離れとは、筋肉が切れてしまう状態のことです。肉離れが回復するにはダメージの度合いによりますが、2週間から3週間程度で回復します。治療法としては、サポーターやテーピングで固定するものや、患部を温めて血流を良くするものがあります。動かしても痛みが平気になったら、ストレッチや軽いトレーニングなどリハビリに入ります。もし、痛みが2週間以上続くのであれば、部分断裂など症状の重い肉離れの可能性があります。医療機関に相談したり、別の病院を受診してみるのもお勧めです。また、痛みが引かない場合生活習慣に問題がある場合もあります。ビタミンやたんぱく質が不足していたり、睡眠の質が悪かったりすると治りが遅くなる可能性があります。生活習慣の見直しもしてください。

■肉離れによるふとももの内出血
ふとももの肉離れの多くは、ふとももの裏側にあるハムストリングスという筋肉が損傷することで生じます。筋肉の損傷と同時に周囲の毛細血管が傷つき、内出血を伴うことがあります。症状としては、ふとももの腫れや痛みです。内出血が生じると、血液の循環が滞ったり筋肉細胞にダメージを及ぼしたりする可能性があるため、症状が悪化する前に適切な処置が必要です。応急処置としては、まず安静にし、テーピングなどで患部を固定することです。そして患部を冷やし、炎症の進行を食い止めます。炎症の拡大が止まれば、肉離れの自然治癒と同時に内出血も治まります。まれに内出血のため体内の水分の循環に支障が出て、むくみが生じることがありますが、多くの場合は無理のないマッサージで改善が期待できるでしょう。

■肉離れの痛みは移動する?
肉離れというのは、急に筋肉が収縮した際に筋線維の一部もしくは筋膜が損傷することをいいます。肉離れは太ももの内側にある筋肉(ハムストリング)やふくらはぎなどでもよく起こります。損傷直後の痛みはとても強く、脚の筋肉が肉離れを起こすと立っているのさえ辛くなってくるものです。肉離れの痛みは損傷した場所から移動することがあります。それは、損傷の周辺の組織が時間の経過とともに癒着を起こしてしまうからです。治療としては損傷した場所だけではなく、移動した場所を追いかけながら行わなければならないので、どこが痛むのか本人がしっかりと把握しておく必要があります。移動は多いと数か所に及びますから、肉離れだと思ったら放置せずに早めに受診するようにしましょう。

■軽度な肉離れの症状に関して
肉離れとは、急な動作や激しい運動によって自分の筋力では耐え切れないほどの強い収縮力が筋肉に働いた時に筋肉や筋肉膜が損傷・断裂する症状のことを指します。前ももやハムストリングス、ふくらはぎなど下肢に頻繁に見られる症状で、その程度は軽度・中度・重度と3段階に分けられます。軽度の場合は筋肉組織が少し伸びてしまった状態であり、多少の痛みはあっても運動に差し支えることはありません。運動する内容や時間によって痛みが強く出ることがありますが、患部に内出血や陥没は起こりません。通常は安静にしていれば1~2週間で痛みは引いていきますが、しっかり完治させないとクセになってしまうことがあります。同じ痛みを繰り返さないためには、軽度の肉離れであってもきちんと治療をすることが推奨されます。

肉離れ・筋断裂の原因


肉離れは、走ったり跳ねたりなど、筋肉を激しく使うことで発生しやすい症状です。
陸上やサッカー、テニスなどのプロスポーツ選手にも多く起こります。下記のようなことが肉離れの原因となっています。
・筋肉の疲労
・筋力不足
・アンバランスな筋肉
・柔軟性の欠如
・気候の変化


また、一般的に肉離れは「クセになる」ことがあるもので、一度損傷を起こした部位が再び損傷を起こすことも珍しくはありません。痛みが引いても完治していない状態が多いので、治っていると自己判断して肉離れが起こる前と同じような運動を行い、同じような肉離れを再発させる人も多い症状です。完治したと自己判断することはやめ、医師と運動を再開する時期を相談するようにしましょう。

肉離れ・筋断裂の治療法


予防


肉離れの予防のためには、歩行運動やマッサージを行い、日常的な動作の中で筋肉を使う場面を増やしたり、筋肉をほぐしておいたりすることが効果的です。

激しいスポーツをする人の場合には、目的の動きに必要とされる筋力を十分に身につけられるようトレーニングをしましょう。
スポーツの前後には入念なストレッチを行い、筋肉を柔軟にしておくことが求められます。必要に応じて、激しいスポーツを行う際には、専門家の指導を受けるものいいでしょう


治療法


肉離れを起こしたときには、安静にしましょう。まずはこれが大事です。急性期には患部を冷やしたり圧迫・挙上することで痛みが和らぐことがあります。

いずれにせよ、まずは医師や医療スタッフに相談し的確な治療を受けてください。

■太腿裏の肉離れの治療法
太腿裏は最も肉離れが起きやすい場所です。また、太腿裏の肉離れは再発が置きやすい部位でもあるので、治療には十分に気を配る必要があります。太腿裏の肉離れの治療は段階に分けて考えることが出来ます。まず、肉離れを発症した直後に関しては患部のアイシングや圧迫により、受傷部の炎症をコントロールしていきます。ただし、無理にストレッチなどを行うと、かえって回復を遅らせることになりかねないので注意が必要です。そして、肉離れが起きてから3日から5日程度経過したら、リハビリにストレッチ運動を取り入れていきます。ストレッチ運動が問題なく行えるようになって初めて、ジョギングなどの軽い運動を行う事が出来る様になります。太腿裏の肉離れは経過状況に応じて、適切な治療を行う事が大切であるといえます。

■ジョギングによる肉離れのリハビリメニュー
近年ではジョギングを趣味としている人が増えてきましたが、その分トラブルに見舞われてしまう人も多くなっています。特にジョギングでは急に運動をしたり、いつも以上に頑張ってしまって肉離れを起こしてしまう人もいます。肉離れを起こしてしまった場合は必ず病院を受診し、医師の指示を受けて下さい。通常3日から4日で痛みが落ち着いてくるので、痛みが良くなってきたら仰向けに寝て、痛みがある足の太ももの裏を両手で抱えて筋肉をゆっくり伸ばします。次にうつぶせに寝て、痛みがある足をゆっくり上に上げます。この時無理をして足を上げ過ぎてしまうと筋肉に負担がかかってしまうので、ゆっくりと行って下さい。徐々に筋肉に負担をかけてリハビリを行いますが、決して一度に行わない様に注意して下さい。

■水泳による肉離れのリハビリメニュー
肉離れが起きた場合、リハビリには水泳が適しています。水泳は水の中で行う運動なので、当然水に入ると体が浮く「浮力」が働きます。浮力で体が軽くなり、通常の運動と違って体に負担がかからないので、肉離れのリハビリで激しい動きがまだできない場合、水泳はリハビリ用の運動として効果を発揮します。さらに水泳は水圧によって運動しながらのマッサージ効果もあるので、しばらく運動できなかった体の筋肉をほぐすことができます。ただし体に負担がかからないからといって、激しく泳ぐのは危険です。水中を歩くなどの軽めの運動で回復具合の様子を見ましょう。そして、水中でストレッチを温水プールですることをおすすめします。温かさで筋肉をやわらかくするのに効果的です。

■自転車を利用する肉離れのリハビリ
肉離れが起きた際、足のリハビリを行うのに適した運動は自転車をこぐことです。自転車をこぐ行為は、運動量は多いですがランニングやウォーキングに比べて疲労を感じさせることがなく、スムーズにリハビリ運動を行うことができます。実際に自転車をこぐのも良いですが、ジムなどにあるエアロバイクも効果的です。エアロバイクの場合、雨が降った場合でも室内でできる運動で、お金に余裕があれば購入して自宅で運動をすることもできます。ジムなどにあるエアロバイクは、使用する人の運動量によって負荷のかけ方も調節することができるので、肉離れにより通常より激しい動きができない人でも、自分のペースに合わせた運動を無理なくすることができます。

体験談①


肉離れの恐ろしさ


中学校の体育祭で、先輩が肉離れを起こしました。ちょうど徒競走をしていたときで、その先輩がコーナーを走る途中で急にうずくまったのです。最初は転んだのかと思っていたのですが、なかなか起き上がらなかったのです。その異変に、何事かとみんなと遠巻きに見ていたら、痛い、痛いと言う先輩の声が聞こえてきました。先輩は手でふくらはぎを持っていたものの、その表情は苦痛で歪み、あまりに痛いために、歩くこともできないほどの状態だったようです。その後は先生数人に抱えられるような感じでグラウンドから退場したのですが、後に肉離れだったと聞きました。
肉離れがあんなに痛いものだとは思っていなかったので、とても驚いたのを覚えています。
肉離れした部位は固定され、リハビリも行ったと聞きます。とにかく痛いようで、幹部を固定されてもなお、今までのように素早く歩くことなどはしばらくできなかったようです。更に、当分の間、松葉杖での生活も余儀なくされていました。特にふくらはぎの肉離れは、ほかの部位よりも完全に治るまで時間がかかるようです。
肉離れには整形外科や整体などでの治療が行われるようですが、再発することも多いために注意が必要な症状のようです。


出典:DoctorsMe体験談


体験談②


肉離れは最初の治療が肝心!


中学3年生のとき、体育の授業で50メートル走のタイムを計りました。左の太ももに激痛が走ったのはスタートダッシュの瞬間でした。痛いのを我慢して走りましたが、「やってしまった」という感覚がありました。しかし、翌日には痛みも収まっており、「大丈夫かな」と部活にも参加しました。バスケ部だったのですが、そこでダッシュの瞬間にやはり激痛が走りました。続けられなくなり、あきらめて病院へ行くと、「肉離れだね」と言われました。
肉離れは外見上の変化がなく、痛みもしばらくすると消えてしまうため、放置されやすい、結果として長期化したり再発しやすくなってたりしてしまう、とのことでした。確かに、「伸ばすと少し痛いな」と感じる程度で、数日安静にしていれば治ったと勘違いして部活に参加し、「やっぱり無理」ということを繰り返してしまっていました。
初めての肉離れであれば、安静にして完治させれば筋繊維はきれいに元通りになるが、気付かずに繰り返してしまうと繊維がぐちゃっとした状態でくっついてしまい、再発しやすくなる、だから最初が肝心なんだ、と言われましたが、残念ながら私の場合はもう遅かったです。
普段と違う痛みを筋肉に感じたら、軽く考えないで病院で診察してもらうことをおすすめします。


出典:DoctorsMe体験談


体験談③


肉離れの応急処置とその後の治療


スポーツなどをしていると発生することがある肉離れですが、かなり痛いものです。肉離れとは、筋肉が急激に収縮する等によって筋肉繊維が断裂する状態をいいます。急な動きをした場合等に表れやすく、ふくらはぎの肉離れが典型的です。発症した痛い部分を触ってみると、場合によっては断裂した感触を感じることがあります。
肉離れが起きた場合には、非常に痛いですから発生したことはすぐわかりますので、まずは応急処置が大事です。応急処置の基本はRICEです。RはRestで安静にすること、IはIceで冷やすこと、CはCompressionで痛い部分を固定して動かさないようにうすること、EはElevationで、挙上の処置を行うことを意味しています。
肉離れが起こると、痛い状態はしばらく続きます。その治療方法ですが、温熱処理などが有効とされています。応急処置では被害の拡大を食い止めるために冷やすのですが、恒久的治療を行う場合には、温めることで組織の回復を促していくのです。また炎症を起こす可能性があるため、引き続き安静にすることが大事です。
すぐに運動を再開したりすると再断裂の可能性が高いため、しばらくは激しい運動をさけるべきです。


出典:DoctorsMe体験談


体験談④


肉離れは直後の処置で痛み軽減


肉離れというケガは誰しも一度は経験をしたことがあるのではないでしょうか。あまりの激痛に歩くことすらできなくなった人もいるかと思います。
肉離れは筋肉の急激な収縮動作によっておこるものです。「痛い」と感じたときにはすでに筋肉は伸びきっていて、立つことすらできないという人も少なくありません。
急激な運動や久しぶりの運動をした時におこるこのケガは、若い人ではなく成人以上の人が起こしやすいもので、特に女性よりも男性の方が肉離れになりやすいと言われています。肉離れはそのあまりの痛さから医者でしか治すことが出来ないと思われがちですが、実はそうではありません。
筋肉がつった感覚を体で感じたらすぐに動いてはいけません。そのまま痛い部分を伸ばしながら心臓に近い位置を圧迫するのです。こうすることによって体に一度刺激を与えることができ、痛みを少し軽減することが出来ます。さらに氷をタオルでくるんでアイシングをします。この時、とても冷たいと感じるくらいの冷たさのもので冷やすことがポイントです。暑くなってしまった筋肉を一気に冷やして体を正常な状態に戻してあげるのです。このような応急処置をうまく行えば医者に行かなくても数時間には治っています。


出典:DoctorsMe体験談


体験談⑤


肉離れの初期症状は大変


知り合いの長男さんは肉離れの初期症状で大変な思いをしていると聞いています。サッカーでシュートを打つ際に、
ふくらはぎを硬い棒で殴られたような激痛が走り急に動けなくなったそうです。ほんとはあまり揉むとよくないようですが、
とっさに強くふくらはぎを全体的に揉んでしまって、
家に帰るとさらに痛みがひどくなってしまったそうです。肉離れの初期症状をあまく見てしまって病院に行かず、家族の心配をよそに本人の勝手な判断でシップとマッサージでしばらく対処していたようです。一旦、肉離れで筋繊維が切れてしまったのに適切な対処をせず、無理して気休めの処理をしてしまったこともあり、肉離れが癖になってしまったそうです。一度癖になると、不思議と同じ個所がまた違和感が出て痛みがよく出るようです。ときには、夜寝ているときでもあまりの痛みに足が伸びてしまうそうです。いつまた同じところに激痛が走るかという不安がいつもつきまと単純に軽くジョギングするだけでもその足をかばいながら走るので、練習にならないそうです。また、癖づいてしまった痛みとその不安でかばった足と逆の足に負担がかかり、いまでは両足ともに痛みをこらえながらの練習をする毎日が続いているそうです。


出典:DoctorsMe体験談


  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

肉離れ・筋断裂の相談

肉離れ・筋断裂の体験談

  • ツボ押しが肉離れの筋肉の回復を助ける!

    Doctors Me 肉離れ験談

    肉離れは、急激な運動などによって起こります。筋肉繊維が断裂することが原因ですが、損傷のひどさにより「微小断裂」「部分断裂」「完全断裂」の3つの段階に分けることができます。 いずれの段階であっても、安静にし、冷やして心臓よりも高い位置に固定する措置が必要だといわれています。それに加えて、東洋医学では、ツボを押すことで痛みを和らげ、回復を早める効果があると考えられています。 ツボには、炎症を抑える効…続きをみる
  • 肉離れの治療は病院の何科に行くの?

    Doctors Me 肉離れ験談

    肉離れを起こしてしまった場合、何科に行けばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。何科に行けばよいかというと、整形外科に行きましょう。整形外科は、骨や筋肉、関節などの体の構造に関わる治療を行っているため、肉離れも対象になっています。 整形外科での肉離れの治療は、まず痛みや腫れの原因である炎症を鎮めるために安静にします。肉離れは筋肉がダメージを受けている状態なので、治療をせず放置したまま日常生活を送…続きをみる
  • ある肉離れの改善方法

    Doctors Me 肉離れ験談

    私は筋トレを行っているのですが、無理な力が足に加わって今まで二回肉離れを起こしています。この肉離れは実にやっかいで完治するまでに時間がかかります。 そしてこの肉離れを短期感で治す治療方法はなく自然に回復を待つしかないのです。しかし私は早く筋トレに復帰したい為にどうにか肉離れを短期間で治せないものかと実行してみました。まず一度目は冷やしたり患部に直接つける市販の塗り薬やスプレーを使用して普通に日常…続きをみる
  • なかなか完治しない肉離れ

    Doctors Me 肉離れ験談

    私は、サッカーを行っていましたが、試合中に走りだそうとして太ももにグッと力を入れたときに痛みが走りました。そこまでの痛みではなく、そのまま気になりながらも試合を続けていました。 試合後、時間が経つと、歩く際にも痛みを感じるようになったので、家の近くの整形外科に行くと「肉離れ」とのことでした。数日経つと、痛みがなくなったので、お医者さんのアドバイス通りに軽いジョギングから始め、2週間後くらいには痛…続きをみる
  • 肉離れ治療のサポートに漢方薬を

    Doctors Me 肉離れ験談

    友人と一緒に山歩きを楽しんだ翌日、右足が酷く痙攣した状態で目が覚めました。鈍痛が続きますが我慢できない程ではありません。単なる筋肉痛と思って数日放置していると痛みはだんだん酷くなってきました。 思いあまって整形外科のお医者さんを訪ねると「これは単なる筋肉痛ではありません。肉離れです」と診断されました。治療薬として鎮痛剤や湿布を手渡されましたが、それだけでは不安なので担当医に相談すると、漢方薬を専…続きをみる
  • 肉離れの検査ってどうやるの?

    Doctors Me 肉離れ験談

    私は中学、高校と陸上部に所属していました。走ることが最重要の競技なので、毎日足へ大きな負担がかかっていました。そして高校の部活のある日、走っている最中に足から鈍い音がして、そのまま痛くて走れなくなってしまいました。病院での検査の結果肉離れでした。最初は検査結果を受け入れられませんでした。 もちろん、毎日練習の後なるべく疲れが残らないように気を付けているつもりでした。しかし、思いのほか疲れがたまっ…続きをみる
  • 肉離れだと言って油断は禁物です

    Doctors Me 肉離れ験談

    学生時代吹奏楽部に所属していたのですが、マーチングと呼ばれる演奏と行進を合わせた練習時に肉離れを起こした経験があります。当時私の所属していた部活は全国大会に出場する強豪校で、マーチングの大会の時期になると朝9時から夕方5時まで練習が続くことも珍しくありませんでした。 普通肉離れで手術を行うケースは珍しく、安静にしていれば回復が見込めるのですが、大会が近かったこともあり痛みの原因がわからないままに…続きをみる
  • 肉離れは腫れの抑制が大事

    Doctors Me 肉離れ験談

    肉離れになったのは高校2年の時でした。 僕は中高とバスケットボール部に所属しており、練習は走り込みや筋トレが毎日のようにありましたが、それまで肉離れのような大きな怪我をしたことは一度もありませんでした。 毎日の練習の終盤に走ってはランニングシュート、走ってはランニングシュート、と走り込みとシュートの反復練習がありました。練習終盤であるため疲れは溜まっていましたが、毎日のように繰り返しているメニュ…続きをみる
  • 肉離れには食べ物も大事!

    Doctors Me 肉離れ験談

    私は、30歳の厳冬のジョギング時、寒さを吹き飛ばそうと勢いよく走り出したところ、突如、激痛がふくらはぎに走り、スポーツが生活の一部となっている中で、初の出来事に驚きました。動かずに休憩しても、自力での移動・歩行が困難な痛みが続くため、携帯電話をかけ、救急で病院を受診しました。 検査の結果、肉離れと診断され、ふくらはぎを包帯で圧迫・固定し、保存療法が行われました。ジョギング前の準備運動の重要性や肉…続きをみる
  • 肉離れの痛みに素早く対処

    Doctors Me 肉離れ験談

    肉離れとは、スポーツなどで急激な負荷がかかることにより筋肉が損傷することを言います。ある特定の動きをすると痛みを感じる時や、まともに歩くことさえままならないといった場合まで、度合いによって症状も様々です。 肉離れになった時は、素早く処置をすることで早く痛みを取り完治させることができます。 そのためにはまず、病院に行き、レントゲンを撮ってもらいます。これは骨折などしていないかを確認する必要があるか…続きをみる

肉離れ・筋断裂に関するコラム