裂肛(切れ痔)れっこう(きれじ)

カテゴリ
直腸・肛門の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

裂肛(切れ痔)とは

裂肛とは、硬い便や下痢などで肛門が切れてしまうことを言います。また、切れ痔とも呼ばれます。排便時に痛みがあり、出血することもあります。慢性化してしまうと肛門が狭窄し、ますます切れやすく排便しにくくなります。

裂肛(切れ痔)の症状

切れ痔は、20から40歳くらいまでの女性に多くみられ、排泄時の痛みと少量の出血が代表的な症状として挙げられます。肛門が裂けたり切れたりするため、傷が小さくてもかなりの痛みがあります。主に肛門の後方が切れやすく、前後両方切れてしまう場合もあります。傷ができた肛門上皮は血流が少ないため、出血はお尻をふいたときにペーパーに血がにじむ程度の量です。
  
切れ痔が慢性化すると、傷口の周囲が潰瘍にようになってしまいます。その結果、肛門ポリープや切れ痔の周りが腫れてしまう「見張りいぼ」ができる場合があります。悪化すると肛門が炎症によって狭くなってしまい、便が出にくくなります。

裂肛(切れ痔)の原因

切れ痔の原因は、主に便の状態にあります。

肛門を通過する際の便が硬すぎたり、太すぎたりすると上皮が傷ついてしまいます。また、下痢などで頻回の排便により肛門に刺激が繰り返され、上皮が切れてしまうこともあります。

慢性的に切れ痔になると、本来柔らかい肛門の皮膚が炎症で硬くなってしまい、排便時に裂けてしまうこともあるため注意が必要です。

裂肛(切れ痔)の治療

排便コントロール


生活習慣の改善や水分や食物繊維を意識して摂るなどして、便通を整えます。整腸剤を用いることもあります。

外用薬・内服薬


症状によっては、ステロイド薬を含む軟膏(座薬)などを使用することがあります。痛みが強い場合は、鎮痛薬が処方されます。

手術


切れ痔が慢性化し、狭窄があり、痛みが強く生活に支障がある場合は、手術が検討されます。肛門にある内肛門括約筋を切開する治療や、肛門ポリープなどを取り除いて皮膚を移動する手術などがあります。

裂肛(切れ痔)の予防

切れ痔は、便秘や下痢をしやすいと起きやすいため、日頃から排便コントロールをすることが予防につながります。

排便にちょうどよい固さと太さの便を出せるように、まずは食生活や生活習慣に気をつけます。
  
食生活では、バランスよく食べ、特に繊維質の多い食材を積極的に摂ります。水分補給をしっかりして、朝食をきちんと食べることも排便に関係してきます。

排便後の拭き取りの際は、あまり強く拭かないようにしてください。洗浄便座のシャワーなどを活用して肛門周りを優しく洗い、清潔を保つことも大切です。

切れ痔/裂肛の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
少し硬い便をして切れ痔/裂肛になってしまったという経験をされる人も多いのではないでしょうか?排便時に粘膜を傷つけてしまい出血などを起こすことを切れ痔と言います。痔の薬には、座薬タイプや注入タイプ、直接患部に塗るタイプの種類があります。痔の薬にはステロイドや非ステロイドの種類があり、炎症を抑える効果が高いのはステロイド配合のタイプになっています。基本的には座薬タイプと注入タイプは効果は同じです。座薬タイプはロケットのような形をしており、直腸内で徐々に溶けて効果を発揮します。注入タイプはプラスチックの中に薬が入っているため肛門にプラスチックを挿入し容器を押すことで中に薬剤を注入することができます。また、手が汚れずに注入できる利点があります。薬局や病院でも注入タイプを見かける事が多いですね。切れ痔/裂肛は中に裂傷があるため、注入タイプで中に薬を注入すると良いでしょう。また、切れてしまった場合は炎症を起こしやすく肛門周囲にかゆみが出る場合も少なくありません。そんな時は、軟膏タイプを使用するか、注入タイプの薬を手に出して直接塗る方法もあります。軟膏タイプは炎症を和らげる目的にステロイドが配合されている場合が多いです。自分の症状に合った薬のタイプを選ぶとより効果的です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「痔になりやすい度」チェック

日本人の3人に1人が「痔」とも。あなたは大丈夫?

どこか恥ずかしいイメージのある「痔」。排便時に肛門に痛みがあったり、出血したりと悩ましい病気です。

痔には、「いぼ痔」「きれ痔」「痔ろう」の3種類があり、一説によると日本人の3人に1人が患っているとも言われています。また、症状を隠して悪化してしまったり、自覚がない場合もあります。

今回は、痔を予防するためにも、まずは簡単にセルフチェックしてみましょう。

1 /15

運動をする習慣はあまりない方である

健康チェック画像

「痔になりやすい度」チェック

日本人の3人に1人が「痔」とも。あなたは大丈夫?
健康チェックする