医師監修

中耳炎とは

中耳炎には、急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎や真珠腫性中耳炎などの種類があります。どれも中耳の部分に炎症を起こした状態という点で共通しています。中耳炎にかかると耳が痛かったり、発熱がある場合、逆に無症状の場合もあります。細菌感染であることが多いですが、ウイルスが原因であったり膠原病の症状であることもあります。

中耳炎の症状

急性中耳炎や、滲出性中耳炎がありますが、
急性中耳炎は風邪などの感染症や、大量の鼻水が原因となって発症することが多く、短期間で治るものがほとんどとなっています。こちらの症状としては、耳が痛かったり、発熱があったりということが挙げられます。耳が詰まった感覚や聞こえが悪くなったりという耳の違和感や、耳垂れがある場合もあります。赤ちゃんや子どもは耳に触ったり耳に手を持っていこうとすることが増えます。

滲出性中耳炎には、耳が痛かったり発熱があったりという症状はありません。また、耳垂れもありません。そういった症状がないため、なかなか気づきにくいという特徴があります。
呼んでも振り向かなかったり返事をしなかったり、テレビやラジオ、ステレオの音量を上げるようになったりという難聴の症状が出ます。また、急性中耳炎と同じように耳に触ったり耳に手を持っていこうとすることが増えます。発熱も耳垂れもないため病院へ行くのが遅れてしまいがちですが、放置してしまうと急性中耳炎の発症と治癒を何度も繰り返したり、お子さんの場合は、言葉の発達が遅れたり、学習力の低下につながることもあると言われています。

中耳炎の原因

急性中耳炎と滲出性中耳炎ではそれぞれ原因が異なります。
急性中耳炎の最も大きな原因は、風邪などの感染症です。また、それ以外にも大量の鼻水やその鼻水をすすることも原因の1つとなっています。そこに含まれる菌が中耳に感染し、炎症を起こして中耳炎が発症します。急性中耳炎の場合は中耳腔という部分に膿がたまり、鼓膜が外側に腫れます。

滲出性中耳炎の原因は、急性中耳炎が進行して、滲出性中耳炎に移行してしまうことが挙げられます。急性中耳炎を放置しておいた結果、滲出性中耳炎になってしまいます。また、鼻炎などで鼻水が長期に渡って出ている状態や、鼻をすする癖も原因とされています。そういった状態が原因となり、中耳内部の圧力が浸出液によって下がってしまい、それによって鼓膜が中耳腔側にひっこんでしまうことによって、滲出性中耳炎は発症してしまいます。

急性中耳炎も滲出性中耳炎も、風邪などの感染症に含まれる菌や鼻水に含まれる菌が原因となることが多いのですが、滲出性中耳炎の場合は急激な気圧の変化が原因となることもあるので、風邪や鼻炎などの所見がなくても発症している場合があります。

中耳炎の予防/治療法

予防法と言えるのは、鼻の通りを良くしておくことです。
急性中耳炎であっても滲出性中耳炎であっても、鼻水が原因となっている場合が多いです。鼻水が詰まっている状態をなくせば中耳炎は予防できます。
大人の場合はこまめに鼻をかんで、鼻水が詰まった状態を緩和させます。赤ちゃんやまだ鼻が上手にかめない子どもの場合は、鼻吸い機などを使って鼻水をこまめに吸ってあげましょう。
中耳炎は赤ちゃんや子どもに多い病気です。それは赤ちゃんや子どもは風邪をひきやすく、その上鼻水が詰まっていても自分で鼻をかめないことが関係しています。赤ちゃんや子どもの鼻水が多いなと感じたら注意してください。中耳炎はよっぽど腫れなければ意外と痛がらないこともあります。
軽いうちなら早く治るものなので、中耳炎をしたことがある場合などは、風邪をひいたかなと感じたらすぐに受診されるのが良いですね。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

中耳炎の相談

中耳炎の体験談

  • 顎の痛みで中耳炎と気づくことができました。

    中耳炎・顎

    試験の一週間前の出来事です。何となく顎に違和感を感じることがありました。特に寝る前の横になっている時に、痛みを感じました。毎日痛むので、試験に影響があっては困るので、受診することにしました。 とりあえず内科に行ってみると、大きい病院で見てもらった方がいいと紹介状を書いてくれました。そして、町一番の大きい病院にいったのです。そうすると、中耳炎の影響で顎に痛みが出ていると診断されました。幸い薬で散ら…続きをみる
  • 中耳炎を侮るな!悪化すると大変!

    中耳炎・悪化

    中耳炎は子供の頃に大方の人が患うありふれた病気で、耳鼻科で適切に治療してもらえば数日で良くなります。但し、この時確実に治しておかないと、後々大変な事になりますので皆さんご注意下さい。 私も小学生の頃、風邪を引くと中耳炎(右耳)度々患いました。発症初期は激しい痛みを伴うので病院に通い治療を受けるのですが、痛みが取れると通院を止めていました。そのような状況を繰り返し、やがて大人になるにつれ患わなくな…続きをみる
  • 中耳炎でアルコールは禁物

    中耳炎・アルコール

    私は風邪を引いた後に耳が痛くなり、あまりの痛さに我慢できなくなったので耳鼻咽喉科に行き診察を受けました。 耳の中をチェックしてもらうと、鼓膜所見ですぐに中耳炎であることが判明し、炎症を抑える内服薬をのみ、治療を開始することになりました。服用薬を処方してもらったので、生活についてはいつもどおりでいいだろうと思い、病院から帰った後家でかなりの量のお酒を飲みました。病院に行った疲れも相まってその日は…続きをみる
  • 中耳炎になったら、まずは安静にすること

    中耳炎・安静

    わたしは、小さい頃から耳が弱く、飛行機や新幹線、船などの乗り物が苦手で、山などの高所に移動している時も耳が敏感に反応するほどでした。そのため、遠方にある父親の実家へ帰省する際も、前述の乗り物をよく使うことがあり、そのたびに耳の病気のトラブルを起こしていました。その中で一番多かったものは、中耳炎の症状でした。 しかし体の成長にあわせて、乗り物で耳を悪くすることは少なくなっていきましたが、それでも風…続きをみる
  • 飛行機でなる航空性中耳炎について

    中耳炎・飛行機

    私は左耳が慢性中耳炎で鼓膜に穴が開いていて左に関しては大気圧の影響などはまったく影響がありません。そのせいなのか右側は少し標高があがっただけでも耳閉感を感じます。そんな私が飛行機に乗ったときが修羅場でした。 高校の修学旅行のとき始めて乗った飛行機。離陸時ももちろん耳が痛く耳閉感、キーンとした感じはありましたが、これは許容範囲。問題は着陸時でした。耳が痛いといった程度ではなく激痛。ずっと手で耳を押…続きをみる

中耳炎に関するコラム