中耳炎ちゅうじえん

カテゴリ
耳の病気
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

中耳炎とは

中耳炎には、急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎や真珠腫性中耳炎などの種類があります。どれも中耳の部分に炎症を起こした状態という点で共通しています。中耳炎にかかると耳が痛かったり、発熱がある場合、逆に無症状の場合もあります。細菌感染であることが多いですが、ウイルスが原因であったり膠原病の症状であることもあります。

中耳炎の症状

急性中耳炎や、滲出性中耳炎がありますが、
急性中耳炎は風邪などの感染症や、大量の鼻水が原因となって発症することが多く、短期間で治るものがほとんどとなっています。こちらの症状としては、耳が痛かったり、発熱があったりということが挙げられます。耳が詰まった感覚や聞こえが悪くなったりという耳の違和感や、耳垂れがある場合もあります。赤ちゃんや子どもは耳に触ったり耳に手を持っていこうとすることが増えます。

滲出性中耳炎には、耳が痛かったり発熱があったりという症状はありません。また、耳垂れもありません。そういった症状がないため、なかなか気づきにくいという特徴があります。
呼んでも振り向かなかったり返事をしなかったり、テレビやラジオ、ステレオの音量を上げるようになったりという難聴の症状が出ます。また、急性中耳炎と同じように耳に触ったり耳に手を持っていこうとすることが増えます。発熱も耳垂れもないため病院へ行くのが遅れてしまいがちですが、放置してしまうと急性中耳炎の発症と治癒を何度も繰り返したり、お子さんの場合は、言葉の発達が遅れたり、学習力の低下につながることもあると言われています。

中耳炎の原因

急性中耳炎と滲出性中耳炎ではそれぞれ原因が異なります。
急性中耳炎の最も大きな原因は、風邪などの感染症です。また、それ以外にも大量の鼻水やその鼻水をすすることも原因の1つとなっています。そこに含まれる菌が中耳に感染し、炎症を起こして中耳炎が発症します。急性中耳炎の場合は中耳腔という部分に膿がたまり、鼓膜が外側に腫れます。

滲出性中耳炎の原因は、急性中耳炎が進行して、滲出性中耳炎に移行してしまうことが挙げられます。急性中耳炎を放置しておいた結果、滲出性中耳炎になってしまいます。また、鼻炎などで鼻水が長期に渡って出ている状態や、鼻をすする癖も原因とされています。そういった状態が原因となり、中耳内部の圧力が浸出液によって下がってしまい、それによって鼓膜が中耳腔側にひっこんでしまうことによって、滲出性中耳炎は発症してしまいます。

急性中耳炎も滲出性中耳炎も、風邪などの感染症に含まれる菌や鼻水に含まれる菌が原因となることが多いのですが、滲出性中耳炎の場合は急激な気圧の変化が原因となることもあるので、風邪や鼻炎などの所見がなくても発症している場合があります。

中耳炎の予防/治療法

予防法と言えるのは、鼻の通りを良くしておくことです。
急性中耳炎であっても滲出性中耳炎であっても、鼻水が原因となっている場合が多いです。鼻水が詰まっている状態をなくせば中耳炎は予防できます。
大人の場合はこまめに鼻をかんで、鼻水が詰まった状態を緩和させます。赤ちゃんやまだ鼻が上手にかめない子どもの場合は、鼻吸い機などを使って鼻水をこまめに吸ってあげましょう。
中耳炎は赤ちゃんや子どもに多い病気です。それは赤ちゃんや子どもは風邪をひきやすく、その上鼻水が詰まっていても自分で鼻をかめないことが関係しています。赤ちゃんや子どもの鼻水が多いなと感じたら注意してください。中耳炎はよっぽど腫れなければ意外と痛がらないこともあります。
軽いうちなら早く治るものなので、中耳炎をしたことがある場合などは、風邪をひいたかなと感じたらすぐに受診されるのが良いですね。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください