湿疹・皮膚炎しっしん・ひふえん

カテゴリ
皮膚の病気
子どもの病気
アレルギー疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

湿疹・皮膚炎とは

湿疹も皮膚炎も、皮膚表面に起こる炎症のことです。
皮膚は外からの刺激を守るものです。しかし防ぎきれない刺激によって、炎症を起こします。
皮膚炎には種類があります。
・接触性皮膚炎
・脂漏性湿疹
・皮脂欠乏性湿疹
・内因性湿疹
・尋常性湿疹

ここに挙げたのは一例です。
かかる人や原因はさまざまなため、治療や予防も原因に合わせて行う必要があります。

湿疹・皮膚炎の症状


皮膚炎の症状は、皮膚に異常が起こることです。
異常の種類は多くあるので、ここでは代表的な例に合わせて紹介します。
・かゆみ
・痛み
・赤い発疹
・腫れ
・水ぶくれ(水疱)
・ただれ
・紅斑


代表的な皮膚炎



  1. 脂漏性湿疹
    生後3か月くらいの赤ちゃんと成人とでは症状が異なります。
    赤ちゃんの場合は頭皮や髪の毛の生え際、眉毛などに湿り気をおびた黄色いふけや脂っぽいかさぶたようなものができます。
    成人の場合、頭皮に出来た場合、カサカサしたりしてふけのように皮がはがれることがあります。



  2. 皮脂欠乏性湿疹
    皮膚表面が白く粉をふいた状態や、カサカサしたり、ひび割れてたりしてかゆみや痛みがあります。



  3. 内因性湿疹
    アトピー性皮膚炎などがあり、全身に症状が現れます。
    慢性的な強いかゆみを伴い、皮膚がただれたり、カサカサとした状態になったりします。尋常性湿疹とは一般的に湿疹と言われるもので、症状はブツブツとした発疹や紅斑、かゆみや痛みがあります。
  4. 接触性皮膚炎

    外的な原因に起因する様々な刺激が肌に接触することにより、外的な刺激が接触した身体の部分が、赤いぶつぶつなどの症状が現れる「紅斑」や、皮膚が盛り上がる症状が現れる「丘疹」、症状の部分が水をもった湿疹が現れる「水疱」などの、湿疹症状が発生する皮膚疾患です。いわゆる「かぶれ」とも呼ばれる症状のことであり、外的な刺激と接触した部分と、そうではない部分との境界がはっきりとしていることが特徴で、痒みや痛みをともなう場合もあります。
    そして、『接触性皮膚炎』とは、「一時的刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」に分類されます。


● 一時刺激性接触皮膚炎
「オムツかぶれ」などに見られる症状であり、この場合は尿や便より発生するアンモニア成分によって生じる刺激です。その他にも、日常生活でも身近に存在する洗剤・石鹸などの刺激の強い物質によって、炎症症状が発生します。

● アレルギー性皮膚炎
「アレルゲン物質」と呼ばれる原因物質に繰り返し触れることによって炎症が発生し、湿疹が現れる症状です。原因物質には、化粧品に含まれる成分や植物、そして歯科金属アレルギーでも非常によく見られる症状です。

●子どもの湿疹
子どもの湿疹には様々な種類があります。新生児から乳児期に多くみられるのが、皮脂の分泌が多い頭皮や顔がカサカサになる「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」です。症状が軽ければ汚れを丁寧に落とし、皮膚を清潔に保ちましょう。新生児に発症した場合は医療機関を受診しましょう。「接触皮膚炎(おむつかぶれ)」も新生児から乳児期に多い湿疹です。おむつをこまめに交換しつつ、ぬるま湯などで丁寧に洗って患部を清潔に保つことが大切です。乳児期から学童期に多くみられるのが、感染症の湿疹です。特に多いのがプールなどで感染する「伝染性膿痂疹(とびひ)」や「伝染性軟属腫(水イボ)」です。これらの感染性湿疹は掻くことにより異なる部位に移ったり、他の人に感染したりすることがありますので、かかったら早めに医療機関を受診しましょう。

湿疹・皮膚炎の原因


湿疹・皮膚炎の原因は、基本的に体の免疫の働きによるものです。体に異物が入ってしまい、その異物を排除しようとする仕組みが過剰に働いて炎症が起こった場合に、かゆみや痛みを伴うような湿疹や皮膚炎という状態になるのです。






























可能性のある皮膚炎 主な原因
接触性皮膚炎(かぶれ) 下記の物質に肌が触れることで炎症が起こります。
・薬品や化粧品、洗剤
・虫
・植物
・紫外線
・金属     
また原因となる物質に対してアレルギーを持つ人だけにおこるものもあります。
脂漏性湿疹 発症しやすい3か月くらいまでの赤ちゃんと成人とで異なります。
赤ちゃんの場合は、皮脂の分泌が活発なためと毛穴が未発達なためです。
成人の場合は、原因の一つとして大切なものに皮膚に常在する菌のマラセチアという真菌(カビ)があげられます。皮脂や汗が多い環境をを好むマラセチアが異常増殖し、その代謝物が引き起こすと思われます。ホルモンバランスの乱れなども考えられており、ストレスや、洗顔、シャンプーなどのすすぎ不足や、ビタミンBの不足などもあげられます。
皮脂欠乏性湿疹 皮膚を保護する皮脂やセラミドなどの分泌が低下してしまうことです。
・加齢
・食生活
・洗剤や薬品、紙など過度の接触
・乾燥した環境
・アレルギー
内因性湿疹 原因がさまざまなのですがアレルギー体質があげれます。アレルギーを引き起こす食物や、ハウスダストやダニなどの環境によるもの、肌の不衛生、ストレスなどがあります。
尋常性湿疹 原因の物質があるものと、わからないものがあります。
原因となる物質がある場合、物質の刺激が体内に侵入すると、肌のバリア機能が働くことでその侵入をブロックします。そのブロックが物質の刺激に負けてしまうことで、症状が起こります。


<<自家感作性皮膚炎>>
すでに一次的な湿疹・皮膚炎が起こり、原発巣と呼ばれる最初の患部で細菌が増加するなど症状が悪化してしまった後で、それとは違う部分に丘疹と言われる細かい湿疹が二次・三次的に広がってできる湿疹・皮膚炎もあります。そのような湿疹・皮膚炎は自家感作性皮膚炎と呼ばれます。自家感作性湿疹は一次的な患部(原発巣)に触った手などで直接触れていないような場所にもできることがあります。これは、最初の湿疹・皮膚炎の原因となった抗原(免疫反応を起こす物質)が血液を介して全身に広まるためとされています。また、散らばるように広まった細かい湿疹・皮膚炎が融合するように大きな発疹になることもあります。
このような自家感作性湿疹は、顔などを含めて広く症状が出ることや、比較的強いかゆみが特徴ですが、他のさまざまな原因の湿疹・皮膚炎と同じく、かゆいからとかいてしまうとさらにかゆくなり、さらにひっかき傷から細菌などが入ることで症状を悪化させてしまうことがあるため、早期の治療が必要とされています。


●冬のかゆみがある湿疹
冬にかゆみをともなう湿疹は、主に乾燥が原因です。患部が粉を吹いたり乾燥していたりする場合は保湿が治療のメインとなります。湯船に保湿性の高い入浴剤などを使用するといいでしょう。ただし硫黄成分配合のものだと乾燥肌を促してしまうので、成分に気をつけましょう。入浴後には、乳液やワセリンで患部を保湿するようにします。肌の敏感な方は、ベビー用の乳液やワセリンが低刺激で安全です。悪化するようでしたら、迷わず皮膚科を受診しましょう。乾燥とは別に、入浴時や温かい衣服、睡眠中に痒くなる場合には、体が温まった際に痒みが発生する皮膚疾患を疑い、皮膚科を受診しましょう。

●夏の湿疹・あせもの違い
夏になると肌の状態が悪化する原因として考えられるのがあせもです。あせもは大量に汗をかくことで、汗腺が詰まって炎症が起こる状態です。汗をこまめに拭いたり洗い流すことで症状は緩和します。あせも以外で夏に起こりやすいのが金属アレルギーによる湿疹です。金属は汗に触れることでイオンとなって溶け出す性質を持っています。金属アレルギーや金属でかゆみやかぶれが起きた経験がない人でも、大量の汗をかく夏場は注意が必要です。また、汗が多い時期は、肌の細菌感染も増えます。あせもと金属アレルギーによる湿疹の対処法は異なるため、皮膚科で正しい治療を受けることが大切です。

●顔にできるアレルギー湿疹
顔にできる湿疹の原因のひとつに、アレルギーによる湿疹が挙げられます。代表的なのは花粉症、紫外線アレルギー、赤ちゃんの10人に1人がなるとされる食物アレルギーなどです。目の充血や鼻水などの症状が知られる「花粉症」ですが、顔に湿疹やかゆみが出るケースもあります。アトピー性皮膚炎を患っている人に多いようです。また、赤い湿疹やかぶれなどの症状が出る「紫外線アレルギー」は、湿疹以外にも、涙などの目の症状、吐き気、頭痛などの症状が出る場合があります。「食物アレルギー」は原因となるアレルゲンなどの物質を含む食物を食べたり、飲んだりした後に顔や頭などにかゆみの強い湿疹など見られますが、症状の多くは蕁麻疹だと考えられています。

●お尻の湿疹で考えられる原因
お尻に湿疹ができる場合、原因は様々なものが考えられますが、大きく3つに分けることができます。
1.皮脂欠乏性皮膚炎:乾燥によって角質がはがれることで発症
2.接触性皮膚炎:外部の刺激物が肌に接触することによって発症
3.貨幣状湿疹:痒みを感じた際に搔きむしることで引き起こされる
お尻の湿疹の対処法としては、痒くてもなるべく掻かず、肌を傷つけないようにしましょう。次に、刺激の少ない石鹸で優しく洗って肌を清潔に保ち、保湿剤を使うことで肌の乾燥を防ぎましょう。そして、下着やシーツ肌触りのよいものを選ぶとともに、部屋の湿度を調整するなどの対策をとりましょう。


●背中の湿疹で考えられる原因
背中に湿疹ができた場合、原因は3つ考えられます。背中の皮膚の湿疹を防ぐためには、保湿化粧品を使って乾燥を防ぎ、肌に触れる寝具や下着を衛生的に保ちましょう。
1.背中ニキビ
背中ニキビはカビの一種であるマラセチア真菌が皮脂を分解して刺激物質を作ります。そして、刺激物質によって背中に炎症が起き、ニキビとなります。
2.粉瘤(ふんりゅう)
粉瘤は、皮膚の新陳代謝によりできた老廃物が正常に排出されず、皮膚の内側に溜まる状態です。老廃物が原因となり、細菌が繁殖することで皮膚に炎症が起きることがあります。
3.毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)
毛穴に角質が詰まり、盛り上がる症状ですが、健康的には問題ありません。

●腕の湿疹で考えられる原因
腕にいつの間にか湿疹ができていることがありますが、原因はいくつかあり、症状に応じてどの湿疹かをきちんと見極める必要があります。
1.接触性皮膚炎:化粧品や洗剤、金属が直接肌に触れることで起こります。アレルギーがある人にも症状があらわれます。
2.脂漏性湿疹:皮膚に常在するマラセチアというカビの一種が増殖し、代謝物によって起こります。乳児から成人まで広く発症しますが、乳児の場合は皮脂の分泌が活発なため、毛穴が詰まって発症します。成人の場合、ストレスが強い場合、シャンプーのすすぎが足りない場合、ホルモンのバランスが崩れた場合、ビタミンBの欠乏などで起こることもあります。
3.皮脂欠乏性湿疹:加齢や乾燥、食生活などにより皮脂やセラミドが減ってしまうことで発症します。

●首の湿疹で考えられる原因
湿疹は、皮膚の表面に起こっている炎症で、かゆみを伴う赤いブツブツや水ぶくれです(かゆみを伴わないものは湿疹ではありません。)。蕁麻疹は発生したり消えたりしますが、湿疹は一度出ると数日以上続きます。首の周辺に湿疹が起こる原因としていくつかあります。
1.衣服、アクセサリーや化粧品などの刺激のため
2.アトピー性皮膚炎などアレルギー反応によるもの
3.熱い風呂に入ったり、入浴時にゴシゴシこすったりして、乾燥性敏感肌になってしまった場合
4.大量の汗をかき、汗腺がふさがったあせも
いずれにしてもすぐに症状がなくなるようであれば心配はありませんが、症状がなかなか治まらず悪化した場合は、皮膚科の診察を受けた方がいいでしょう。

●顔の湿疹で考えられる原因
特に、顔のTゾーンに湿疹ができた場合には、脂漏性皮膚炎の可能性があります。脂漏性皮膚炎の原因となるのが、人間の体に存在するカビの一種であるマラセチア真菌です。マラセチア真菌は皮脂の分泌量が多い場合、皮脂に含まれる中性脂肪を分解して遊離脂肪酸を作ります。そして、遊離脂肪酸によって湿疹が引き起こされます。
脂漏性皮膚炎に対処するためには、脂肪の摂取を控え、紫外線対策をしましょう。紫外線は皮膚にダメージを与え、炎症を悪化させます。さらにビタミンB群とビタミンCを摂取しましょう。ビタミンB群は皮膚や粘膜の健康を保つ働き、ビタミンCは保湿を助ける働きがあります。

湿疹・皮膚炎の予防/治療法


予防



● 「アトピー性皮膚炎」や「じんましん」の予防
アレルギー性の皮膚疾患は原因を特定することが重要ですが、アレルギー検査等で原因物質を特定することができない場合もあります。ただし、原因を特定できないとしても悪化を予防する手段はあります。それは、皮膚を清潔に保ち乾燥を防ぐことです。皮膚を清潔に保ち乾燥を防ぐことにより、皮膚を健康な状態に保ち、皮膚の持つ抵抗力を高めることができるからです。それでも発症した場合は、掻かずに冷やすことが大切です。掻くことによって皮膚が傷つき、感染症や化膿の原因となることがあるからです。

● 「脂漏性皮膚炎」の予防
皮脂・ストレス・細菌などによるものです。予防する手段としては「食事から脂分を減らす」「ストレスを溜めこまない」「肌を清潔に保つ」などが挙げられます。もし、発症した場合は、外用薬による治療となりますので、皮膚科に相談しましょう。

● 「かぶれ」「あせも」の予防
発汗等が原因で起こる「かぶれ」「あせも」は、汗をかいたらにシャワーで洗い流したり、濡れた清潔なタオルで拭いたりして肌を清潔に保つことです。もし、発症した場合は、外用薬による治療となります。子供の場合、掻きむしってしまい症状が悪化することが多いので、皮膚科や小児科で診てもらい、必要に応じてステロイド外用剤を使用します。


皮膚炎の予防は生活習慣が大切です。
・規則正しい生活
・バランスの良い食事
・適度な運動
・睡眠
・ストレスからの解放
これらをたいせつにしましょう。

皮膚を乾燥から守りましょう。
・汗をかいたらすぐ拭く
・肌を清潔に保つ
・保湿クリームなどで保湿する
 
また、皮膚炎の原因物質がわかっている場合は、それらに直接触れないようしましょう。


治療法


湿疹・皮膚炎等の皮膚の疾患は早期治療が基本です。なぜなら、皮膚の疾患は完治に時間がかかったり、何度も繰り返し発症したりするからです。そのため、早目に治療を開始しないと症状がどんどん悪くなってしまいます。特に子供の場合、寝ている間に患部を掻きむしってしまうことが多く、化膿や再発を繰り返すことも少なくありません。湿疹・皮膚炎が発症した場合は、早目に皮膚科にかかるようにしましょう。また、アレルギー性の皮膚疾患については、医療機関に相談することにより原因物質が判明するケースもあります。一度アレルギー専門の医療機関に相談することをお勧めします。

<<湿疹・皮膚炎の治療法>>
・飲み薬や塗り薬を使う
・保湿する
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください