湿疹(皮膚炎)しっしん(ひふえん)

カテゴリ
皮膚の病気
子どもの病気
アレルギー疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

湿疹(皮膚炎)とは

湿疹(皮膚炎)は、皮膚表面に起こる炎症のことです。接触性皮膚炎や脂漏性湿疹、皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎など、さまざまな種類があります。

かかる原因はさまざまで、治療や予防は原因に合わせて行っていきます。

湿疹(皮膚炎)の症状

湿疹になると、皮膚に以下の症状が起こります。
・かゆみ
・痛み
・赤い発疹
・腫れ
・水ぶくれ(水疱)
・ただれ
・紅斑 など


代表的な皮膚炎の症状



  1. 脂漏性湿疹
    生後3カ月くらいの赤ちゃんと成人とでは症状が異なります。
    赤ちゃんの場合は、頭皮や髪の毛の生え際、眉毛などに湿り気をおびた黄色いふけや脂っぽいかさぶたようなものができます。
    成人の場合は、頭皮に出来た場合、カサカサしたりしてふけのように皮がはがれることがあります。



  2. 皮脂欠乏性湿疹
    皮膚表面が白く粉をふいたり、カサカサしたり、ひび割れてたりして、かゆみや痛みを伴います。



  3. 内因性湿疹
    アトピー性皮膚炎などがあり、全身に症状が現れます。 慢性的な強いかゆみを伴い、皮膚がただれたり、カサカサしたりします。
  4. 接触性皮膚炎
    外的な刺激を受けた皮膚に、赤いぶつぶつが出る「紅斑」や、皮膚が盛り上がる「丘疹」、水をもった「水疱」などの湿疹がでます。外的な刺激を受けた部分と、そうではない部分との境界がはっきりとしていることが特徴で、かゆみや痛みを伴うこともあります。「かぶれ」とも呼ばれます。

湿疹(皮膚炎)の原因





























可能性のある皮膚炎 主な原因
接触性皮膚炎(かぶれ) 以下の物質に肌が触れることで炎症が起こります。
・薬品や化粧品、洗剤
・虫
・植物
・紫外線
・金属 など

原因となる物質に対してアレルギーを持つ人だけに起こることもあります。
脂漏性湿疹 赤ちゃんの場合は、皮脂の分泌が活発で、毛穴が未発達なために起こります。成人の場合は、原因のひとつとして、マラセチアという真菌(カビ)が挙げられます。皮脂や汗が多い環境を好むマラセチアが異常増殖し、その代謝物が湿疹を引き起こします。そのほかの原因として、ホルモンバランスの乱れやストレス、洗顔、シャンプーなどのすすぎ不足や、ビタミンBの不足なども挙げられます。
皮脂欠乏性湿疹 皮膚を保護する皮脂やセラミドなどの分泌が以下の要因で低下してしまうことで起こります。
・加齢
・食生活
・洗剤や薬品、紙などへの過度の接触
・乾燥
・アレルギー など
内因性湿疹 原因はさまざまで、アレルギーを引き起こす食物や、ハウスダストやダニなどの環境によるもの、肌の不衛生、ストレスなどが挙げられます。

湿疹(皮膚炎)の治療

特に子どもの場合、寝ている間に患部を掻きむしってしまうことが多く、化膿や再発を繰り返すことも少なくありません。湿疹が長引く場合は、皮膚科を受診しましょう。

ステロイド薬や抗ヒスタミン薬などの飲み薬や塗り薬、保湿剤などで、症状を改善していきます。

また、アレルギー性皮膚炎で原因物質がわかっている場合は、それらに直接触れないように気をつけましょう。

かゆみがあるときは、掻かずに冷やすことが大切です。掻くことによって皮膚が傷つき、感染症や化膿の原因となることがあるからです。

紫外線は皮膚にダメージを与えて炎症を悪化させるため、患部は日に当てないようにします。

湿疹(皮膚炎)の予防

皮膚を清潔に保ち、乾燥を防ぐことが大切です。

汗は、かぶれやあせもにつながります。発汗後はシャワーで汗を洗い流したり、清潔なタオルで拭いたりしましょう。

湿疹の予防のためには、生活習慣も大切です。バランスのよい食事や適度な運動、十分な睡眠、ストレスの発散を意識して、規則正しい生活を送りましょう。

湿疹/皮膚炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
湿疹や皮膚炎になった際、使用する薬には塗り薬の「ステロイド剤」「非ステロイド剤」の2種類があります。塗り薬は局所的な使用になるので体全体への作用を気にせず比較的安心して使えるといえるでしょう。湿疹や皮膚炎が軽症の場合「非ステロイド剤」を使用するのが一般的です。炎症を鎮めることが特徴で炎症の根本に働きかけるものではないので薬の効き目は穏やかといえます。それに対し「ステロイド剤」は炎症の根本を抑制する働きがあるので速やかに効果を発揮します。強い抗炎症作用があり湿疹や皮膚炎だけでなくかぶれや虫刺されなどによる「かゆみ」の抑制には非常に有効です。しかし刺激の強いものなので、小さいお子さんや、顔など敏感な部分への使用は比較的効き目が緩やかな「非ステロイド剤」を使用することが多いです。

また、かゆみがひどい場合やなかなか改善しない場合、塗り薬と併用して飲み薬を使用する場合があります。かゆみのもとになるヒスタミンという体内物質を抑えることでかゆみが軽減します。稀ですが、患部に細菌感染があり炎症を抑えたい場合には抗生物質を服用するという選択肢もあります。

湿疹や皮膚炎が起きた際「ステロイド剤」「非ステロイド剤」「飲み薬」いずれを使用するべきかの判断はかかりつけの医師や薬剤師に相談するといいでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください