医師監修

頻尿とは

尿が近い、尿の回数が多いという自覚症状を頻尿といいます。一般的には1日の排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいますが、排尿回数には個人差があり、一概に8回を区切りに頻尿の区別をすることはできません。また、就寝から起床までの間に1回以上排尿に起き、睡眠に悩みがある状態を夜間頻尿といいます。

頻尿の症状

・過活動膀胱の場合
膀胱が必要以上に収縮して頻回に尿意を感じる過活動膀胱の場合、トイレに行ったのにまた行きたくなる、そして都度少量ずつの尿が出るのが特徴です。

・前立腺肥大の場合
肥大した前立腺が膀胱と尿道を圧迫するため、頻回に尿意を感じ、また尿道が狭くなるので尿の出が悪くなります。なかなか尿が出てこなかったり、尿を出しても、細くちょろりょろと出てきます。1回毎の尿量も少なくなります。

・緊張などの心因性の場合
重要な場面など、緊張した時に尿意を感じます。緊張から解放されると尿意は遠のき、普段通りになります。これは比較的誰にでもある事ですが、あまりにも症状が過度で、日常生活に支障が出る場合には治療が必要となります。

・糖尿病や腎機能の異常、多飲の場合
尿の生成が多くなることで、頻尿を生じます。この場合、トイレに行くたびに多量の尿が出ます。口渇(喉の渇き)が強くなり、水分を多量に摂取するようになることが見られます。

・尿路感染の場合
炎症で尿道が刺激されて頻尿になることがあり、この場合は、強い尿意を感じてトイレに行っても微量しか尿が出ず、また排尿時に痛みを伴うことがあります。

夜間の頻尿は、寝る前の水分の摂りすぎ、過活動膀胱や前立腺肥大が多くの場合に原因になりますが、時に糖尿病や腎機能の異常、心不全といった疾患が原因でみられる場合もあります。

頻尿の原因

水分やアルコールを多量に摂取したり、利尿作用のあるスイカやメロン等を食べれば尿量が多くなり、頻尿の原因になります。
心因性の頻尿では、緊張する場面で膀胱が収縮し、尿意を感じて頻尿となります。これは自律神経による生理的なもので、誰にでも見られる症状ですが、あまりにも症状が過度な場合は治療が必要です。

頻尿を引き起こす疾患の代表として、「過活動膀胱」があります。膀胱が過剰に収縮し、尿意を頻回に感じる病気です。高齢者によくみられる疾患で、病院では過活動膀胱に対する薬も処方されています。

男性では、「前立腺肥大」により頻尿となる場合が多いです。壮年期から高齢者では一般的によくみられます。肥大した前立腺が膀胱と尿道を圧迫するため、膀胱の容量が少なくなり、また尿の排出がしにくくなって膀胱に尿が残りやすいことで頻尿を引き起こします。

他には、糖尿病の初期症状で頻尿となります。糖尿病の初期には、体が血中の過剰な糖分を尿に排出しようとして、ひどく喉が渇いて多量に水を飲むようになり、頻尿になります。腎機能の異常によって引き起こされる頻尿には、尿崩症があります。
尿量を調節するホルモン分泌のバランスが崩れたり、腎臓の調節機能そのものが壊れると、1日に尿が10Lも出るような事態になり、脱水になります。

夜間の頻尿は、寝る前の水分の摂りすぎ、過活動膀胱や前立腺肥大が多くの場合に原因になりますが、時に糖尿病や腎機能の異常、心不全といった疾患が原因でみられる場合もあります。

頻尿の予防/治療法

水分は、感染症があったり汗をかいたりしていなければ、1日1L程度にし、カフェインや利尿作用のある食品は避けるようにすると良いです。
・暴飲暴食をしない
・糖分、塩分の過剰摂取はしない
・適度な運動を行う
・寝る前は沢山の飲水は避ける
・寝る前のアルコール、カフェインの摂取を避ける

過活動膀胱は、事前に防ぐことはできませんが、もし可活動膀胱になった場合、トイレに行く前に少しだけ尿を我慢してからトイレに行くようにすると、少しずつ膀胱の容積が広がり、尿意の間隔を広げることができます。

他の疾患が原因で頻尿になっている場合は、尿意を我慢しすぎると尿路感染等の原因になりますので、尿意を我慢しすぎるのは避けましょう。
感染症による頻尿の場合は、水分を意識的に多量に摂取し、多量の尿を頻繁に出すことで最近を洗い流し、早期に治癒できるようになります。

頻尿には生理的なものから、何等かの疾患が原因となって引き起こされるものが様々ですので、普段と違う尿意や頻尿が続くときには、病院を受診し早期の治療を受けるようにして下さい。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

頻尿の相談

頻尿の体験談

  • 頻尿と足のしびれ

    頻尿・足のしびれ

    数年前、会社に入社した時に緊張やストレスから血流が悪くなって体が冷えてしまい、頻尿になってしまいました。トイレに行くたびにどこか申し訳なさがあり、更にストレスが増幅されたのを覚えています。そこで、足のしびれも出てきてしまったのです。 不安になって色々調べてみると、水分不足もしびれの原因となることを把握しました。水分が不足して血液がドロドロになり、血流が悪くなるという流れです。確かに頻尿を防ごうと…続きをみる
  • 頻尿は亜鉛の摂取がおすすめです

    頻尿・亜鉛

    妻との離婚から数か月が過ぎたころ、トイレが近くなるという困った事態に陥りました。自宅ならまだしも、職場で頻繁にトイレに行くのは嫌なもので、日常の水分を控えるようにしたのですが、それも意味がありません。 困り果てて同僚に相談したところ、頻尿ではないかと言われてしまいました。まさかと思いながらもネットで調べればまさに症状がどんぴしゃりで、悩みつつも事実を知ろうと医者に行ったところ、頻尿と診断されまし…続きをみる

頻尿に関するコラム