倦怠感/体がだるいけんたいかん/からだがだるい

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

倦怠感/体がだるいとは

体がだるいと感じるのは、よく朝に起きた時に感じることが多いです。朝だけではなくお昼を過ぎてからもそのだるさが続き、酷い人では一日中体がだるくなり、何をするにしても適当になったり、ゆっくりになってしまい、最終的には仕事にも身が入らないこともあります。

倦怠感/体がだるいの症状

体がだるいと感じる人の症状として、体が重くなったり、頭がボーっとなったりすることがあります。顔の表情が暗くなり、常に座っていたりすることが多くなってきます。

人によって症状は違いますが、こうした体がだるいという症状は長く続いてしまうこともあり、そうなってしまった場合は病院などで薬をもらうこともあります。また、季節の変わり目などによっても体が不調を訴えることもあり、そうした場合でもだるいと感じてしまうこともあります。

体がだるいということだけで、吐き気や頭痛いと感じることは少ないですが、時間が経っても治らない場合は病院に行ったり、医者に聞いてみたり検査してみるということも大切です。人によって通院することがあります。

倦怠感/体がだるいの原因

体がだるいと感じる原因としては、季節の変わり目などもありますがほとんどが生活習慣や睡眠時間などが関係してくる場合があります。ファストフードばかりを利用していたり、睡眠時間を極度に削っていたりする人に多く見られ、常に体がだるいと感じる人がいます。

また仕事をしているサラリーマンの中には朝から晩まで働いていて、働き過ぎで体がだるいと感じる人もいます。誰にでも起こりうることで、そうした毎日の積み重ねによって症状が悪化することもあります。

他にも人によって原因は様々ですが、体が疲れていたり、心が疲れていたりすると症状が起きやすくなるので適度に休みを取ることも必要となってきます。体調が悪かったりした時は無理をしないことが大切です。

倦怠感/体がだるいの治療法

体がだるいと感じた時にはすぐに体を休めるための予防が必要となってきます。睡眠時間を長くしてみたり、生活習慣に気をつけたりすることも予防に繋がる場合もあります。自分が思っている以上に体が疲れていることもあるので、注意していくことが大事です。

またそういった症状になる前に気づくことも大切で、常日頃から自分の体をいたわって大切にしていくということが必要になってきます。食事にも気をつかい、栄養価の高いものを摂取する人もいます。悪化してしまわないように医者と相談して、今後のことについてきちんと話し合うことが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください