皮下出血(内出血)ひかしゅっけつ(ないしゅっけつ)

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

皮下出血(内出血)とは

皮下出血とは、打撲や捻挫などによって、皮下の血管が破けてしまうことを指します。皮膚に赤や青、紫のような色のあざができます。少しずつ黄色っぽくなり消えていきます。

皮下出血(内出血)の症状

打撲や打ち身などで、皮膚の下の血管が破れて血が溜まることにより、紫色っぽいあざができます。ぶつけた数日後に、あざができることもあります。

重症度にもよりますが、あざが消えるまでは数日から数週間ほどかかります。

皮下出血(内出血)の原因と対処法

皮下出血の原因としては、いくつか挙げることができます。

打撲や捻挫など


皮下出血の多くは、打撲や捻挫などの怪我で起こります。治療は必要なく、自然に治っていきます。

受傷後は、腫れや赤み、熱感を緩和させるために冷やすことが大切です。数日後に腫れがひいたあとは、温めて血行をよくすると多少治りが早くなると考えられています。

薬の副作用


心臓の病気などで血液をサラサラにする薬を飲んでいる場合、効きすぎてしまい、内出血を起こしやすくなることがあります。

怪我をしないように気をつけることが大切です。

血友病などの病気


ぶつけたり転んだりした覚えがないにもかかわらず、皮下出血を繰り返す場合は、血友病などの病気が隠れていることがあります。

内科や血液内科を早めに受診してください。血液凝固の機能に異常がないかを検査します。

皮下出血(内出血)の予防

皮下出血の予防としては、まず無闇に転んだりぶつけたりしないようにすることです。

高齢者は、手足が悪いと転びやすくなります。杖を使ったり、一緒に歩いてもらったりするなど、対策するとよいでしょう。

子どもの場合は、走っていて転んで皮下出血することが多々あります。滑りやすい場所で走らないように注意を促しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください